大人ですから。ルームウェアで家でもおしゃれに快適に

大人ですから。ルームウェアで家でもおしゃれに快適に

ルームウェアも自分なりにこだわってスタイリッシュなタイプを選ぶべき。その理由を解説しつつ、自分用、ギフト用、初心者用というタイプ別におすすめブランドもご紹介。

平 格彦

2018.12.12

パジャマ・ルームウェア

大人の男はルームウェアにもこだわりたい

ルームウェアとは部屋で着る服のこと。部屋着なので手を抜きがちですが、実はスタイリッシュなルームウェアを選ぶといろいろとメリットがあります。もっとも大きなポイントは、生活やライフスタイルもスタイリッシュに思えること。みすぼらしい部屋着を着ていると、自分自身までそんな存在になった気がしてしまうので、ルームウェアにこだわるべきです。またおしゃれなルームウェアなら、少しアレンジするだけでワンマイルスタイルとして街に出ることも可能になります。さらに、スタイリッシュなルームウェアなら旅先でもそのまま活用できて便利です。

ルームウェア選びで押さえたいポイント

あくまで本分は部屋でリラックスして過ごせること。ですから、ルームウェアには快適な触感や着用感が欠かせません。シルエットにも余裕があれば、いっそうリラックスできます。さらに当記事では、セットアップで着用できることも条件として追加。なぜなら、コーディネートで悩む必要がなくなるからです。パンツだけ履き替えてアレンジすることも考慮し、単体で使いやすいシンプルなデザインを選ぶとユーティリティに使えます。そんなルームウェアなら、急な来客でも慌てる必要はなく、そのまま対応することもできますよね。

こだわる大人たちへ。おすすめのルームウェアブランド

条件を把握しても、いざ選ぼうとするとその豊富なラインアップに驚くでしょう。そこで、3つのタイプ別にこだわる大人も納得のアイテムを紹介します。

▼タイプ1:自分で買いたいおしゃれルームウェア

ルームウェアを探す際の手掛かりとなるおすすめのブランドをピックアップ! まずは、自分用のルームウェアを探す際におすすめの好バランスなブランドを8つに絞って紹介します。

ブランド1『ブルーミングフロア』モコモコふわふわあったかボタンカーデ

吸収性と速乾性に優れる優しいタッチの生地を使ったルームウェアコレクションを展開しているブランド。心まで寛げるアイテムを追求しています。カーディガンとパンツは別売りですが、いずれもブランドを象徴する生地を起用。ネイビー×ホワイトのボーダー柄が爽やかなフレンチテイストを振りまきます。単体使いでコーディネートに組み込みやすいのも魅力。

ブランド2『ウンナナクール』もこもこボーダー パジャマ

レディースのアンダーウェア中心のブランドですが、その知見を生かしたメンズアイテムも展開。たとえばここで着用している上下セットのパジャマ。シンプルなデザインなのでルームウェアとしても持ってこいです。トップスは両面ともフランネル生地で温かい着心地。ボーダー柄の面はモコモコした表情に加えて凹凸もあり、見るからに温かそう。パンツはスムース生地でなめらかな着用感。フレッシュな色使いも『ウンナナクール』の魅力です。

ブランド3『ウイング』あたたかくふわふわな裏シャギー パジャマ

こちらも女性用の下着をメインに展開している『ワコール』の姉妹ブランド。笑顔あふれる毎日をサポートしてきたノウハウを生かし、高品質でデザイン性の高いメンズアイテムもリリースしています。この上下セットは本来パジャマですが、シンプルなのでワンマイルウェアとしても重宝。とくにトップスはジップアップ仕様で、ライトアウターとしても着回せます。シャギー感のある裏地がフワフワで温かい触感を約束。

ブランド4『カルバンクライン アンダーウェア』 ロングスリーブスウェットシャツ

ボクサーパンツ型のアンダーウェアで一世を風靡したブランド。ルームウェアとして最適なスウェットにも、アイコニックなロゴ入りのゴムバンドが裾部分に採用されています。ゆったりしたサイズ感とコットンメインの薄手生地が快適な着心地の源。同じ生地を使った ジョガーパンツ も別売りでリリースされていますから、セットアップとして活用を。

ブランド5『ディーゼル』ジップアップスウェットパーカー

言わずと知れたイタリア発のプレミアブランド。そのトータルなコレクションには、ワンマイルウェアに適したアイテムも少なくありません。このスウェットパーカーもそのひとつ。袖のラインと控えめな左胸のロゴ刺繍がさり気なく主張しています。別売りのセットアップパンツを組み合わせれば、ハンセンスなルームウェアやスリーピングウェアとして活用できます。

ブランド6『エフアールツー』パイル地ルームウェア

テーマは”We are Fxxking Rabbits”。ライカを手にしたウサギのカメラマン“FR2”のアパレルラインは、いまやグローバルな人気を誇っています。そのルームウェアシリーズから、パーカーとショーツのセットアップをセレクト。リラックスしている時間をイメージして作られたモコモコのパイル地が快適な着心地をもたらしてくれます。ホワイトの無地なので着回しやすい汎用性も優秀。

ブランド7『チャンピオン』ボアスウェットセットアップ

リバースウィーブのスウェットアイテムがあまりにも有名なアメカジの王道ブランドですが、そのテイストを継承したルームウェアも狙い目です。このセットアップもスウェット地ですが、裏面がボア生地になっているのが特徴。温かくてソフトな着心地を確約してくれます。全体的にはシンプルなデザインですが、おなじみのアイコンがきちんと効いているのもポイントです。

ブランド8『コーエン』ニットフリースクルーネック

『ユナイテッドアローズ』のグループが展開しているカジュアルブランドの『コーエン』は、“イージーシック”がコンセプト。トレンド感を適度に取り入れたアイテムをリーズナブルな価格帯で提案しています。スウェットライクなトップスはニットフリースを採用。厚みがある裏起毛の生地は温かく、ストレッチ性があるので動きやすさも抜群です。同じ生地を使った「 スリムテーパードイージージョガーパンツ 」とのセットアップスタイルも楽しめます。

▼タイプ2:プレゼントで喜ばれる、“ちょっと良い”ルームウェア

次に紹介するのは、ギフトとしても喜ばれるようなブランド。ルームウェアで人気のブランドに加え、快適性を追求した少し高価なブランドまでセレクトしたので、贈る相手や状況に合わせて選んでみてください。もちろん、自分へのご褒美として選んでもOK!

ブランド1『ジェラートピケ』ジェラート 2ボーダーショールカーディガン

もっとも人気があると言っても過言ではないルームウェアの定番ブランド。“お部屋の中のファッション”として、着る人のライフスタイルに合うルームウェアを提案しています。ふんわりしてソフトな“ジェラート素材”を使用しているのが大きな特徴。デザインが豊富で女性からも高い支持を得ています。このショールカーディガンもジェラート素材を使用。シックなデザインで大人っぽく着こなせます。 同じ柄のパンツ もぜひチェックしてください。

合わせて読みたい:
ジェラートピケのルームウェアが、大人の男にも似合っちゃうんです

ブランド2『ボッコ』ループバックオーバール

新しいスタイルのアンダーウェアを提案している注目ブランド。着る人の肌感性に響き、精神的な豊かさを与えられるようなプロダクトを追求しています。赤ちゃん用の肌着として開発されたスマイルコットンを使用しているのが特徴で、このオーバーオールにも使用。パイルの面を内側にすることで、柔軟で軽やかな着心地を実現しています。シンプルなデザインなのでタウンユースとして適任。

ブランド3『スリードッツ』べロア クルーネック

カリフォルニア発のプレミアムなカットソーブランドで、ハリウッドセレブも愛用。ピュア、エフォートレス、ラグジュアリーという3つの意味がブランド名に込められています。高いフィット感と柔らかい素材感で圧倒的な着心地を実現。このクルーネックトップスもソフトなベロア生地を起用していて、 同じ素材のイージーパンツ を組み合わせると品良く仕上がります。

▼タイプ3:やっぱり低コストはうれしい。プチプラルームウェア

高価なルームウェアだとリラックスできない……、ということであればコストの面でも気を緩めることができるバリュープライスのブランドをご紹介しましょう。上下セットなのに5,000円代以下で手に入るコスパの高いブランドを厳選!

ブランド1『ピーチジョン』メンズグッドスリーピィフリースパジャマ

アンダーウェアが中心の女性向けブランドとして有名な『ピーチジョン』ですが、実は男性向けのアイテムもラインアップしています。これはふんわりしたフリース製のパジャマですが、デザインがシンプルなのでワンマイルウェアとしても重宝。左胸の“LET ME STAY IN BED”というロゴは、部屋でゴロゴロ過ごすのが好きな人の気持ちを代弁してくれています。

ブランド2『リブインコンフォート』ダブルガーゼのパジャマ

ネーミングの通り、快適な着心地にとことんこだわり、毎日を楽しくするカジュアルファッションを提供しているブランド。旬な要素も適度に取り入れていて、このセットアップではトレンドのトラッドなチェック柄をパンツで採用しています。また、トップスのシャツにも旬なオープンカラー仕様が取り入れられていますので、そのまま着用すれば今季的なムードに。コットン100%で着用感は当然コンフォータブルです。

ブランド3『パワートゥーザピープル』セットアップスウェット トートバッグ付き

長袖Tシャツ、イージーパンツ、トートバッグの3点セットで3,780円という驚きのプチプライス! シンプルなだけでなく、ロンTは裾の部分がフェイクレイヤードになっていてデザイン性も優秀です。さらに、パンツの9分丈も今どきな設定。セットアップをトートバッグに詰め込めば、旅行などで大活躍してくれます。“楽しい日常着”を提案するブランドらしいコスパの高い逸品です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

    平 格彦

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    BACK