懐かしいけど新しい。プーマ人気モデルの履きこなし方

懐かしいけど新しい。プーマ人気モデルの履きこなし方

そろそろ春に向けスニーカーが気になりだすころ。今回は『プーマ』の中でも定番人気のシューズとして不動の地位を確立した3足に注目。大人にこそ履いてほしいアイテムだ。

大中 志摩

2016.03.09

プーマ(PUMA)
スニーカー
春の着こなし・コーデ

大人の表情香るスエードクラシック、先進的なディスクブレイズ、別注も多いR698

スピード感あふれるスポーティーなデザインで人気の『プーマ』。オリジナルアイテムはもちろん、名高いデザイナーズブランドとのコラボモデルでも多くのファンを獲得している。そんな『プーマ』のなかでも今回は、ブランドを代表する3足、スエードクラシック、ディスクブレイズ、R698の魅力を紹介していく。いずれも、着こなしに取り入れやすいので春スニーカーを狙っている人は注目してみてほしい。ただし、特徴が異なるので各長所を押さえてコーデに生かそう。

カチッと。けどカジュアル。『プーマ』のスエードクラシックとは

バスケットボールシューズとして1968年に誕生。80年代には有名なアーティストたちに愛用され、当時のヒップホップカルチャーやスケートシーンに影響を与えて世界中に人気の輪が広まった。シルエットやカラーなど、シーズンごとにアレンジを加えながら40年以上もの長い期間にわたって愛され続け、今ではブランドを代表する一足に。

今春参考にしたい、スエードクラシックの着こなしサンプル集

赤のスエードクラシックをチョイスしてきれいめコーデのアクセントに。品のよいデザインが特徴なので、ビビッドなカラーリングでも子供っぽい印象を感じさせない。インナーダウンで程よいリラックス感をプラスした。

爽やかなネイビーのセットアップコーデを、スニーカーで程よくカジュアルダウン。端正なルックスを後押しする上品なライトグレーのスエードクラシックは、きちんと感のある着こなしにも難なくマッチする。

Tシャツにカーディガン、チノパン、スニーカーのラフな着こなしをするならば、ネイビー×白で上品にまとめ、クリーンに着こなして。ミニマルな小物使いを加えれば、より都会的な雰囲気を醸し出すことができる。

サイドにラインが入ったパンツとスニーカーでスポーティーに着こなした。スポーティーなアイテムも落ち着いたカラーリングを選べばシックな雰囲気を醸し出せる。上半身はキレイめアイテムを合わせて都会的に。

ラフなスウェットをベージュのコートで大人っぽくスタイリング。黒スキニーですっきりとまとめ、足元のレッドで差し色を加えてコーデのアクセントに。シンプルすぎないように存在感の柄キャップで遊び心をプラスした。

一度見たら脳裏に焼きつく超人気モデル。『プーマ』のディスクブレイズとは

1992年に誕生し、90年代のハイテクスニーカーブームを牽引した一足。甲の部分に配されたダイヤルを回してフィッティングを調整できる独自のシステムが特徴だ。現在展開されているモデルは、アッパーにはフィット感を高める伸縮性に富んだネオプレーン素材、ソールにはクッション性抜群のトライノミックソールを採用している。

今春参考にしたい、ディスクブレイズの着こなしサンプル集

黒スキニーにディスクブレイズを合わせたスポーツミックスコーデ。ロング丈のロンTでリラックス感を出しつつ、ツバ広ハットで上品さを演出した。シンプルにまとめることでスポーツミックスも大人顔に。

カモ柄ジャケットをデニムでシンプルにまとめたコーデ。ディスクブレイズはカモ柄と好相性のアースカラーをチョイスし、ハイテク感をコーデのアクセントとして有効活用。ボディバッグやデニムのロールアップでアクティブなムードを高めている。

ミリタリースタイルもモノトーンでまとめればクールかつ都会的に着こなすことが可能。足元のディスクブレイズが軽快感を加速させ、ビビッドカラーのパーツが小気味よいアクセントを生み出している。

ネイビーのロゴスウェットにコーデュロイショーツを合わせてリラックスした雰囲気を演出。ディスクブレイズにショーツを合わせることで存在感が際立ち、爽やかな大人っぽさもアピールすることができる。

黒のワントーンで仕上げたスタイリッシュなストリートコーデ。Tシャツのプリントやシャツ、靴下などのさりげない白が着こなしをシャープに演出している。上半身のボリューム感が強い分、パンツはタイトめですっきりと。

もともとはランニングシューズ。『プーマ』のR698とは

1990年にランニングシューズとして誕生したクラシックランニングスタイルを象徴するモデル。ハニカム構造を用いたクッショニング機能のトライノミックプラスをミッドソールに搭載している。また、アウトソールには軽量のEVA素材を使用し、機能性とデザイン性がバランスよくまとまった一足に仕上がっている。

今春参考にしたい、R698の着こなしサンプル集

スウェットとデニムのシンプルなストリートスタイル。スウェットは存在感のあるプリントものなので一枚で着てもサマになる。足元には赤いR698を投入。黒を基調とした着こなしなのでシューズの存在感が際立っている。

シックなカラーリングのR698ならジャケットスタイルの外しにも最適。クロップド丈のパンツなのでややボリューム感のある足元をすっきりと見せてくれる。トートバッグのような見た目のクラッチバッグで遊び心をプラスして。

MA-1のテイストを加えたコーチジャケットを主役にしたストリートな着こなし。ゆったりとしたシルエットのパンツが程よい抜け感を醸し出している。黒基調の着こなしのアクセントとしてバイカラーのR698をチョイスした。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK