春のパーカーコーデ攻略術。おしゃれに着こなすヒント

春のパーカーコーデ攻略術。おしゃれに着こなすヒント

春先の肌寒さは、コーデでカバーするのが吉。とくににメンズはジップアップパーカーを使った着こなしがおすすめ。早速、冬から春まで活用できるそのコーデ術を徹底紹介!

TERAONO

2017.02.16

トップス
パーカー
春の着こなし・コーデ

プルオーバーでなく、体温調整が簡単なジップアップを選ぶのがポイント

パーカーには、頭からかぶるプルオーバータイプとフロントのファスナーで開け閉めするジップアップタイプの2種類がある。これからの季節は体温調節が簡単にできるジップアップタイプがおすすめ。ファスナーの開け閉めだけで体温調整が可能で、レイヤードや汎用性の面から考えてもプルオーバータイプよりも使い勝手が◎。

パーカーのフードがレイヤード感を強調し、こなれ感を演出してくれるのも魅力

スウェットシャツと違い、パーカーにはフードが装備されているのでレイヤード感を強調しやすい。コートやジャケットなどのインナーに取り入れるだけで、シンプルな着こなしでも首元にボリューム感が生まれ、こなれ感のある装いに変身する。フードでワンクッション置くことで柄ものアウターを攻略しやすいこともメリットだ。

ジップアップパーカーが冬から春まで使える理由

冒頭で述べた通り体温調整が簡単にできるので、冬はインナー、春はアウターとして活躍してくれる。合わせるアイテムを選ばないので、冬スタイルから春スタイルへの移行がすんなりとできるのも使える理由のひとつだ。肩から羽織ったり、腰に巻いたりと、アレンジの幅が広いのもジップアップパーカーのうれしいところ。

冬に取り入れるならアウターの引き立て役として控えめに

冬の着こなしの主役は何と言ってもアウター。パーカーの存在感が強すぎるとせっかくのアウターの存在感が薄くなってしまう。そうならないためにもパーカーはベーシックなカラーで、アウターを引き立てるように心がけたい。また、フードが出るだけでもレイヤード感を演出できるのでアウターと同色をチョイスしても◎。

濃淡カラーの配色でメリハリをつけた爽やかなコーディネート。パーカーのフードが、軽やかな装いに程よい重みを与え、全体のバランスを整える役割を果たしている。

デニムシャツとコートの間にグレーのパーカーを挟んで、こなれた大人のカジュアルコーデに仕上げた。トップスのボリュームが大きいぶん、パンツは細身をチョイスするのが正解。

ライダースを主役にした男らしいバイカースタイル。色みやアイテムをシンプルにまとめることで大人っぽさを表現した。Vネックのインナーを取り入れれば、すっきりとした印象に。

全体のシルエットを意識したカジュアルコーデの好サンプル。ベーシックな着こなしなだが、ピーコート、パーカー、シャツのグラデーションを効かせたモノトーンの色使いがポイントだ。

春に取り入れるならパーカーならではのラフなヌケ感を意識して

アウターとしての着用が増えてくる春の装いは、パーカーのヌケ感を前面に出した着こなしが楽しめる。パンツや足元をキレイめのアイテムでまとめれば、大人っぽい上品さが生まれ、全体のバランスを取りやすい。ベーシックな色でアウターを引き立てていた冬とは違い、色モノや柄モノをアクセントとして取り入れるのもアリ。

ボーダー柄のTシャツ、パーカー、デニムを合わせた定番の着こなし。ボーダー柄とパーカーの相乗効果で大人っぽいラフなヌケ感を演出。全体の色を揃えたバランスのよさにも注目。

春らしいイエローのパーカーで全体を明るい雰囲気にまとめた。その他のアイテムをダークトーンでまとめることで、子どもっぽくなりすぎないように仕上げている。

パーカーの下に合わせたギンガムチェックのシャツがシンプルな着こなしのアクセントに。細身でまとめたスタイリッシュな着こなしも、パーカーが加わることで柔らかい雰囲気をつくることができる。

キレイめコーデをパーカーとカモ柄のクロップドパンツでカジュアルダウン。ローファーとパーカーの色を合わせることで統一感を持たせた。ハットや眼鏡で上品さをプラス。

今おすすめしたい、ジップアップパーカーTOP5

今の時期は、レイヤードがメインなので他アイテムのじゃまをしないグレーやネイビー、ブラックなどのシンプルなカラーを選びたい。アクセントとして色ものを加えたり、春に使うことを考えるのであれば落ち着いたトーンを選ぶのが◎。デザインもベーシックなものを選んだほうが活躍の場が広がる。

アイテム1『チャンピオン』

スウェットパーカーを選ぶ上でチェックしておきたいのが『チャンピオン』のリバースウィーブ ジップ スウェットパーカー。厳選されたUSAコットンを使用したこちらのパーカーはドライタッチで重厚感のある素材感が特徴だ。着込むほどに味わい深い表情に。生地には、縦に縮むのを軽減してくれるリバースウィーブ製法を採用。

アイテム2『ラッセル・アスレティック』×『ビーミング ライフストア by ビームス』

原料の綿花から製品まで一貫生産主義を貫くアメリカを代表するウェアブランド『ラッセル・アスレティック』。こちらの別注ジップパーカーには、耐久性の高いHIGH COTTONの生地にさまざまな加工を施して、ユーズド感あふれる風合いに仕上げている。裏地は、スモールワッフル素材で肌触りがよい。

アイテム3『ループウィラー』×『ビームスプラス』

昔ながらの吊り編み機を使用し、上質なスウェットを製作する『ループウィラー』と『ビームスプラス』がコラボした細身の一着。絶妙な柔らかさと腰感を両立させた別注のミドルウェイト素材を使用している。細部のディテールにこだわり、ヴィンテージのような雰囲気に仕上げた。

アイテム4『シップス デイズ』

表面はダレないように目の詰まったハリのある生地感に仕上げた。裏面には無撚糸を使用することで柔らかな風合いを実現。さらに、ラグランスリーブを採用して肩のハリが出ないようにし、オールフラットシーマでゴワつきをできる限り軽減するなど着用感にこだわった一着。

アイテム5『キャンバー』

アメリカ製にこだわった質実剛健なモノづくりを貫く『キャンバー』のパーカーは、裏地に別カラーのサーマルがあしらわれており、防寒性が高いのが特徴。柔らかい生地感なので着心地も◎。ビッグサイズにモディファイされ、リラックス感あるスタイリングが楽しめる。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK