色落ちデニムで作る好印象なメンズコーデの作り方

色落ちデニムで作る好印象なメンズコーデの作り方

色落ちデニムは、リジッドデニムと比べてはきこなすのが難しいイメージがありますよね。でも大丈夫! こちらで、好印象が狙える色落ちデニムの着こなしを紹介します。

山崎 サトシ

2016.03.23

ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ

好印象な着こなし、それはトレンドよりも清潔感を意識した着こなし

色みが残ったリジッドデニムがきれいめな印象を放つ一方、ヴィンテージ感のある色落ちデニムはどうしてもハード&男臭く見えがち。考えなしにはくと、“不潔”に見えてしまう可能性すらあります。

それを回避し、好印象に装うには清潔感を意識した着こなしが大事です。むやみにトレンドに走らず、あくまでも大人っぽく。Freeamericanidol世代が色落ちデニムをおしゃれにはくには、そのルールを遵守する必要があります。

シーンにマッチした好印象な着こなしをすることが大切

清潔感にくわえてもう1つ大事なことは、シチュエーションを考慮して着こなすこと。いくら色落ちデニムをスタイリッシュに着こなせたとしても、オケージョンにそぐわないものだったとしたら、好印象をゲットできるわけがありませんよね。

どんな場面でどうはくべきなのかは詳しく後述しますが、シーンを考えて装うことは常に念頭に置いておくべきと言えるでしょう。

デニムなら幅広いシーンにマッチ可能!

かしこまった場に着用するのは難しいですが、色落ちデニムは着こなし方次第で幅広いシーンにフィットします。週末はもちろん、職種によってはビジネスの場だってOK。それくらい、デニムは今の世の中で受け入れられている定番服なんです。では、次からはシーン別におすすめの着こなしを紹介していきます。

シーン1:合コン・友人の紹介で出会うはじめましての女性

コンパなどで女性と会う時にも色落ちデニムは大活躍してくれます。そのあせた色合いが程よい抜け感を醸すので、いい意味で頑張りすぎない、力の抜けたスタイルを演出してくれるはず。もちろん、そういう場面ではスマートに着こなしをまとめるのがセオリー。上品なホワイトカラーのトップスを持ってくるようにするのが正攻法といえるでしょう。

清潔感極まるホワイトのタートルネックカットソーで清々しさ漂う着こなしをメイク。色落ちデニムを上品にはきこなした好例といえるでしょう。“ガツガツ見せたくない”のであればこれくらいシンプルに着こなすのがベスト。

爽快な色合いのショップコートと合わせれば、女子ウケ度アップは間違いなし。インナーに落ち着いた色みのモックネックスウェットをセレクトして、適度に落ち着いた雰囲気を出しているのもキーポイントです。

こちらは中から白をのぞかせたパターン。アクの強いバーガンディのジャケットも、爽やかなスウェットのおかげでシャープに見えます。合わせたダメージデニムは色落ちが激しすぎない都会顔で、この重ね着スタイルと相性抜群。

インナーのTシャツとニットキャップのホワイトアイテムの2点使いが技あり! これだけジーンズにクラッシュが入っていても、ハードな印象とは無縁です。ハイテクスニーカーで遊び心を創出しているのもナイス!

シーン2:オフィスカジュアルが基本。転職先の面々との初顔合わせ

デニムをオフィスカジュアルの許容範囲としているような、ドレスコードに厳格でない会社に転職したのであれば、初顔合わせの際に色落ちデニムをはいていくのもアリ。もちろん、上はジャケット着用が鉄則。締めるところは締めないとただのだらしない人に見えてしまいます。デニムはダメージがハードすぎないものを選択しましょう。

ブラックテーラード×ブラウンニットのベーシックなレイヤードに、『ジャーナルスタンダード』の色落ちデニムを投入。これくらいシックな装いならばオフィスワークも違和感ありませんし、挑戦しやすいはずです。

『ダファー・オブ・セントジョージ』のストライプジャケットでトラッドな印象に舵取りしたBIZコーデ。奇をてらわないグレージャケットだからこそ、色落ちデニムの起伏に富んだ表情が際立って見えます。

ブラックのテーラード&タートルネックニットでスタイルを構築。『ナンバーナイン』のデニムはかなり落ち着いた色落ち感で、オンの場面にもフィットします。足元はスニーカーを選択し、さりげなくハズしをプラス。

シアサッカーボディーのテーラードで、品格とともに季節感にもアプローチ。その存在感を生かすために、デニムは比較的プレーンなデザインをセレクトしています。また、装いがぼやけないように各所に黒を差しました。

シーン3:これからお世話になります! 引っ越し先のご近所さん

新シーズンをきっかけに引っ越しを考えている方も多いことでしょう。もしそうなるとなれば、避けて通れないのがお隣さんなどご近所へのあいさつですよね。今後の生活のカギを握るこの場面もまた、必然的に好印象が求められます。おすすめは、落ち着いた雰囲気と大人の余裕を両得できるニットトップスとのマッチング。デニムはクラッシュが激しくないものが◎です。

今季の人気アイテムであるニットジャケットは『ラルディーニ』のもの。『インコテックス』のデニムと同系色なので、全体に一体感が出ています。かっちり感とリラックス感のバランス感覚が絶妙なスタイル。

これぞシンプルイズベストなコーディネート。過剰にごちゃつかせず、すっきりとまとめたあか抜け感あるニットコーデは、あいさつ時の鉄板です。アイウェアを落とし込めば、よりキッチリ感に磨きがかかります。

柄の切り替えがユニークな『アーバンリサーチ』のニットにシャツを合わせて。白を基調とした品行方正さのある重ね着で、ブリーチデニムが汚く見えませんね。シューズとデニムのカラー合わせも上級者らしいテクニック。

春らしい表情のプルオーバーリネンニットは、アーバンなミディアムグレーカラーなので印象ヨシ。足元に持ってきたレザーローファーも、アンクル丈のラフなダメージデニムをキレイに見せる効果を持ちます。

シーン4:さまざまな職種の人が集まる異業種交流パーティー

30歳をすぎた大人ともなれば、昨今トレンドの異業種交流パーティーに顔を出す機会も少なくないでしょう。はじめましての人とたくさん会うことになる空間だけに、着こなしには気をつけたいもの。さまざまな職種・年齢の方が参加する場なので、攻めすぎたデニムスタイルは厳禁! タイやハットといった小物類でセンスよくまとめるのがセオリーとなります。

タイドアップはパーティーコーデにおいて基本の”き”。デニムスタイルをフォーマルなイメージに格上げしてくれます。合わせた『ナノ・ユニバース』のジーンズは、ドレスパンツを思わせる美麗なシルエット。

MA-1×デニムと聞くとカジュアル度が高く感じますが、細身のサイズでまとめ、かつハットで引き締めればちょっとしたパーティーにも対応可。インナーのニット&シャツもきれいめ感アップに貢献しています。

3ピース風のドレッシーな着こなし。タイドアップ×キャスケットの合わせ技でスタイリッシュなムードをいっそう加速しています。足元に取り入れたブラウンのレザーシューズがほどよいアクセントカラーとして作用。

デニム・オン・デニムのリラックスコーデでも、タイドアップすればパーティースタイルに早変わり! 無地カーディガンや革靴といったドレッシーなアイテムをミックスするテクニックも参考にしたいところです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK