男の相棒。大人が持つべき高級ブランドボールペン15選

男の相棒。大人が持つべき高級ブランドボールペン15選

商談をする際も、メモをとる際も必要不可欠なボールペンは、ビジネスを支える相棒のようなもの。まだまだ上を目指すからには、相棒のレベルも上げていこう!

Fuzuki

2016.03.25

雑貨
ステーショナリー

価格だけじゃない! 高級が“高級”と言われるワケ

持つだけで背筋が伸びるのはなぜか? 持ち手に風格を与えるのはなぜか? 一度手に入れると手放せなくなるのはなぜなのか……。高級が“高級”たるゆえんを解説する。

技術とセンスを蓄積した長い歴史がある

たとえば、高級ボールペンの代表格である『ペリカン』の起源は、1832年までさかのぼる。そのはじまりは、ドイツのハノーバーでカール・ホーネマンが製造した絵具だったそう。高級ボールペンの多くは長い歴史を刻みながら、技術やセンスを極めている。

むだを省いたスタイリッシュなボディ

高級ボールペンには華美な装飾がなくとも、確かな存在感が漂う。安易な装飾を省きシンプルなデザインを極めることで、孤高とも言うべき美しさが宿るのである。

太さ、長さ、重さのバランスが圧巻

指になじむ適度な太さ、握ることにストレスを感じさせない絶妙な長さ、そして筆圧をサポートしてくれるほどよい重さ。この3拍子がそろうことで、使い手は無意識のうちにそれを求めてしまう。

細部までこだわり抜かれたディテール

”書く”という機能面だけではなく、それ以外にも配慮を怠らないのが高級ボールペンの特徴だ。たとえばクリップ。『ペリカン』のクリップはくちばしの形になっているため、ポケットへの着脱がスムーズなうえ、衣類を傷めにくい。ポケットに差した時の美しさも格別だ。

使いやすさを極めた、高い機能性

機能性の高さで有名なのは、『フィッシャー』のスペースマン。内部に封入された窒素ガスの圧力によってインクをペン先へ移す特殊な構造のため、宇宙飛行士が使うボールペンに採用されている。

1万円以下で買える! 高級ボールペン

国内で初めてボールペンを生産した『セーラー』の逸品

日本で初めてボールペンを発売したのは『セーラー』。1948年、日本橋三越では500本が即日完売したそう。ボールペンブームの礎を作った『セーラー』の製品は、押さえておいて間違いなし。

『クロス』のシンボルとして受け継がれる名品

『クロス』のセンチュリーボールペンは繰り出し式のメカニズムを採用した世界初のボールペン。発売から半世紀以上経った今でも、エレガントで普遍的なスタイルが支持されている。

カジュアルさと機能美が見事に両立!

1980年の発売以上、世界中で愛されている『ラミー』のサファリボールペン。軽くて丈夫な樹脂製のボディグリップは、人間工学に基づいた握りやすい形状。大型のワイヤー製クリップは厚手のものをホールドするのにも便利。

持つ人に温もりを伝える木製ボールペン

ドイツの人気ブランド『ファーバーカステル』の逸品。太めのゆるやかな曲線を描いたボディは、人間工学に基づいたもの。筆圧をかけずにスルスルと書けるので、長く使っても疲れない。

胸ポケットに差した姿も美しい

『カランダッシュ』のアイコンともいえる849コレクションのニューフェイス。ロゼシャンパンのように美しい色合いが秀逸。スーツの胸ポケットに差せば、ファッションの一部としても活躍しそう。

1〜3万円で買える! 高級ボールペン

南イタリアの太陽を浴びたオレンジをイメージ

世界中から愛されている『デルタ』のドルチェビータ。南イタリアの太陽をさんさんと浴びたオレンジをイメージした、レジンのブロックが鮮やか。クリップの先に回転するローラーが付いており、胸ポケットに挟んでもジャケットの生地を傷めない仕様となっている点も秀逸。

エグゼクティブが愛してやまない美しいボディ

角度によって数字の“5”にも見えるパターンが名前の由来となっている、『カランダッシュ』のタイプ55 。繊細で美しい彫刻は高級感があり、大事に使いたいと思わせてくれる逸品だ。

力強く高性能! 至高のボールペン

『オロビアンコ』とイタリア高級筆記ブランド『デルタ』がコラボしたコレクションとして展開されているのが、こちらのコンパーニョ。イタリアの伝統職人が手作業でレジンのボディやキャップを切削。『オロビアンコ』らしいトリコロールカラーのリングが、繊細かつカジュアル。

インクのいらない不思議なペン

フェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社が、イタリアの文具メーカーと提携して製造したインク不要の不思議なペン。合金製のペン先が紙との間に生じる摩擦で酸化し、その跡が文字として記される。鉛筆のような書き心地。

『ペリカン』といえばコレ!

『ペリカン』を代表するシリーズであるスーべレーン。ドイツ語で“優れたもの”“卓越したもの”という意味を持っており、カラーバリエーションも豊富。ストライプ模様は職人による手作りのため、一本ごとに独特の風合いがある。

生涯に1本は欲しい! 高級ボールペン

力強く高性能! 至高のボールペン

『デュポン』のデフィ・グリル。芸術品のようなボディは、計算され尽くされた重量感と、究極の書き心地をもたらす。世界中のビジネスマンの愛用品だ。

『モンブラン』の最高級モデル

『モンブラン』の最高級モデルであるマイスターシュテュック。ブラックボディにゴールドの装飾を施した定番のモデルをベースに、装飾をプラチナに変更することで、より優美な装いに。シンプルさの中に宿る風格は、世界中の男たちのあこがれ。

人生の相棒にするにふさわしい一級品

エリゼ宮殿の名を冠した、『デュポン』のエリゼ。なめらかなボディラインと調和するキャップの絶妙なカーブが美しい。熟練した職人によって仕上げられた金銀細工の輝きが、高い品質を物語る。

個性が光る! 金属棒から削り出したボールペン

職人がシルバー925と真鍮の無垢棒から削り出し、ボールペンに仕上げている。メッキや塗装、クリアなどの表面処理をしない金属素材の風合いが個性的。ずっしりとした重みは意外なほど心地よく、手になじむ。

使い手に風格を与える圧倒的な美しさ

1925年、アルマンド・シモーニが創業し、技術の革新と高いデザイン性で世界的ブランドに成長した『オマス』。ボルドーとゴールドが美しいボディは太さも絶妙。吸いつくように手になじみ、持ち手の品を最大限に引き出す。世界限定753本。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK