気張らず、品よく。大人のシャツ×スウェットコーデ

気張らず、品よく。大人のシャツ×スウェットコーデ

この春、味方につけておきたいのはシャツとスウェットの着こなし方。きちんと感が出るシャツと、リラックス感が出るスウェットの名コンビを上手に活用しましょう。

まつお ありさ

2016.03.18

トップス
シャツ
スウェット・トレーナー
春の着こなし・コーデ

ラフすぎずカチッとしすぎない。大人の休日着として取り入れたい組み合わせ

今っぽい大人の休日スタイルを作るためには、アイテムの合わせ方に意識を向けることがポイント。休日のリラックスがテーマなのに、かっちりとしたシャツにパンツでは、まるでオンビジネス。かといって、ゆるさを演出してくれるスウェットのみだとゆるいだけで終わってしまうのがオチ。かっちり感とゆるさの好バランスを生み出すことが大切なんです!

鉄板の組み合わせ。グレースウェット×シャツで作る春の着こなし

ほどよい柔らかさとこなれ感を演出してくれるニュートラルなグレーのスウェットはトップスやボトムに関わらず、持っておくべきアイテムです。また、グレーは無地や柄アイテムとの相性もいいので、シャツを選ばないお手軽さも魅力。

グレースウェット×無地シャツ

スウェットは存在そのものがラフなイメージを連想させるので、サイズ感に関してはジャストかコンパクトを選ぶのがベター。白シャツは上のボタンまでしっかりと留めること。パンツもジャストサイズをチョイスして。

こちらはボトムでスウェットを取り入れた着こなし。ボタンダウンシャツを合わせ、上下でリラックス感を調整しています。足元はスリッポンでカジュアルにきめて。シャツをロールアップするとこなれ感が生まれます。

フード付きのスウェットにオーバーサイズシャツを合わせて、リラックス感を強めに取り入れたコーデ。シャツの裾をインしないことでリラックス感をプラスに調整。そのぶんボトムや小物は黒で引き締めましょう。

グレースウェット×チェックシャツ

チェックシャツとグレーのスウェットパンツをシンプルに合わせて、肩肘張らないリラックス感を演出。カジュアルなチェックシャツは、ジャストサイズをセレクト。

薄手のグレースウェットパンツに、白と黒のギンガムチェックシャツを羽織ったスタイル。ボタンは留めず、ジャケット感覚で重ねるとラフさが生まれます。

グレースウェット×デニム&シャンブレーシャツ

デニムシャツやシャンブレーシャツとも相性抜群のグレースウェット。シャツを一枚で着て、パンツをスウェットにするのも、シャツの上にスウェットを重ねて、パンツでバランスを調整するのもおすすめです。

淡いブルーのデニムシャツに、グレーのパーカーを合わせてラフさを演出。トップスが淡いトーンでまとまっているので、ボトムやそのほかは黒のスキニーと黒のハットで引き締め効果を演出しましょう。

清涼感を打ち出すならこのコンビ。ネイビースウェット×シャツで作る春の着こなし

ネイビーは落ち着いた雰囲気や洗練された印象を持たせてくれる色。スウェットにもしかりです。つまりネイビーのスウェットにシャツを合わせれば無条件で、清涼感のある着こなしがかなうというわけ。ここからはサンプルチェックです!

薄手でタイトなネイビーのスウェットに白シャツを合わせて、硬派な印象に。シャツだけではなくネクタイを締めることで、より一層大人の雰囲気に格上げ。クロップド丈のパンツをあわせて足元には抜け感をプラス。

キャッチーなロゴ入りのスウェットは遊び心満載。スウェットの裾から白シャツをのぞかせて、程良いリラックス感をオン。ベージュのチノパンと白いスニーカーで上下のコントラストをキープ。カジュアルな印象のキャップを合わせて、ロゴとリンクさせているのもお見事!

ネイビーのスウェットを合わせることで、赤×ネイビーのチェックがひときわ映える着こなしに。シャツの裾をあえて出すことで、色味のバランスを調整。暖色の範囲を増やすことで、春にふさわしい柔らかさが演出されます。

ネイビーに白いロゴが映える主役級のスウェット。ギンガムチェックをしのばせて、スポーティな雰囲気のなかにカジュアルな印象を訴求。ボトムはスリムな黒パンツで引き締め、足元は白靴で清涼感をプラス!

ネイビーのスウェットには、ネイビーがかったシャツをインすると大人っぽくまとまる。インしたシャツは、ブルーがメインのグラデーションになった変わり種アイテム。裾から淡いトーンをのぞかせて春の爽やかさを演出。

トレンド感を強く打ち出す。オフホワイトスウェット×シャツで作る春の着こなし

真っ白ではなく、生成り色とも呼ばれるオフホワイトはやさしさを印象づけてくれる、この春注目の色。白シャツはもちろん、チェックシャツとの相性もよいのでニットと同じ感覚で気軽にトライしてみてください。

オフホワイトのスウェットには大柄チェックのシャツを合わせて、彩りをプラス。”がんばった感”を出さないよう、ボトムはデニムをチョイスしましょう。白やグレーなどの靴を合わせると、軽快さがくわわります!

小さめのロゴがあしらわれた、少し大きめサイズのスウェット。ベージュのシャツを重ねて、トップスのみでワントーンコーデを完成させています。パンツは黒をピックしてクールに。足元のスニーカーで彩りをプラス。

ロゴのオレンジとニットキャップをうまくリンクさせて差し色要素も計算された着こなし。ストレートデニムをあわせてアメカジ感を訴求。手に持った鮮やかなブルーがよく映える、春らしい色味を狙った着こなしが好印象です。

デニムシャツ×デニムに、オフホワイトのスウェットを重ねてリラックス感を演出。帽子やブーツはブラウンでまとめ、重くなりすぎないように調整を。ブラウンとオフホワイト、デニムシャツとボトムのグラデが絶妙。

おすすめを厳選。グレー、ネイビー、オフホワイトのスウェットシャツ

上記のようなコーディネートを作るべく、グレー・ネイビー・オフホワイトの3色から、それぞれおすすめをピックアップしてみました。

グレースウェット『チェスウィック』×『ビームス』

ヴィンテージライクな表情が魅力のこちらは、『チェスウィック』×『ビームス』の別注モデル。カットソーを合わせるのもアリですが、インナーには襟付きのシャツをセレクトして大人顔に仕上げるのが気分。

ネイビースウェット『フリークスストア』

色あせたルックスがヴィンテージの雰囲気を醸し出す『フリークスストア』のスウェットシャツ。裾の切りっぱなしの仕様なども、こなれたムードでおしゃれですね。ポケット付きの仕様も◎。

オフホワイトスウェット『レミレリーフ』×『アメリカンラグシー』

「究極のアメリカンベーシック」を追及する『レミレリーフ』と『アメリカンラグシー』の別注スウェットは、風合いのある表情とディテールに魅力あり。肩の仕様がフリーダムスリーブとなっているため、窮屈さを感じることなく着回せます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

    定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

    着回し力抜群のグレーパーカーは1枚あると重宝します。そこで、大人にハマるグレーパーカーの選び方とおしゃれなメンズコーデのヒントをサンプルとともにお届け!

    Freeamericanidol編集部

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    “きれいめ”前提のデート服。女性が男性の隣を歩いていて気分が上がるのは、お互いの洋服のテイストが合ったとき! そこで彼女のテイスト別に、理想のデート服を考案。

    広田 香奈

    BACK