クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

クラシックブームの立役者であるウェリントン。メガネ愛好家のみならず、おしゃれ好きなら1本は持っているであろう定番メガネだ。そのおすすめと着こなし活用術を紹介。

Freeamericanidol編集部

2019.07.31

アイウェア
メガネ
着こなし・コーデ

まずはおさらい。ウェリントンタイプのメガネとは

まずはおさらい。ウェリントンタイプのメガネとは

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ウェリントンタイプのメガネとは、逆台形のレンズシェイプのメガネを指すことが多い。また、テンプルがフロント上部から突き出ていているところも特徴だ。昨今では大ぶりなモデルが多いが、それが顔に似合っていなければ元も子もない。サイズ感だけは意識することを忘れてはいけない。

ウェリントンタイプのメガネが似合う顔型は?

ウェリントンタイプのメガネが似合う顔型は?

WEARWEAR

ウェリントンタイプのメガネは、顔の横幅が狭く、縦に長い面長タイプにおすすめ。この顔型はフェイスラインが細いため、ボリュームのあるウェリントンタイプのメガネなら、個性的な顔つきになれる。また天地幅が広いモデルを掛けると、より好印象になれるので、心当たりのある人はこのメガネをセレクトしよう。

ウェリントンタイプのおすすめメガネ5選

アイウェア業界はクラシックブームの真っ最中なので、流行を牽引してきたウェリントンは1本は持っておきたい。旬な顔つきを演出できるフレームを厳選したので、メガネ選びで困っている人はぜひチェックしてほしい。

アイテム1『オリバーピープルズ』ケンドリック

『オリバーピープルズ』ケンドリック

MARC ARROWS楽天市場店MARC ARROWS楽天市場店

1987年、カリフォルニアで創業された『オリバーピープルズ』は素材の吟味からこだわり、繊細な彫刻や仕上げまでを手作業で行っているのが特徴。そのデザインは世界中の著名人に愛され、ラグジュアリーアイウェアの代表格となった。こちらは細身のウェリントンで、フロントサイドに3PINを施した上品なユニセックススタイル。フィット性も高く、メガネに必要とされる機能も十分確保されている。

アイテム2『モスコット』×『ビームス プラス』別注 レムトッシュ

『モスコット』×『ビームス プラス』別注 レムトッシュ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

1915年創業の老舗『モスコット』の中でも人気作と知られるのが「レムトッシュ」。より日本人の顔型にフィットするようにノーズパッド仕様にアレンジされている。クラシカルな雰囲気は大人の装いにも馴染むはずだ。

アイテム3『ポリス』V1914J 0722

イタリアのアイウェアメーカーであるデリーゴ社が立ち上げたブランド。レトロなムードを盛り上げるブラウンデミ柄は、肌に溶け込みやすく違和感がまったくなし。ややスクエアに近いレンズシェイプなので、キリッとした印象を醸し出せる点も、このメガネの特典といえる。ノーズパッドはアジアンフィット仕様のため、鼻にしっかりフィットしやすくズリ落ちない。掛け心地もよく、都会的コーデとの相性も抜群だ。

アイテム4『トムフォード』TF-5040

業界内外で話題の的である『トムフォード』は、テンプルサイドにあしらったTアイコンが印象的だ。正面から横顔をおしゃれに演出してくれ、シンプルなコーディネートを一発で格上げしてくれる。ボリューミーなフロントが掛ける人の個性を生かし、バネ性の高いテンプルを採用することでフィット感もパーフェクトと、デザインと機能すべてが良いところ取りなのだ。

かけ心地もデザインも秀逸。トム フォードのメガネ

かけ心地もデザインも秀逸。トム フォードのメガネ

おしゃれな大人の目元にハマるメガネといえば、『トム フォード』。『トム フォード』が持つ魅力をはじめ、男性におすすめのメガネをリサーチ。

haruka

アイテム5『ブラックフライ』フライ ノーウッド

サーフ、スケートなどの横ノリ系スポーツのユーザーから親しまれるブランド。天地幅を広く設定したウェリントンは、大ぶりなフォルムとは裏腹にテンプルサイドにブランドアイコンを採用した、シンプルなデザインが魅力だ。フレーム自体が軽いため長時間掛けていても疲れることがない。フロント表面は丁寧に面取りされているので、スタイリッシュなイメージにまとめている点も見逃せない。

ウェリントンタイプにマッチするファッションアイテムは?

ウェリントンをさらにカッコよく引き立ててくれるファッションアイテムを紹介していこう。存在感のあるフレームだけに、アンバランスなアイテムを合わせると一気におしゃれとは無縁になってしまうので要注意!

アイテム1チェックシャツ

チェックシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

知的ながらカジュアルなテイストも演出できるのがウェリントンの強み。ならば、同様の性質を持つチェックシャツとの相性は言わずもがな。爽やかさと大人らしい知的なムードを両立するスタイリングは、Freeamericanidol読者にとってはマスト。

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

年中活躍してくれるチェックシャツは、ワードローブに欠かせない定番アイテム。大人っぽく着こなすにはどんな工夫が必要なのか、おすすめコーデをレコメンド!

モチヅキ アヤノ

アイテム2シェルジャケット

シェルジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

これからの季節のアウターで欠かせないアウトドアシェル。羽織るだけで今どきのカジュアルスタイルが出来上がるため、おしゃれ好きなら1枚は持っているはず。しかし、一方でアウトドア要素が強いアイテムでもあるから、街中での着用には注意が必要になってくる。そんな時こそ、ウェリントンの出番。知的で都会的な要素を顔に持ってくるだけで中和され、バランスの良いアーバンアウトドアスタイルが完成する。

ソフトシェルジャケットってなんだ? 注目春アウターの魅力

ソフトシェルジャケットってなんだ? 注目春アウターの魅力

昼夜で気温の差がある春先に軽アウターは重宝する。中でも気軽に脱着ができ、機能面も抜かりのないアイテムが山着で知られるソフトシェル。この機会にその魅力に触れたい。

菊地 亮

アイテム3カーゴパンツ

カーゴパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

武骨なデザインでスタイリングのアクセントとして効果的なカーゴパンツ。少々野暮ったさもあるが、おしゃれを意識するならぜひ取り入れたいアイテムだ。その印象を和らげるには、もちろんウェリントが最適。パンツの持つ存在感をクリーンなイメージにアレンジでき、うるさくならないのがこのフレームのメリット。最近ではビッグシルエットも流行っていることもあり、買いな1本といっても過言ではない。

カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

Freeamericanidol編集部

ウェリントンタイプのメガネを使った着こなし例

もはや定番のウェリントンだからこそ、お手本コーデを知りたい……。そんな人のために、ここでは周りと差がつく“メガネありき”の着こなしを紹介しよう。

着こなし1タフなジーンズとの折衷コーデ

タフなジーンズとの折衷コーデ

WEARWEAR

タフな顔つきのジーンズに落ち着きのあるウェリントンのコンビなら、両者の表情を中間的に緩和してくれる。そこにジャケットを羽織れば、きれいめなカジュアルスタイルが完成。ベージュのトーンがスタイリングをより和らげてくれる効果があるので、積極的に取り入れるべし。

着こなし2シャツとの合わせで程良く上品に

シャツとの合わせで程良く上品に

WEARWEAR

ジーンズ×パーカーのデイリーな着こなしでもウェリントンを加えれば上品で落ち着いた雰囲気に。カジュアルななかにも、ストライプシャツのシックな面持ちとウェリントンで洗練された印象に仕上がっています。

着こなし3テーラードジャケットに合わせた大人カジュアル

テーラードジャケットに合わせた大人カジュアル

WEARWEAR

クラシカルな趣のあるウェリントンタイプのメガネなら、大人の定番であるテーラードジャケットにもしっかりマッチ。ボーダーのカットソーやパンツのロールアップに加え、『ナイキ』のスニーカーを合わせることで、大人のカジュアルスタイルを実現。

着こなし4キャップとの合わせがこなれ感アップ

キャップとの合わせがこなれ感アップ

WEARWEAR

キャップ、開襟シャツ、ジーンズ、サンダルまで、ネイビーを基調にしたダークトーンで揃えた大人にふさわしい夏スタイル。キャップやビーチサンダルで軽やかさを出しつつも、全体的に知的な雰囲気に仕上がっているのはメガネが大きく寄与しているから。

着こなし5スウェットパンツに合わせてほんのり格上げ

スウェットパンツに合わせてほんのり格上げ

WEARWEAR

今やすっかり浸透しているリブつきスウェットパンツ。そこへバンドカラーのホワイトシャツ1枚で合わせることで、リラックス感ときれいめを両立できる。そして、ウェリントンタイプのメガネを味つけ的要素で加えると、ハズしとして活躍してくれる。しかもほんのり大人っぽく新鮮な印象へと仕上がるので、真似する価値は十分アリ。

着こなし6ミリタリーの武骨さを程良く中和

ミリタリーの武骨さを程良く中和

WEARWEAR

デニムシャツやカーゴパンツなどが醸し出す、ミリタリー色の強さをウェリントンタイプのメガネで中和。知的なムードを加味することで、ストリートに映える大人仕様の着こなしに。

着こなし7中間色コーデにメリハリをつける

中間色コーデにメリハリをつける

WEARWEAR

こちらもミリタリー色が強いコーディネート。カーキやベージュなど、中間色でやわらかな印象に仕上げつつ、黒フレームのメガネで顔周りを引き締めた。

着こなし8アウトドアスタイルのアクセントに活用

アウトドアスタイルのアクセントに活用

WEARWEAR

『パタゴニア』のフリースジャケットや『チャイハネ』のニット帽など、アウトドアなアイテムを駆使したアクティブなコーデ。そこにウェリントンタイプのメガネを投入することで落ち着いた印象を加味。アクティブなスタイリングにも活用できるという絶好のサンプルだ。

着こなし9ウェリントンで大人ストリートを醸成

ウェリントンで大人ストリートを醸成

WEARWEAR

コーチジャケットやキャップなど、ストリート色が強いアイテムを主役にしつつ、タートルネックやウェリントンのメガネで大人仕様に。モノトーンのコーデも都会的な印象をアシストしている。

着こなし10脇役アイテムを黒で統一

脇役アイテムを黒で統一

WEARWEAR

赤のナイロンパーカーが主役の着こなしも、他のアイテムの色みや小物のチョイスで大人らしいルックスに。ウェリントンタイプのメガネも黒をチョイスして、統一感を高めているところが◎。

ウェリントンタイプのメガネ。着こなしの注意点

これまでに触れたとおり、やさしげな雰囲気を持つのがウェリントンの魅力。

着こなしの注意点としては、フレームと洋服のバランスを取ること。洋服はシンプルなモノをセレクトするとメガネが引き立ち、おしゃれムードを高めることができる。またシャープに決める時は天地幅の低いフレームで、個性を演出するならその逆をチョイスする。

こうした点を押さえれば、誰にでも活用可能なのがウェリントンタイプのメガネの持ち味。手持ちのエースメガネとして、フル活用しない手はない。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

    金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

    ファッションとしてのアイウェアの価値を高め、日本のモノ作りのクオリティを世界へ知らしめたと言っても過言ではない『金子眼鏡』。ここでは今一度その魅力に迫りたい。

    菊地 亮

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    ファッションアイテムとしてこだわりたいのが、メガネ。顔周りの印象を左右するアイテムだからこそ、大人にぴったりなブランドで間違いないセレクトをしましょう。

    Freeamericanidol編集部

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

    平 格彦

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK