2016春のニューバランス人気スニーカー別コーデ集

2016春のニューバランス人気スニーカー別コーデ集

2016年も人気継続中のスニーカー。そこで今回はニューバランスの人気モデル別に、おしゃれな履きこなし方、スタイリングをリサーチしてみました。

桐田 政隆

2016.02.21

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー
夏の着こなし・コーデ

今買うなら1000番台はM1400、900番台はM998、また定番のM576を押さえるべし!

『ニューバランス』にはさまざまなモデルがありますが、日本のインラインで買えるモデルはある程度限られています。そこで今買うなら、1000番台はM1400、900番台はM998がおすすめ。またロングセラーの576はUKメイドが狙い目です。

Freeamericanidol世代の定番モデル。『ニューバランス』のM1400とは

いわずとしれた傑作、1300に次ぐ品番の1400。デザイン性も1300の雰囲気を色濃く残しており、クラシカルな『ニューバランス』好きには格好のインラインモデルです。現在は『ニューバランス』定番のスティールグレーに加え、さまざまなカラバリや素材がリリースされています。オールスエードモデルは上質感があるため、大人の着こなしにもすんなりと馴染むはず。

今春参考にしたい、M1400の着こなしサンプル集

スエードのネイビーモデルを着用。コートからパンツまでネイビートーンでまとめおり、統一感のあるコーディネートです。また白ソックスでヌケ感を作り、軽快な印象を加味しているのもポイント。

小じゃれた9分丈のフレンチカットパンツに、程よくボリューム感のある1400が相性よくフィットしています。ネイビー同士でまとめているのも、洗練された印象を高めています。

洋服はワークテイストなアイテムですが、短丈のクロップドパンツにスポーティな1400を合わせて、重くなりすぎない印象に仕上げています。インナーのボーダーも映えますね。

『ニューバランス』は上品なグレーパンツとの相性も鉄板です。1400もいわずもがなですね。デニムのショップコートで男らしさを加えている点も巧みです。

こちらもお手本として最適なコーデですね。キャップ、短丈のチノ、1400をネイビーでまとめ、インナーとソックスでボーダーのアクセントをプラス。クリーンな印象で好感度も高そう。

スリムシルエットとハイテクノロジーが見事融合。『ニューバランス』のM998とは

1000点満点中990点と『ニューバランス』がみずから広告を行ったことで話題となったM990。その後継機として1993年に登場したのが998です。衝撃吸収性能を飛躍させたアブゾーブを初めて搭載したモデルとしても高い認知度を誇ります。またトウから履き口にかけて、シャープなフォルムも特徴で、パンツとも合わせやすいモデルです。

今春参考にしたい、M998の着こなしサンプル集

ロールアップデニムとのコンビとも相性バツグン。1400よりもすっきり見えるのも特徴ですね。ロールアップもややラフに仕上げると、リラックス感のある印象になります。

ポップなカラーリングの限定モデルは、大人びたカジュアルなアクセントとしても使えます。カーゴパンツなど、今が旬のミリタリーテイストのアイテムにも『ニューバランス』は相性がいいですね。

こちらはビンテージのスキーウェアからインスパイアされた限定モデル。998のシャープなフォルムがテーパードパンツとも相性がよく、大人っぽいスタイルのハズシになっています。

こちらは今注目の薄色デニムとコーディネート。適度に緩さがあり、いつもの『ニューバランス』とはちょっと違った、砕けた雰囲気で履けるのも魅力的です。

『ニューバランス』きってのロングセラー。M576とは

576は1988年に登場した、『ニューバランス』を代表する品番のひとつ。不整地での走行性を追求しており、トレイル的なディテールも見られます。こちらはイギリス製による復刻モデルで、渋く美しい光沢を放つヌバックが印象的。またクラシカルなモデルとはいえ、現代的なスニーカーと比較しても履き心地のよさは劣りません。

今春参考にしたい、M576の着こなしサンプル集

爽やかなモノトーンの色使いのコーデ。全身子供っぽくない白と黒を基調としていて、黒の576もコーディネートの印象を引き締めています。

ミリタリーライクな色使いのステンカラーコートに、足元はアーシーなカラーリングの576をセレクト。この相性のよさはぜひお手本にしたいところ。

パンツは近年人気のスウェットパンツを着用。スリムテーパードなシルエットと、ボリューム感のある576とのギャップがおしゃれ。カーディガン、クラッチ、スウェットパンツをネイビーでまとめている点もポイント。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK