ダサいと思われたくない人向けのファッショントピ15ss

ダサいと思われたくない人向けのファッショントピ15ss

「おしゃれに見られたいわけではない。けど、それなりに見られたい」こんな人が多いのでは。そこで、程よく流行や世間の目と付き合えて、女性ウケも◎のアイテムをご紹介。

編集イトウ

2015.03.22

モテ・好印象

なりたいのはノームコアとかの流行じゃなくて、ダサくないファッション!

おしゃれなんか自由に楽しめばいいじゃんって思われがちですが、30オーバーの大人がちんどん屋なコーデはちょっと・・・。「おしゃれに見られたいんじゃなくて、最低限のおしゃれをしたいんだ!」っていう世間の声に応えて、今年の春、どんな服を選べばいいのか考えてみました。

Item1まずはネイビーのカーディガンを買っておこう!

まだ肌寒い今の時期からクーラーがガンガン効いた夏の室内まで使えるカーディガンは、持っておいて間違いのないアイテム。特にネイビーは多くの制服の色としても採用されるほど日本人の肌と馴染みがよく、トレンドカラーの上に、メイビーこれからも廃れることはないと思うので、是非入手しておきましょう!

上質なモノが欲しい人は『ジョンスメドレー』のコットンカーディガン推し

コットンの宝石といわれる海島綿を贅沢に使用したサマーニットカーディガン。シルクのような光沢としなやかさを持ち、極上の着心地を与えてくれます。インナーはシンプルにTシャツ、パンツはジーンズでもチノパンでもOK!

もう少しお手頃なモノを・・・って人は『ピジャマ クロージング』がオススメ!

多くのデザイナーズブランドのカットソーを製造するファクトリーブランド『ピジャマ クロージング』の1枚。1万円以下のお手頃価格ながら、生地質の高さは折り紙付きです。

Item2白のボタンダウンシャツ万能説!

最低限のおしゃれをしたい人に適切なアイテムといえば、着用者の爽やかさを5割増しにしてくれる白シャツ。なら仕事で着用する白シャツでOKじゃん!っとなりますが、あくまでビジネス用シャツなので堅苦しい印象。そこでオススメなのが、襟とボディをボタンで留めるボタンダウンシャツ。着回し力が高いのもポイントです!

清涼感100点の『インディビジュアライズドシャツ』の1枚で爽やかさをアピール

オーダーメイドシャツの専門ファクトリーとして創業。シャツへのこだわりは高く、特にカスタムメイドシャツの分野では現在もアメリカ国内シェア1位を誇ります。とウンチクはこれくらいに、ここのシャツは縫製や素材に定評があり、シルエットパターンも豊富なので、好みの1枚を選択できるのも高ポイントです。

Item3ジーンズは色落ち加工&ストレートシルエットがトレンド。ダメージ系は避けて

今年の春は久々にデニムがトレンドアイテムとして浮上。特に色落ち&ダメージ加工が施されたモノが人気となりそうですが、“最低限のおしゃれ”をテーマにするなら色落ち加工程度に留めたほうがベター。また、シルエットはストレートが無難。少し細めのストレートも足がきれいに見えるので◎です。

ファッションピープルからも支持の高い『AG』のデニムはシルエット抜群!

適度なユーズド加工がコーディネートの格上げを約束する『AG』のジーンズ。こちらのモデルは窮屈に感じないややスリムなシルエットなので、足を細く長く見せる効果も期待できます。足下はスニーカーからブーツまで、幅広いシューズとマッチします。

Item4足下はスニーカー! それも白のローテクが今っぽい!!

(足下の流行は)ずっとスニーカーのターン!! ブームとか抜きにしてスニーカー好きな男性は多いと思いますが、カラーだのフォルムだのと種類が多くて選ぶのは難しいもの。定番かつ旬も取り入れるなら、ズバリ白のローテクスニーカーがベスト! 春らしい清涼感を打ち出せる上に汎用性が高いので、デイリーに愛用できます。

清涼感もトレンド感も申し分なし! 『アディダス オリジナルス』スタンスミス

アディダスが誇る不朽の名作であるスタンスミス。2014年の復刻以降、スニーカーブームの中でも常に上位人気のスタンスミスは、今シーズンのファッションシーンに欠かせない1足。レザー本来の風合いと高級感が楽しめるガラスレザー、シャープにモディファイされたシルエット、爽やかなカラーリング。間違いのない逸品です!

Item5アイウェアはウェリントン型がベター

ウェリントン型とは、リムが台形であり、上辺が下辺よりも長いタイプのアイウェアのこと。このタイプはファッション感度が高く、しかし、アクが強過ぎないのでトレンドに流されず愛用できるのがポイントです。普段メガネやサングラスを取り入れている方はもちろん、ダテメガネとして挑戦してみたい人にもオススメ!

小ぶりのウェリントンは初めての人にも◎『エフェクター』ファズS

メガネの名門セレクトショップである、オプティカルテーラー クレイドルのオリジナルブランドとして誕生した日本ブランド『エフェクター』。ここの定番モデルであるファズを一回り小さくした本モデルは、取り入れやすい程良いサイズ感が特長。普遍的な中にほんのり武骨さを忍ばせたデザインが、男前度を底上げします。

サングラスを選ぶならやっぱりこれ! 『レイバン』ウェイファーラー

アイウェアブランドの中でもトップクラスの知名度と実力を誇る『レイバン』。長い歴史の中でも常に上位人気のウェイファーラーは、抜群のかけやすさに加えて、クラシックでミニマムなデザインが魅力。タイムレスに愛用できる名品として、ワードローブに加えて間違いのないアイウェアです。

以上、春に取り入れたいファッションアイテムを厳選してみました。トレンドを加味しつつ、あくまでベーシックに。程良いバランスでコーディネートを組むのもなかなか大変だと思いますが、参考にしてみてください。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    光るのは東京・浅草の職人技術。エンダースキーマの製品を知る

    光るのは東京・浅草の職人技術。エンダースキーマの製品を知る

    名作スニーカーを革靴として再構築するオマージュラインで有名な『エンダースキーマ』ですが、秀作はそれだけにあらず。数々の珠玉作より、おすすめをお見せします。

    山崎 サトシ

    ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

    ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

    スーツスタイルの主役であるジャケットが引き立つには名脇役の存在が不可欠。その役割を担うのがワイシャツです。選んで間違いない1枚を、名門ブランドから選びましょう。

    池田 やすゆき

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    “きれいめ”前提のデート服。女性が男性の隣を歩いていて気分が上がるのは、お互いの洋服のテイストが合ったとき! そこで彼女のテイスト別に、理想のデート服を考案。

    広田 香奈

    BACK