冬の鉄板ダウン。大人アメカジに着こなす5つのヒント

冬の鉄板ダウン。大人アメカジに着こなす5つのヒント

寒い季節に欠かせないダウンジャケットですが、大人っぽくてスタイリッシュなアメカジスタイルを築くには戦略が必要です。その指針となるヒントを5つ紹介します!

平 格彦

2016.02.12

アウター
ダウン
ダウンジャケット
冬の着こなし・コーデ
アメカジファッション

「何かダサい……」を解消! ダウンを大人顔に着こなすヒント

ダウンジャケットの保温性は圧倒的。代替不可能な冬アウターの鉄板です。ただしボリュームがあるので、大人っぽいアメカジスタイルを構築するにはコツが必要。ここでさっそく5つのヒントを紹介します。すべて取り入れてもOKですし、抜粋して実践しても効果てきめん!

ヒント1:モノトーンのダウンジャケットを選ぶ

ダウンジャケットはよくも悪くもボリューム満点。その印象ひとつで、コーディネート全体のイメージが大きく左右されます。大人っぽいアメカジスタイルのベースになるのは断然モノトーン。着回しやすいのはブラックですが、グレーもホワイトも重宝します。

ダウン入りの黒いハンタージャケットをメインにし大人な印象に。足元もブラックのスニーカーなので引き締まったコーディネートに仕上がっています。ハズし具合も絶妙!

グレーのダウンジャケットは明るめのトーンが都会的。ブルーのインナーやジーンズを合わせたカジュアルな着こなしも、シックなアウターが大人顔に見せてくれています。

ホワイトのダウンジャケットは上品かつ新鮮。ジーンズやスウェットを始めとするカジュアルなアイテムでコーディネートを組み立てても、クリーンで落ち着いたムードです。

ヒント2:ネックが高めの旬なインナーを取り入れる

タートルネックやハイネック、モックネックといった高めのネックが最近は人気。トレンドというだけでなく、上品な印象もあるので、大人なムードづくりには持ってこいのインナーです。ホワイトがもっとも新鮮ですが、ほかのカラーでも十分今季的です。

ミリタリーな雰囲気のダウンジャケットは。ウールヘリンボーン素材が上品。インナーにブラックのハイネックを合わせることで、大人な落ち着きを加速しています。

ネイビーのダウンジャケット×ホワイトのタートルネックニットという組み合わせが新鮮で今季的。パンツ&シューズをブラックにすることでクールな品格も加味しています。

イタリア産の高級糸を使ったミドルゲージのモックネックニットがスタイリッシュ。ネイビーのダウンジャケットとグレーのインナーという色使いもシックで爽やかです。

ヒント3:グレーのウール系パンツを合わせる

ダウンジャケットでアメカジ感は十分。そういう前提で、ボトムスは思い切り大人っぽいものを選ぶという手もあります。具体的には、センタークリース入りのスラックスを筆頭とするグレーのウール系パンツを合わせようという提案。見ての通り、一気に大人顔です。

ダウンジャケットのカーキ、ニットのブラック、パンツのグレーというカラーパレットが男っぽく大人なムード。全体的に細身のシルエットでクールな印象にまとまっています。

ネイビー×ホワイトは爽やかなイメージを打ち出すのに最適な色合い。そんなカラーリングをトップスに採用しつつ、グレーのパンツで一気に落ち着かせたコーディネートです。

リブパンツでもウール系パンツなら上品なムード。軽やかな印象の白い名作スニーカーを選びつつ、上半身をブラックでまとめることで大人なアメカジ感を醸しています。

ヒント4:黒い革靴を履いて足元から格上げする

アメカジを意識すると、足元はスニーカーかブーツになりがち。だからこそ敢えて黒い革靴をセレクトするだけで新鮮に映ります。当然ながら、足元から大人なニュアンスが拡大。ジーンズを始め、どんなパンツでも合いますが、黒いパンツがクールでおすすめです。

チャコールグレーのダウンパーカー以外は基本的にブラックで統一。ブラックレザーのコインローファーを合わせることで、フォーマル過ぎず大人らしい足元にまとめています。

黒革のスリッポン×スリムなリブパンツという組み合わせがクールで大人風。全身をブラックでまとめてもOKですが、インナーにホワイト基調のボーダーを差して爽快感も加味。

レースアップの革靴がもっともドレッシー。合わせるパンツがグレーやブラックだと落ち着き過ぎることが多いので、旬なホワイトもおすすめです。新鮮味と大人っぽさが同居!

ヒント5:アイウェアをセットにして知的に装う

ダウンジャケットを用いたスタイリングはカジュアルな印象になりがち。小物で格上げするというテクニックも駆使すべきです。おすすめはアイウェア。知的なイメージが打ち出せるフォルムのメガネを掛けるだけで、瞬く間に大人な雰囲気がにじみ出ます。

鮮やかなブルーのダウンジャケットや明るいトーンのスニーカーを使ったコーディネートはカジュアルに映りがち。ですが、アイウェアが効いているため大人っぽいムードです。

全体的に落ち着いたトーンの中に、ボルドーやホワイトを効かせた色の配分が見事。それだけでも十分おしゃれですが、ラウンドフォルムのメガネで大人な印象をダメ押し!

鮮度が高い白のダウンジャケットを選びつつ、タートルネックニット、ウール系パンツ、革靴で落ち着いた印象に。アイウェアを着けることで知的かつ現代的なアメカジを追求。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK