予算5〜10万円で入手! 休日につけたい大人の腕時計

予算5〜10万円で入手! 休日につけたい大人の腕時計

少しずつ薄着になる今の時期に欲しくなる腕時計ですが、俗にいう高級な1本は懐具合的にちと厳しい。なら、5万以下で手に入って休日コーデにハマるサブウォッチはいかが?

Freeamericanidol編集部

2016.03.06

腕時計

休日の着こなしにハマる腕時計とは?

腕時計はメンズの第二の顔。だからこそ、あなた自身がだらしなく見えないよう、腕時計を抜かりなくセレクトしたいもの。これは、ビジネスシーンだけに限りません。カジュアルなファッションで過ごすであろう休日だって、“休日をおしゃれに飾る”腕時計が存在するのです。ここでは予算5〜10万円で購入できる、休日コーデにおすすめしたい腕時計をピックアップしました。

休日でも「あの人、おしゃれ」になれる大人顔の腕時計

記事1シンプルイズベスト!タイメックスのキャンパーが一番

キャンパーとは、数少ないアメリカンウォッチブランド『タイメックス』を代表するシンプル腕時計。大人の男性が過ごす、気取らない休日にぴったりのミリタリーモデルです。

記事2ヴィンテージ加工が秀逸!アウトオブオーダーの腕時計

“メイドイン”ではなく“ダメージドインイタリー”をうたう異色中の異色の時計ブランドが、『アウトオブオーダー』。そのダメージ加工とヴィンテージ感は半端ありません。

記事3ひげそりだけじゃない。ブラウンは腕時計も大人の味方

ブラウンというと、どうしてもシェーバーのイメージが先に立ちますが、実は時計も作っています。それが見た目も機能も納得できるスグレモノ。さっそく見ていきましょう!

記事4男の個性を引き立てるハミルトンのベンチュラが熱い!

個性的であろうとする男性にピッタリの腕時計があります。それはアシンメトリーなケースのハミルトンのベンチュラ。そのスタイルは現代の神話と呼ぶにふさわしいものです。

記事5おすすめは旬の色。今季のGショックは青と白を狙え

カジュアルにキメたい休日には、カラフルで使い込んでも壊れないGショックが最適。でも、どれを選ぶか迷うところ。それなら素直にトレンドカラーを選びましょう。

記事6時計ライターおすすめ。30代に似合う5万以下の腕時計

若者扱いも、オッサン呼ばわりもされるのが、30代。でも、時計選びのポイントは意外なほどに明白です。30代のメンズは、10年後も見越したタイムレスな時計を狙いましょう。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

    挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

    イタリアのプレミアムカジュアルブランド『ディーゼル』。その魅力を余すことなく投入した時計ラインに『ディーゼル ウォッチ』があります。大人に似合う一品を、厳選!

    夏目 文寛

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい12のブランド

    大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい12のブランド

    心も装いもアクティブに、軽快に。そんな季節に重宝するのが、腕元を機能的&フレッシュにアップデートするデジタルウォッチです。要注目の12ブランドをピックアップ!

    増山 直樹

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK