メンズの美容家電ガイド。注意点と買い換えリスト

メンズの美容家電ガイド。注意点と買い換えリスト

春も近づき、露出が多い夏に向けての肌づくりは順調でしょうか。というか、むだ毛処理は万全? 準備不足の人は女性の本音を受け入れつつ、最新の美容家電に頼りましょう。

編集フカザワ

2016.02.17

スキンケア・ボディケア
電化製品
モテ・好印象

メンズにも美容家電は必要なのか? 女性たちのホンネ

美容家電。その言葉を見ても聞いても「女性のための商品でしょ」と考える人は多いでしょう。しかし、近年ではメンズに関する美容家電に注目が集まっています。というより、注目せざるを得ない事情がある様子。その理由はずばり女性の声。さっそく彼女たちのホンネを聞いてみましょう。

Q.男性の体毛は気になりますか?

こちらは10〜20代の女性を対象に行われたアンケート結果。過半数を大きく上回る73%もの女性が、男性の体毛を気にしているそうです。Freeamericanidol世代といえば、職場で後輩を多く抱えているはず。後輩の女性社員が、実はこんなことを気にしていたなんて……。なんと恐ろしいことでしょうか。

Q.男性のヒゲが気になったことはありますか?

セーフなのかアウトなのか。かなり微妙な数値が出てきましたね。それでも約半数の女性が、男性のヒゲを気にしているとのこと。気にしているといっても、この結果は前向きに捉えないほうがあなたのため。その理由は次の項目で明らかになりますよ。

Q.男性はヒゲを剃るべきだと思いますか?

もはや出す声すら失いそうですね。「絶対に剃るべき」と「気にはするべき」を合計すると95%のもの女性が否定的な意見ですから。いやはや、筆者は毛深い人間ですのでこの結果を見てかなりショックでした。「生まれつきだから仕方がないじゃないか」と心で叫びながら原稿を作成している次第です。ええ。

こんな声が挙がっています……

抜群の絵心で言いたいことが伝わりすぎて、本当につらいですね。彼女が言いたいことはつまるところ「剃り残しなんて許せません」ということでしょうか。これは日々のヒゲ剃りを見直す必要があるかもしれませんね。

一方ではこんな声も……

世の中捨てたもんじゃないですね。こういったマイルドな意見も挙がっているとは、うれしいですね。しかし気になるのは冒頭で述べた数値です。非常に多くの女性が、男性の体毛について気にしているという事実は、紳士たるもの(?)見逃せません。

やはり、“不快な毛”はNG。女性目線では清潔感がマスト

クリーンなファッション、だけではだめなようです

Freeamericanidolをご愛読いただいている方であれば、大人のファッションには清潔感が大切だということをご存じでしょう。しかしファッションのみならず、スキンケアの面でも清潔感は重要視されていたようです。当たり前の話かもしれませんが、ファッションだけに気を配っていてはNG。やはりファッションを身にまとう本人自身が、清潔感のある人間でなくてはならないのです。

モテる。だけじゃない、メンズが美容家電を使う理由

女性目線のみならず、ビジネスシーンにおいては“デキるオトコ”という印象を与えたいもの。社内、社外いずれの場であっても他人の目はごまかせないのです。自身のケアを怠っていると、それだけでマイナスイメージにつながりかねません。ですから、“モテる”だけではく“デキる”大人になるためにも、他人に不快感を与える“毛”とはおさらばしておくことが必要です。

メンズの“不快な毛”。注目すべきポイントと対策

不快感を与えかねない毛の筆頭は、やはりヒゲでしょうか。腕や脚は、スーツを着ることで隠すことが可能ですが、顔の毛は隠しとおせないもの。そこで、顔のパーツのなかでも不快感を与える毛をピックアップしてみました。

無精ヒゲ

無精ヒゲ

女性の多くが挙げていましたが、やはりヒゲの存在は目につくようです。特に、剃り残しは厳禁。とはいえ、時間がない朝に手入れをするのが面倒という事情もあるでしょう。そこで頼るべきは最新の美容家電。スピーディにあなたのヒゲを一掃してくれるアイテムを選びたいものです。

眉毛

眉毛

意外とほったらかしがちですが、眉毛の手入れも行うと◎。とはいえツルツルに剃るのではなく、形は残しつつも長さを整えることが必要です。器用にハサミでカットしている人もいるかもしれませんが、手っとり早いのはアタッチメント付きのバリカンでズバッとカットすること。ちなみにバリカンといっても髪の毛用ではなく、ヒゲや眉毛を対象とするコンパクトなものが便利です。

もみ上げ

もみ上げ

自分自身では気づかない場所ですが、もみ上げもかなり重要な場所。というのも、もみ上げはクセがつきやすく、またその方向も定まらないため少し伸びるととり散らかった印象になりがち。美容室でカットしてもらったばかりの時期はよくても、伸びてくると残念な印象になりかねません。自身で「伸びてきた……」と感じたら、長さを整えておくだけでも好印象をキープできるはず。

鼻毛

鼻毛

これに関して言葉は必要ないでしょう。不快かどうかという問題以前の話ですが、「鼻毛が出ている」という事実は他人に大きなインパクトを与えます。というか、その事実を発見した人に対し、余計な気遣いをさせてしまいます。ここはやはり鼻毛カッターなどの美容製品を使い、一網打尽にすることをおすすめします。

ここは大丈夫? 気になる腕毛やすね毛はどうするべきか?

先程も述べたように、服で隠すことができる腕毛やすね毛は、そこまで気にしなくてもよいでしょう。むしろ、こちらの女性のように「ある程度あってほしい」という声もあるようです。ここでいう“ある程度”がどの程度なのかは、非常に気になるところですが…。

メンズの美容家電。買い換えリスト

そろそろ心のダメージが限界に達するころではないでしょうか? そこで、ここでは気になるヒゲ、眉毛、もみ上げ、鼻毛をクリーンに見せるための美容家電をご紹介。どんな美容製品でも買い換えが必要であったり、持っていなかったりするでしょうから、次回購入のご参考までにどうぞ!

メンズ美容家電その1:ヒゲ編

『パナソニック』3枚刃シェーバー ラムダッシュ ES-ST29

防水設計のため、浴室での使用が可能な3枚刃タイプ。ヒゲの濃さに応じて自動でパワーをコントロールしてくれる優れものです。あご下に密着する設計のため、剃り残しの不安もありません。

『ブラウン』3枚刃シェーバー シリーズ5 5030s

まるごと水洗いが可能なため、常に清潔な状態で使用できるのが◎。さまざまな向きに生えるヒゲの一本一本を逃さずキャッチするディープキャッチ網刃や、3連サスペンションヘッドなど、充実したスペックが魅力です。

『ブラウン』3枚刃シェーバー シリーズ3 3040s

同ブランドの5030Sよりも安価ながら、充実した機能を誇るのがこちら。「シェーバーを買い換える頻度が高い」という人は要チェックです。ウリにしている新マイクロコームは、効率的にヒゲを取り込み、1ストロークでの深剃りを実現するというもの。忙しい朝にはぴったりですね。

『パナソニック』5枚刃シェーバー ラムダッシュ ES-CLV5A

前後左右に加えて上下にも動く3Dアクティブサスペンションやスムースローラーなど、男性の肌が考え抜かれた機能が満載の一台です。そもそも5枚刃という時点で期待が持てるから不思議ですよね。このまま時代が進むと、何枚刃までいくのでしょうか。

『パナソニック』5枚刃シェーバー ラムダッシュ ES-CLV56

5枚刃を搭載しながらも、1万円台後半の値段で購入できるコスパが魅力。先程紹介したモデルとのスペック比較においても、日常レベルでのマイナス面は見当たりません。お財布と相談しつつ、慎重に選びたいところですね。

メンズ美容家電その2:眉毛&もみ上げ編

『フィリップス』ミニスタイリング

ヒゲの形を整える機能はもちろん、鼻毛カット用のトリミングヘッドや眉毛コーム(3mmと5mm)が付いたコンパクトなシェーバーです。機能もさることながら、その見た目もスタイリッシュで◎。出張が多い人はマストバイな製品です。

『フィリップス』ヒゲトリマー

0.5mmから10mmまで、20段階の長さ設定が可能なヒゲトリマー。これほどまでに細かく長さが設定できるなら、眉毛やもみ上げの長さを調整しやすいのでは? 丸洗いOKな仕様もうれしいポイントです。

『パナソニック』マユシェーバー

眉毛の”形をそろえる”ことと”長さをそろえる”ことに特化したのがこちら。イメージしたとおりの眉毛をつくるなら、必須の美容家電です。ただし水洗いはできないため、その点を差し引いても魅力的かどうか自身の心と相談しましょう。

メンズ美容家電その3:鼻毛編

『パナソニック』エチケットカッター ER-GN10

あまり大声では言えませんが、こちらにお世話になっている人は多いのでは? そう思わせるほど、鼻毛カッターとしての認知度が高い美容家電です。買い換えやすい値段はもちろん、日常のケアに十分なスペックも魅力。

『パナソニック』エチケットカッター ER-GN25

パッケージに女性が起用されていることからも分かるとおり、女性をターゲットとした美容家電。しかし、その機能を見ると男性が使っても不足はないようです。むしろ、これだけ洗練された鼻毛カッターですから、購入時に恥ずかしくありませんね。

『フィリップス』鼻毛・耳毛カッター

毛を引っ張る構造ではないため、鼻毛カット時に痛くないのが最大の長所。水洗いできるので清潔に使えますし、剃り残しの心配がない点も購入のメリットです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK