癒しの空間が広がる。アジアン部屋作り5つのポイント

癒しの空間が広がる。アジアン部屋作り5つのポイント

毎日仕事でくたくたなら、ゆったりとしたリゾート気分を味わえるアジアン部屋がオススメ! 部屋作りのポイントを押さえて、家で過ごす時間を癒しのひと時に変えましょう。

Fuzuki

2016.02.07

インテリア
テーブル
ソファ
チェア

アジアンテイストの部屋とは

バリやモルディブのリゾートにいるような、極上のリラックス空間を演出できるのがアジアン部屋の魅力。ラタンやウォーターヒヤシンスの家具はぜひ取り入れたいアイテム。ベースカラーはベージュやダークブラウンにし、オフホワイトを合わると落ち着いた雰囲気に仕上がります。さらに、適度に柄物を取り入れると雰囲気がアップ。

アジアン部屋を作るポイント1:ラタンやウォーターヒヤシンスの家具を置く

天然素材であるラタンやウォーターヒヤシンスは、南国らしいさわやかさ満点。それらの素材を用いたソファに腰かけて目を閉じれば、心地よい波の音が聞こえてきそう。座面がホワイトのものを選ぶと、ほかのアイテムで柄を取り入れて遊ぶことができます。

カウチソファなら、ごろんと昼寝をしたり、ゆったり読書をしたり、楽しみ方が広がります。脚がついているものを選ぶと、空間に広がりが生まれて部屋が広く見える効果も。

高級リゾートホテルに泊まりに来たような、幸せな気持ちで眠れそう。ベッドサイドに紫や赤などのライトを置けば、よりムーディな雰囲気に。

小ぶりな一人がけソファでも、アジアンムードは抜群! 部屋の中央に置くのはもちろん、コーナーに設置して読書コーナーにするのもよさそう。

アジアン部屋を作るポイント2:部屋の8割はダークカラー&オフホワイトに

ベースカラーをベージュやダークブラウンにすると、南国らしい落ち着いた雰囲気に。そこにオフホワイトを合わせるとバランスがとれます。部屋の8割は、この2色+オフホワイトにして、残りの2割は差し色用にとっておきましょう。

ダークブラウンの床と、ダークブラウンの家具がマッチ。床と同じ色の家具を直接置くと、重たくなりすぎますが、オフホワイトのラグをはさむとバランスがとれます。

家具は全体的にダークカラーですが、ソファの座面や壁が白いので、温かみも出ています。大人っぽくなりすぎないので、子どもがいる家庭にぴったり。

白い床はアジアンテイストに仕上げるのが難しいですが、ダークブラウンのラグを敷けば解決。ダークカラーの面積が増え、落ち着いた印象に!

アジアン部屋を作るポイント3:ダークカラーの木製家具を置く

ラタンやウォーターヒヤシンスの家具と相性抜群なのが、同じく天然素材である”木”。木製家具を置く場合、気をつけたいのは”色”です。明るい色だとナチュラルテイスト寄りになるので、チークやオーク、ウォルナットなど深みのある色を選びましょう。

明るい色の床や椅子に、ダークブラウンの木製テーブルを合わせると、空間がぐっと引き締まります。

全体的にダークブラウンで統一された室内。ウォーターヒヤシンスの椅子と、木製のテーブルという異素材を組み合わせることで、メリハリが生まれます。

木製の棚やドアと、ウォーターヒヤシンスのコーナーソファが見事に調和。ソファの座面とダイニングセットの色が似ているのも、統一感が出るポイント。

アジアン部屋を作るポイント4:面積が小さい小物を差し色に!

ベージュやダークブラウンだけだと空間が重たくなりすぎてしまうので、全体の2割を目安に差し色をします。クッションやランプシェード、ラグなど、面積が小さいものだとバランスがうまくとれます。

ワインレッドと、高級感のある紫のクッションがピリッときいたおしゃれな空間。テーブルに飾られた赤い花もポイント。花は気軽に取り入れられるので、ぜひマネしたい!

テーブルランナーやクッション、ライトなどの小物を差し色に。オレンジや緑は、ダークカラーとの相性抜群。

たったこれだけでも、アジアンムードを演出できるというお手本! ダークカラーの家具の上でほんのり灯るオレンジのライトがムード満点。

アジアン部屋を作るポイント5:葉が大きめの観葉植物を置く

アジアンリゾートといえば観葉植物! 観葉植物は種類が多いので、何を置くか迷ってしまいますが、オススメは葉が大きい、ストレチアやオーガニスタ。のびやかで大らかな姿に癒されます。

ソファの背後に観葉植物を置いて、葉がしなだれるようにするとリゾート気分に浸れます。大きなサイズを置けない場合は、ミニサイズをテレビ台やサイドボードに飾ってみて。

ベッドサイドに背の高い観葉植物を置くことで、リゾートホテルのような癒しの空間に。木陰で昼寝をしているような、気持ちのよい眠りにつけそう。

ダイニングセットの近くに観葉植物を置くのもオススメ。窓を開ければ大きな葉がやさしく揺れて、心地よい風を招き入れます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK