マーカウェアのアイテムが持っているのは、確かな上質さと程良い遊び心だ

マーカウェアのアイテムが持っているのは、確かな上質さと程良い遊び心だ

こなれた大人のウィークエンドスタイルには、確かな上質さと程良い遊び心が必要。その2つを見事に両立するブランドこそが、ジャパンブランドの雄であるマーカウェアです。

山崎 サトシ

2018.01.30

マーカウェア(MARKAWARE)
ブランドまとめ
MADE IN JAPAN・国産

上質でいて、少しウィット感のあるブランド

2002年に産声をあげ、2003年よりメンズラインをスタートした『マーカ』のレーベルのひとつとして、2009年に誕生した『マーカウェア』。ブランドの指揮をとるのはデザイナーの石川俊介氏です。そのデザインコンセプトは“大人のための洗練されたハイエンド・ガーメント”。上質さの中にほんのりとウィット感を落とし込んだ無二のコレクションで、高感度な大人の男性を魅了し続けています。

こだわりのある大人に響く『マーカウェア』ならではの魅力とは?

『マーカウェア』は徹底してジャパンメイドにこだわるブランド。素材選びから縫製、加工にいたるまで、すべてのアプローチを日本国内で行います。そのため、完成度の高さは折り紙付き!

あくまでもベーシックを根底に置きながらも、さりげなく遊び心をまとわせたハイセンスなデザインワークも『マーカウェア』の持ち味。大人の品格はしっかりとキープしつつ、周囲との差別化を図れるというワケなんです。

ファッショニスタ達は、どう着こなしてる?

『マーカウェア』のアイテムを、ファッショニスタ達はどう着こなしているのでしょうか。WEARの中からおしゃれな着こなしを選りすぐってみました。

ポケットやボタンデザインがユニークなカーディガン、そして温かな印象のウールパンツはともに『マーカウェア』。上下を同じトーンでリンクさせることによって、コーディネートに一体感を出しているのがポイントです。

ネイビーをまとった『マーカウェア』のフィッシャーマンコートを中心にスタイリング。ブラックのボトムス&シューズを組み合わせ、シックなイメージに。まさしく、大人カジュアルの模範的解答例!

着こなしの核となるのは『マーカウェア』のL-2Bジャケット。ミリタリーテイストの色濃いこの一着を、上品なロングシャツとのコンビネーションで街っぽく着こなしています。ワイドジーンズでトレンドらしいスタイリングにもアプローチ。

今季も引き続きトレンドとなるワントーンスタイル。スウェット、トラウザーともに『マーカウェア』をピックアップし、上質さも意識しています。胸元のプリントがささやかなアイキャッチとして機能。

本来はハード感の強いMA-1ジャケットも、この『マーカウェア』の1着のようにスマートなブラックカラーだと洗練された面持ち。同じく無彩色のパンツとスニーカーを組み合わせて、モダンな雰囲気をさらに強めています。

デイリーに着られる『マーカウェア』。春に選びたい1着はコレ

カジュアルながらも落ち着いたテイストも香らせる『マーカウェア』は何を選んでも一級品のルックスと品質が楽しめます。中でも今シーズン狙いたい8つのアイテムをご紹介!

アイテム1ダスターコート

ミリタリーアウターは『マーカウェア』の十八番。一見するとトレンチコートのようですが、ベースとしているのは戦場で砂埃を防ぐために生まれたダスターコート。特徴的なフロントの大きなポケットや程良くラフなAラインシルエットなど、ヴィンテージライクな趣はそのままに現代的なシルエットにアレンジしています。

アイテム2ボンバージャケット

カジュアルなイメージが強いボンバージャケットを、裾や袖口のリブを排したミニマルなデザインで再構築。風合いの美しいトロピカルウールは透湿性や通気性に優れるだけでなく、高級感も抜群です。ドロップショルダーが生み出す、上質な生地ならではの美しいドレープも必見。

アイテム3別注 MA-1ビッグフライトジャケット

オーバーサイズが特徴的な『アークネッツ』とのコラボアイテム。トレンド感たっぷりのボリューミーなシルエットながら、細かなポイントに至るまで忠実にヴィンテージの作りを再現した本格的なMA-1です。クラシカルなムードを高めるライトセージのカラーリングも、実は別注カラー。

アイテム4タートルネックワッフルカットソー

凹凸のはっきりしたワッフル生地を使用したタートルネック。太番手の糸を使用することで、まるでセーターのようなウォーム感のあるルックスに仕上げています。伸縮性が高く体にフィットする作りなので、1枚でさらりと着るのはもちろん、リラックス感のあるアウターと合わせてもGOOD。

アイテム5ヒュージパーカー

シンプルなプルオーバーパーカーは身幅と袖幅を大きくとり、丸みを帯びたリラックスシルエットに。ハリのあるきめ細かな素材感ながら、旧式の丸胴編み機で丁寧に編み立てられた生地は驚くほど柔らかです。長すぎず短すぎないすっきりとした着丈もポイント。

アイテム6サファリロングシャツ

トラディショナルなサファリシャツをベースにしつつ、バンドカラーやロング丈といった旬なディテールをうまくブレンドしているあたりはさすが。脇に大きくマチを取り通気性を高めているので、暖かな季節に1枚あると重宝しそうです。両胸のポケットとオリーブのカラーリングでさりげなくミリタリー感を主張。

アイテム7ファティーグパンツ

オリジナル製作の素材やヴィンテージを再現した縫製など、『マーカウェア』のこだわりが詰まったファティーグパンツ。当時のディテールを踏襲してウエストには深くタックを入れ、腰回りにゆとりを持たせています。今っぽさを取り入れたワイドなストレートシルエットが男らしい仕上がり。

アイテム8カジュアルパンツ

使い勝手のいいベージュのフルレングスのパンツは通年活躍する万能選手。ウエスト周りの装飾を極力省いたミニマルなデザインが、洗練されたムードを醸します。カジュアルはもちろんきれいめコーデにも合わせて、長く楽しめます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

    平 格彦

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK