大人の装いへの近道。モダンなアメカジブランド5選

大人の装いへの近道。モダンなアメカジブランド5選

アメカジブランドを格好よく着こなせてこそ、大人ですよね。今回は、定番のアメカジを今っぽい着こなしにアップデートしてくれるマストなブランドを紹介します!

まつお ありさ

2016.02.05

アメカジファッション

懐古主義なだけでなく、程良く今っぽさのあるブランド選びが大切

古くから愛用し続けてきたブランドや、ここ数年立ち上がった新しいブランドでも、大切にしたいのは程良い“今っぽさ”。アメカジを着こなすにしても、ミニマムなデザインや、コンパクトなサイジング、使いやすい色づかいなど旬のムードに注力しているブランドを選びましょう。

ブランド1:『ウールリッチ』

ブランド1:『ウールリッチ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アメリカ最古のブランドとして名高い『ウールリッチ』といえば、一生モノのダウン。ー40度の環境にも耐えうる名作として開発され、ファッション大国イタリアでも人気を博しました。180年もの歴史が誇る伝統と品質、いつの時代にも愛されるモダンなスタイルが常に注目され続けている名ブランドです。

ブランド1:『ウールリッチ』 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

短い着丈、コンパクトなデザインで着ぶくれせずスマートに着こなすことができる定番アウター。フォーマルにもカジュアルにも活躍する万能さこそ愛される理由。

ブランド1:『ウールリッチ』 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

スーツの上から羽織っても都会的な印象に仕上げてくれる色づかいがカギ。体にフィットさせるために立体的なデザインへと進化したこともカギ。

ブランド1:『ウールリッチ』 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ネイビー×白を基調とした大人カジュアルには欠かせない鉄板コンビとも相性抜群。程良い着丈とサイジングが、どんな着こなしにもハマる汎用性の高さを物語っています。

ブランド2:『ジーエイチバス』

ブランド2:『ジーエイチバス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

”バス”の愛称で親しまれているシューズブランド。上質なレザーと熟練の職人が最高のシューズを作ることをポリシーとしているバスは、世界で最初期に誕生したローファーのウィージャンズを発表したことで一躍有名に。今では『ジーエイチバス』といえばローファーという代名詞がついているほど。

ブランド2:『ジーエイチバス』 2枚目の画像

WEARWEAR

マリンボーダーのニットがアクセントになったモノトーンコーデ。カジュアルなジャケパンスタイルの足元にはローファーをあわせてフレンチシックな装いを引き締めて。

ブランド2:『ジーエイチバス』 3枚目の画像

WEARWEAR

キャップ、ジャケット、BDシャツのアメカジアイテムをふんだんに取り入れた着こなし。ブラウンのローファーが着こなしに重厚感を与え、大人感を演出しています。

ブランド2:『ジーエイチバス』 4枚目の画像

WEARWEAR

だらしなく見られがちな上下スウェットを旬に着こなすなら、ローファーでキメてみて。細身のスウェットパンツには白ソックスとローファーがよくお似合いです。

ブランド3: 『オアスロウ』

ブランド3: 『オアスロウ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

オリジナリティのある服を吟味し、もの作りをすることをコンセプトに、ワークやミリタリーから派生するアイテムを独自のフィルターを通してアップデートし続けている『オアスロウ』。メンズ、レディースを問わず、デニムやチノパンなどが定番アイテムとして人気で、細部にいたるまでこだわりぬかれたクオリティの高さに定評があります。

ブランド3: 『オアスロウ』 2枚目の画像

WEARWEAR

1950年代にアメリカで作られたカバーオールをベースにデザインされた、ヴィンテージ感のあるカバーオール。このようにワーク感が強いアイテムは、モノトーンコーデでミニマムにまとめるのが正解。ゆったりしたデザインなので下に着込んでも動きやすい。

ブランド3: 『オアスロウ』 3枚目の画像

WEARWEAR

白×カーキの色合わせが今っぽい。定番のファティーグパンツはすっきりとした細身のデザインが魅力。ゆるめのトップスやリラクシングなアイテムと合わせるのもおすすめ。

ブランド3: 『オアスロウ』 4枚目の画像

WEARWEAR

パーカー×デニムが潔いアメカジの定番スタイル。『オアスロウ』の代表作ともいえるデニムは裾を軽く折ってはくとこなれた雰囲気に。小細工はせず、シンプルにまとめるのが◎

ブランド4:『スクーカム』

ブランド4:『スクーカム』

DELICIOUS DELUXEDELICIOUS DELUXE

肉厚なレザーと目の詰まったウールメルトンはMade in USAそのもの。アメカジファッションの代表的アイテムであるスタジャン、ニットなどを一貫して作り続けている『スクーカム』は1940年代から地元の大学用にスタジアムジャケットの生産を開始。生産工程のすべてを当時のまま守り続けている伝統技術も魅力的。

ブランド4:『スクーカム』 2枚目の画像

WEARWEAR

男らしい無骨な黒とグレーのコントラストが目を引く着こなし。ウール素材の細身のパンツを合わせることで、きれいめな着こなしに昇華している。白ソックス使いも◎。

ブランド4:『スクーカム』 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

スタジャンとフード付きパーカーは相性抜群。ホワイト×ネイビーのあわせ技で、重くなりがちなスタジャンを軽快な印象にアップデート。コンパクトなサイジングも◎。

ブランド4:『スクーカム』 4枚目の画像

WEARWEAR

スタジャン本来の着こなしを、ホワイトデニムを合わせることで旬な装いに昇華。色数を減らし、白の面積を多めに取り入れることで爽やかで清潔感のあるアメカジが完成。

肉厚のスタジャンとスキニーパンツで新鮮なバランスに。インナーにも白を取り入れ、スタジャンが持つ無骨な印象をやわらげています。

ブランド5: 『コンバース』

ブランド5: 『コンバース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アメリカ生まれのスニーカーブランドとして世界中に愛されている『コンバース』。雨や雪の中でも作業ができるラバーシューズの製造がその始まりだそう。その後発案されたバスケットボール専用シューズがオールスターで、当時と現行のデザインはほとんど変わらないというのだから完成度の高さに驚かずにはいられない。

ブランド5: 『コンバース』 2枚目の画像

WEARWEAR

ブラック、グレー、ホワイトのモノトーンを軸としたシンプルな着こなし。ハイカットが見えるよう裾をロールアップするのはお決まりのテク。

ブランド5: 『コンバース』 3枚目の画像

WEARWEAR

スカジャンと『コンバース』オールスターのアメカジコーデ。白と黒のモノトーンなら、野暮ったくなりがちなアメカジがモードっぽくも見える。真っ白なコンバースは差し色にもなる。

ブランド5: 『コンバース』 4枚目の画像

WEARWEAR

リラックス感漂うスウェットを主役にシャツを合わせた大人カジュアルな着こなし。白のジャックパーセルを合わせることで、爽やかなあか抜け顔にアップデート。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK