この春、新しい出会いを恋につなげる“3”の法則

この春、新しい出会いを恋につなげる“3”の法則

公私ともに出会いが増える春。恋愛面でも期待が高まりますが、ただ出会っただけでは何も発展しないことはご存じのとおり。では、どうすればいいのでしょうか……。

村上 朋子

2016.02.22

モテ・好印象

自分を動かすため、“3”を意識して行動する

自分を動かすため、“3”を意識して行動する

自分を変えるといっても、そう大げさなことはできません。でも、あまりに微々たる変化でも、恋の成功者にはなれません。一歩ずつ進んでも、成果が感じられなければいずれしんどくなります。だったら、3歩ずつ進めばいいのです。特にデートシーンで自分に自信をつけ、魅力的に見せてくれる“3”の法則をご紹介します。

3の法則 @女性の好みに対する「こだわり」を3つ捨てる

女性の好みに対する「こだわり」を3つ捨てる

せっかくの出会いも、「彼女のこんなところがちょっと」「この条件をクリアしていないから」とダメ出しばかりしていては、前に進みません。愛情が芽生え、つき合いが深くなれば気にならなくなることも多々あります。審査員よろしく自分のこだわりに添った人ばかりを選ぼうとしても、そう都合のいい女性はなかなかいないのが現実です。

3の法則 A“勝負服”3セットに投資し、自分に自信を!

“勝負服”3セットに投資し、自分に自信を!

二度三度とデートを重ねるチャンスに恵まれたのに、勝負服が一着では心もとない……。毎回同じ服では、相手にどう思われるか以前に、自分に自信が持てず堂々と振る舞えません。TPOに合わせる必要もあります。投資と思って3パターンのコーディネートを一括購入! 背伸びしてハイセンスを狙うより、ベーシックに徹して!

3の法則 Bリラックスできる飲食店を3店押さえておく

リラックスできる飲食店を3店押さえておく

背伸びすると逆効果になるもののひとつに、飲食店があります。デートだからといって分不相応に気を張る必要はなく、重要なのはお互いがリラックスし、余裕を持って相手との会話を楽しめるかどうか。これも「いつも同じ」となってはつまらないし、予約が取れない場合もあるため、3店ほどをラインアップしておくと安心でしょう。

3の法則 C“仕事以外で楽しく話せること”を3つ用意する

“仕事以外で楽しく話せること”を3つ用意する

社会人も長くなると話題の中心が仕事になるのは、むしろ当然のこと。やり甲斐ある仕事であれば、それを知ってほしいという気持ちもあるでしょう。でも、もしかすると将来生活をともにするかもしれない相手。仕事だけではあなたの人となりは伝わりません。趣味、最近読んだ本、家族、学生時代……何でもいいから3つ用意!

3の法則 D“その女性について知りたいこと”を3つ挙げる

“その女性について知りたいこと”を3つ挙げる

帰り道にふり返り、「自分のことだけ話していた!」となったら、そのデートは失敗です。自分を知ってもらいたいという気持ちで空回りするのであれば、あらかじめ女性への質問を3つ考えておきましょう。内容は仕事についてでも悪くはありませんが、やはりプライベートなことのほうがふたりの距離を近づけてくれるでしょう。

3の法則 E“次のデートプラン”3つを会話に織り交ぜる

“次のデートプラン”3つを会話に織り交ぜる

また会いたいと思った相手には、その日のデートのうちに次の約束まで取りつけるぐらいの行動力を発揮しましょう。ひとつに絞って誘うより、3つ考えておいて会話のなかにさりげなく散りばめ、一番反応がよかったコースを提案するほうが勝率は上がります。もちろん、彼女の側に具体的な希望があれば、それにノッてOK!

3の法則 F“彼女のステキなところ”を3つ思い浮かべる

“彼女のステキなところ”を3つ思い浮かべる

相手に好きになってもらうのを待つのではなく、まず自分が相手を好きになる。受け身でいては、恋愛は動きません。デートの帰り道、その日の彼女のステキだったところを3つ挙げましょう。すぐに思い浮かぶのであれば、その気持ちこそがエンジンとなって、自分の行動力を後押ししてくれます。欠点より美点に注目する習慣を。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK