大人の休日コーデにハマる。ラウンジリザードの洋服

大人の休日コーデにハマる。ラウンジリザードの洋服

デザインはシンプルでシルエットはスリム。モダンな印象のアイテムを提案するラウンジリザードは、ラフな着こなしをブラッシュアップしてくれる頼れるブランドです!

平 格彦

2016.03.06

ラウンジリザード(LOUNGE LIZARD)
ブランドまとめ
春の着こなし・コーデ

カジュアル服との相性抜群。『ラウンジリザード』とは

カジュアル服との相性抜群。『ラウンジリザード』とは

WEARWEAR

『ラウンジリザード』は1998年にスタートしたドメスティックブランド。テーラリングを基本としたシャープかつスマートなアイテムがラインアップの中心で、テーラードジャケットやタイトなパンツ類などはファーストコレクションから展開している定番品です。また、着る人のパーソナリティも重視している点が特徴。幅広く着回すことができる余地も残したバランスのよいデザインが、休日の定番であるジーンズにもよく合います。

『ラウンジリザード』の魅力

シンプルで洗練されたデザインが着回しやすい

シンプルで洗練されたデザインが着回しやすい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

デコラティブな要素がなく、シンプルで研ぎ澄まされたデザインが『ラウンジリザード』の大きな魅力。無駄を削ぎ落としたアイテムが多いので合わせるアイテムを選ばず、オフの着こなしづくりにピッタリです。

スリムで美麗なシルエットが都会的なイメージを演出!

スリムで美麗なシルエットが都会的なイメージを演出!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ジーンズのシルエットに象徴されるとおり、『ラウンジリザード』は細身でスリムなフォルムが基本。アウターもコンパクトなシルエットがベースです。スタイリッシュなシルエットにこだわりつつ、伸縮素材などを用いて着心地にも配慮しています。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見

スタンダードなデザインなのに、どこか都会的なイメージ。そんな『ラウンジリザード』のアイテムは、ラフなデニムを合わせても大人な印象に仕上がります。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見

WEARWEAR

ピーコートにバイカラーニットを合わせたシンプルなスタイリングながら、かなりスタイリッシュなイメージ。その理由は、美しいシルエットにあります。アウターはもちろん、ジーンズもスリムな形状でスマートな雰囲気。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 2枚目の画像

WEARWEAR

チェスターコートならではの品のよさを生かすなら、色落ちの少ないジーンズを合わせるのが鉄則。ダーク調で落ち着きがあり、細身のシルエットも上品です。生地には表情があり、こなれたムードを漂っています。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 3枚目の画像

WEARWEAR

テーラードジャケットは『ラウンジリザード』のなかでも人気のアイテム。ここではエレガントなストライプ柄を選びつつ、加工ジーンズで着崩しています。細身のシルエットが上品なアウターとも難なくマッチ。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 4枚目の画像

WEARWEAR

ナローラペルがスタイリッシュなテーラードジャケットと、スーパースリムなデニムを組み合わせたエレガントなカジュアルスタイル。ボーダー柄のインナーなどで適度な抜け感を与え、無造作に着こなしています。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 5枚目の画像

WEARWEAR

この春チャレンジしたいのがデニム・オン・デニムの着こなし。『ラウンジリザード』のアイテムはシルエットがきれいなので、野暮ったく見えません。首周りがすっきりして見えるバンドカラーのシャツで、軽快感も意識。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 6枚目の画像

WEARWEAR

スポーティなナイロンブルゾンとスニーカーで春っぽいアクティブな印象を振りまきつつ、スリムなブラックジーンズで大人っぽい落ち着きを感じさせる着こなしにまとめた好例。インナーのニットも大人な印象です。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 7枚目の画像

WEARWEAR

この春のトレンドになっているスカジャンを用いて男っぽさを演出。グレーのジーンズを合わせることで、都会的なイメージに仕上げています。また、インナーとスニーカーを白で連動して春らしさもアピール!

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 8枚目の画像

WEARWEAR

コンパクトなシルエットのレザージャケットも『ラウンジリザード』の人気アイテム。ジーンズで旬なホワイトを取り入れることでワイルドな印象を緩和することができ、クリーンで大人っぽいニュアンスにまとまります。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 9枚目の画像

WEARWEAR

デニム素材をバンドカラーシャツで取り入れた装い。テーラードジャケットやスラックスといったほかのアイテムはブラックで、大人っぽい落ち着きのある表情に仕上がっています。スニーカーとキャップの抜け感も絶妙。

飾り気のないベーシックなデザインが魅力。WEARの着こなしをのぞき見 10枚目の画像

WEARWEAR

加工デニムのジージャンを使った着こなしも、スリムなシルエットの『ラウンジリザード』ならスタイリッシュ。明るいトーンのスウェットパンツで軽快感を加速しつつ、ダークなニットパーカーで落ち着きも加えています。

デイリーに着られる『ラウンジリザード』の洋服たち。春に選びたい一着はこれ

この春も着回したいアイテムが豊富な『ラウンジリザード』。そのなかから、本当におすすめしたいアイテムを厳選しました。最旬アウターから王道の逸品までバランスよくセレクト!

ナイロングログランマウンテンパーカー

ナイロングログランマウンテンパーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

表情豊かなテクスチャーが特徴のナイロンタスランを用いた新型のマウンテンパーカー。独特な光沢とシャリ感があり、スポーティな印象を振りまきます。また、シルエットは細身で都会的。機能性も充実しています。

ナイロンツイル ブルゾン

ナイロンツイル ブルゾン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

高密度なナイロンツイルを起用したスポーツテイストなブルゾン。リブのラインがスポーティなムードを高めます。その一方、トレンドのスカジャンも想起させる面持ち。シンプルなデザインで幅広く着回せます。

裏毛ジップパーカー

裏毛ジップパーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

適度な厚みのある裏毛スウェット素材を用いたパーカー。生地のコシに加え、先端まであしらわれたダブルジップによってフードが立体的なシルエットをキープするように計算されています。デザインはシンプルで大人顔。

シェービング デニム ストレート

シェービング デニム ストレート

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ジーンズの美麗なシルエットにも定評がある『ラウンジリザード』。これは新型のストレートタイプで、裾の適度なボリューム感が新鮮です。また、リアルな加工感も今季的。ストレッチ素材ではき心地も抜群です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK