服を選ばない、買って間違いなしのスエードチャッカ

服を選ばない、買って間違いなしのスエードチャッカ

2〜3アイレットのシンプルな外羽顔でコーデ万能なチャッカブーツ。また表情が和らぐスエードならより服を選びません。そんなスエードチャッカ、鉄板の名作がこちらです。

桐田 政隆

2015.02.27

ブーツ
チャッカブーツ

一足持っておけば、玄関で履く靴に悩むこともなくなるはず

チャッカブーツ

スエードのチャッカブーツといってもいろいろなブランドからリリースされていますが、万人におすすめできる定番といえばこの3足が挙げられます。ただいずれもフォルムも違えば、ソールの種類も違います。とはいえ万人にすすめられる、つまりスタイルを選ばないという共通性があり、1足持っておくと必ずや重宝するはずです

合わせて読みたい:
チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

Part1『クロケット&ジョーンズ』 チャートシー

50年以上愛され続け、同社でも1、2を争う人気モデル。魅力は何といってもエレガントかつ履きやすい「224」ラスト。カジュアルな服装に合わせるとドレスアップ、スーツに合わせるとほどよくドレスダウンしてくれるフォルムは、“魔法のラスト”の異名を持つほどです。また快適な内振りのラストなど細部も見所満載です。

Part2『チャーチ』ライダー 3

同社らしい丸みのあるトウが特徴的な、「81」ラストのチャッカブーツ、ライダー。同足にはライダーとライダー 3があり、前者はクレープソール、後者はダイナイトソールです。それゆえライダー 3は雨にも強く、印象もシャープ。実用性で選べばこっちかも。また映画「007」でJ・ボンドが履いたのも 3の方だそうですよ。

Part3『クラークス』デザートブーツ

言わずと知れた『クラークス』の名作、デザートブーツ。厳密にはチャッカブーツとは違うのですが、鉄板の名作として外す訳にはいきません。定番のサンドスエード、コーラスエードなども良いですが、日本未展開の深みのあるオリーブなんかもおすすめ。これもまたC・F・ステッド社の味わい深いスエードの表情を楽しめます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK