山男に見せない!クライミングパンツの着こなし方

山男に見せない!クライミングパンツの着こなし方

人気のクライミングパンツをはいて、「登山でも行くの?」なんて声を掛けられたらショックですが、着こなしを見直すチャンス。都会的に取り入れれば、一気にあか抜けます!

平 格彦

2016.02.03

ボトムス
クライミングパンツ
冬の着こなし・コーデ

改めておさらい。クライミングパンツとは

改めておさらい。クライミングパンツとは

ZOZOTOWNZOZOTOWN

“クライミングパンツ” はその名の通り “登山 (クライミング)” 用のパンツ。ゴム入りのウエスト、着脱しやすいウェビングベルト、180度くらいは開脚可能な股下のガゼットクロッチなど、機能的なディテールを搭載しています。従来はキャンバス、チノ、ギャバジンといった丈夫で厚手なコットン地を用い、フロントは膝下まで二重の仕様になっていました。しかし最近は機能的な素材が増え、バリエーションも拡大しています。

”いかにもアウトドア”に見せない。クライミングパンツの取り入れ方

アウトドア系のアイテムを使ったコーディネートは、本気で山登りに行くように見えてはNG。タウンユースな着こなしとして、スタイリッシュにまとめなければなりません。クライミングパンツに関しては、スリムなシルエットを選ぶのが基本。色使いもクールにまとめるとスマートです。お手本を紹介しますので、ぜひ参考に!

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に

ZOZOTOWNZOZOTOWN

本格派のアウトドアスタイルは、あえて目立つように原色や柄物を取り入れるのが常。ということは、その逆を狙えばタウンユースに仕上がります。アーバンなアウトドアスタイルは最近人気の着こなしでもあるので、目指さない手はありません。クライミングパンツは、グレーを中心に選ぶと着こなしやすくて重宝します。

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に 2枚目の画像

WEARWEAR

カットソー地を使ったクライミングパンツは、シルエットが美麗で都会的。ホワイトを効かせつつ、黒いダウンジャケットで締めて今季らしいムードに仕上げています。

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に 3枚目の画像

WEARWEAR

色使いが新鮮。クライミングパンツこそブラックですが、マウンテンパーカーとスニーカーはホワイトなので、クリーンな印象です。グレーのインナーののぞかせ方も好バランス。

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に 4枚目の画像

WEARWEAR

ダウンジャケットにクライミングパンツに合わせて着こなしも、モノトーン基調ならこんなにもシック。コントラストが効いたニットとスニーカーが抜群のアクセントに。

ポイント1:全身をモノトーンでまとめてアーバンな印象に 5枚目の画像

WEARWEAR

ダウンベストを用いつつ、クライミングパンツを含めた主役級のアイテムをダークトーンにすることでシックにまとめた好例。白やグレーも効いているので軽快な印象です。

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に

ZOZOTOWNZOZOTOWN

旬なチェスターコートを筆頭に、着丈がロングなアウターはどこかエレガント。登山用の着こなしでは用いないアウターなので、そのミスマッチが新鮮で都会的です。シックな印象をさらに強調するなら、クライミングパンツはグレーがイチ押し。スラックス感覚で合わせることできると同時に、適度なこなれ感も匂い立ちます。

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に 2枚目の画像

WEARWEAR

ブラックのチェスターコーがドレス感を漂わせているスタイリング。ライトグレーのクライミングパンツやホワイトのインナー&スニーカーが軽快さを加味しています。

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に 3枚目の画像

WEARWEAR

ブラック~グレーでまとめたダークトーンの装いを、レザーシューズによって一層落ち着かせたのがポイント。クライミングパンツなどの抜け感が、こなれた印象の要因です。

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に 4枚目の画像

WEARWEAR

ロング丈のアウターは、モッズコートという選択肢もあります。一気にミリタリー感が充満しますが、細身でグレーのクライミングパンツなら大人っぽくまとまります。

ポイント2:ロング丈のアウターを合わせて上品に 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

王道のトレンチコートを合わせても、クライミングパンツならどこか新鮮。スリムなシルエットや短めのパンツ丈といった持ち前のフォルムが今季らしさを引き立てます。

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす

ZOZOTOWNZOZOTOWN

今年は加工ジーンズが注目を集めています。ということで、そんな表情を持ったクライミングパンツもおすすめ。つまり、色落ちしたデニム地を使ったスリムなクライミングパンツを選び、こなれ感のある着こなしを目指すべきです。通常のジーンズにはない立体的な裁断やウェビングベルトなどが、新鮮なムードを醸してくれます。

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす 2枚目の画像

WEARWEAR

MA-1とスニーカーをネイビーで揃え、インディゴブルーのパンツを含めて全身ブルー系で上品に。クライミングパンツであることをウェビングベルトが主張しています。

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす 3枚目の画像

WEARWEAR

ストレッチデニムを用いたスキニーなクライミングパンツなので、非常にモダンな雰囲気。ダウンジャケットを合わせたシンプルな着こなしも、どこかあか抜けて見えます。

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす 4枚目の画像

WEARWEAR

色落ちのないデニム地を用いたクライミングパンツが上品。パーカーにボーダー柄カットソーを合わせただけのシンプルな着こなしも、細身のパンツだとスタイリッシュです。

ポイント3:デニム地のクライミングパンツで無造作にハズす 5枚目の画像

WEARWEAR

岡山産のデニム地はヴィンテージ感も圧巻。ほぼジーンズですが、クライミングの仕様ではき心地がよく、シルエットもスリムです。パンツ以外はモノトーンでシックな印象に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK