機械式腕時計でカラー文字盤

機械式腕時計でカラー文字盤

高級時計の文字盤と言えば、シルバー(白)とブラックの2色。しかし、近年はブルーをはじめとする個性的に腕を演出するカラーの採用が増えています。

黒野 一刻

2015.03.20

腕時計
機械式

文字盤のカラーは幅が狭い?

実際のところ、アンティークの時代から見ても、時計の文字盤のカラーリングは、そんなに種類が多かった訳ではありません。腕時計の出始めの頃は、シルバー一辺倒で、メタリックが強いか、ホワイトが強いかというくらい。まれにゴールドケースにピンクゴールド、シャンパンゴールドを合わせていた程度でした。

コンサバティブな状況が続く

20世紀半ばにミリタリーウォッチの需要が高まり、視認性の向上の観点から夜光塗料をコントラストで際立たせるブラック文字盤が登場。それがスポーツ系ウォッチに引き継がれ、文字盤カラーの主流となりました。原色系のカラーが一般的に使われ出すのは1970年代からですが、大衆的な時計で、文字通り「色物」扱いでした。

ブルーをはじめイロイロ試してみたくなる

そんな状況を破りつつあるのが、ブルー文字盤です。さわやかで、基本的にはスポーティでカジュアルですが、スーツにも合わせられ、この2、3年人気がブレイクしています。シルバー&ブラックの寡占状態に確実に穴が開きつつあり、ほかにも、ここに紹介したカラーなら、スーツシーンでも許容できる範囲なのでおすすめです。

ブルー文字盤『タグ・ホイヤー』アクアレーサー 500M クロノグラフ

ブルーは海と空の色で、人の目にも馴染みやすいカラーです。最近のダイバーズのスタイルは、スーツに合わせられるスマートなものも多く、実用的。紺や淡いカラーのスーツに合わせてみたいのが、『タグ・ホイヤー』の定番ダイバーズのブルーモデル。セラミックのベゼルは、耐傷性にも優れ、日常使いにももってこいです。

グレー文字盤『ユンハンス』マックス・ビル バイ ユンハンス 027 3401 00

2013〜14年の新流行色として注目されたのが、グレー文字盤です。“アンスサイト”“スレート”などの呼び名があり、最近の時計ではカラーバリエーション拡張に合わせて加わることが多くなっています。このバウハウスデザインを継承するモデルでは、アンティーク調のレトロな感じがよく出ています。

ブラウン文字盤『ボーム&メルシエ』ケープランド クロノグラフ MOA10083

ブラウン文字盤は2000年代以降、ピンクゴールドケースに合わせて採用が増え始め、近年では新しい定番色の一角を占め、ステンレスケースでの使用例も多くなっています。色合いは肌馴染みがよく、シックなことから、着用するTPOを選ばないのも強味です。このクロノグラフでも、時計の持つ優雅な側面を強く引き立てています。

グリーン文字盤『マーヴィン』マルトン160 M119.13.94.11

グリーンはグリーンでも、原色とは異なるモスグリーンやカーキは落ち着きがあり、ミリタリー系のイメージが強くなります。この時計は屈強なクッションケースで、このブランドをチェ・ゲバラが愛用したという歴史的なエピソードからも、ミリタリーファッションっぽい枯れた印象にグリーンがとてもよく似合っています。

ベージュ文字盤『ハミルトン』カーキ UTC H77525553

グリーン以外でミリタリー調のカラーとして注目なのは、ベージュなどのサンドカラーです。明るいイエローがくすんだような色合いは、文字盤やインデックスカラーとして使用すると、ホワイトの塗料が焼けたような味わいが出ます。この『ハミルトン』の文字盤も、アンティークウォッチ風の渋みが醸し出されています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    軽いアウターですら出番のなくなってくるシーズンには、身軽な装いをアップデートできるセンスの良いアクセサリーが欲しくなる。ブレスレット、ネックレス、リングも大い…

    増山 直樹

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK