大人アメカジの代表!ワークコーデは清涼感を意識して

大人アメカジの代表!ワークコーデは清涼感を意識して

デニム、チノパン、軍パンなど、ラクな着用感のアイテムは野暮ったく見られたり、清潔感がないように見られることも。せっかくならひと味違うアメカジを目指しましょう!

まつお ありさ

2016.02.04

春の着こなし・コーデ
アメカジファッション

アメカジと言えばワークスタイル。けど、大人なら清涼感もキープして

アメカジの定番と言えるワークスタイル。デニムやチノパンに代表されるワークパンツや、作業靴として親しまれてきたブーツなどを取り入れた男臭い着こなしをイメージする人も多いと思います。しかし大人がスタイリングするならば、清潔感や清涼感も大切なポイント。ほんの少しのコツを押さえて、大人のアメカジを楽しみましょう。

ポイント1:サイジングにこだわる

パンツが太めならトップスはタイトめを選ぶ、またはその逆も然り。同じアイテムを着用していたとしてもサイジングひとつで印象は大きく変わります。上下のバランス、いい意味での強弱を持たせることで野暮ったくなりすぎず、清涼感のあるスタイルが生まれます。

ポイント1:サイジングにこだわる

WEARWEAR

嫌みのない今っぽさと清潔感を兼ね備えたテーパードがかった9分丈のチノパンは優秀。子供っぽくなりすぎないよう、トラッド要素も加えながらバランスを調整して。

ポイント1:サイジングにこだわる 2枚目の画像

WEARWEAR

太めの軍パンには、コンパクトなトップスを合わせてすっきり見せるのが成功のカギ。トップスのグレーは、大人らしい落ち着いた雰囲気を持たせてくれるので要チェックです。

ポイント1:サイジングにこだわる 3枚目の画像

WEARWEAR

カーキのチノパンは細身の丈短をチョイスし美シルエットを意識。クリーンな印象を与えるベージュを羽織ってマイルドな着こなしに。足元はローファーで紳士感をプラス。

ポイント1:サイジングにこだわる 4枚目の画像

WEARWEAR

濃紺な細身のストレートデニムはきれいめスタイルに合わせやすいマストアイテム。チェックシャツやカーディガンはコンパクトにまとめ、清潔感漂うアメカジスタイルに格上げ。

ポイント1:サイジングにこだわる 5枚目の画像

WEARWEAR

細身のストレートデニムの裾を大胆に折返し、足元に遊びを効かせた小技はすぐに真似たいところ。ベタなアメカジアイテムはテイストを混ぜることで脱ストリート感を狙うのがポイント。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる

上品なアイテムを投入すると、ワークアイテムが持つ土臭さが払拭されます。まずは手始めにレザーシューズやシンプルなスニーカーから合わせてみるのはいかがでしょう。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる

WEARWEAR

太めのオリーブ軍パンにレースアップシューズを合わせて、ワークスタイルをタウン仕様にアップデート。トレンドのハイネックトップスで今っぽさも忘れずに。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる 2枚目の画像

WEARWEAR

大人の男性と言えばテーラードジャケット。シンプルなアメカジコーデにサラッと羽織るだけで清潔感と大人らしさを加えてくれるので、足元にスニーカーを選んでも安心。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる 3枚目の画像

WEARWEAR

ウォッシュド加工が効いたデニムに、トレンチ、シャツ、レザーシューズを合わせてドレスアップを狙って。首もとと足元に白を散らしてさりげない清潔感も演出しているのがお見事。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる 4枚目の画像

WEARWEAR

カジュアルづくしに見える着こなしですが、センタープレスと光沢感がある細身のパンツを合わせることで奥行きのあるスタイルに。渋めのワントーンで仕上げるた点も◎。

ポイント2:上品なアイテムと合わせる 5枚目の画像

WEARWEAR

ギンガムチェックシャツとローファーを投入してドレス感を加味したスタイルに。ジージャンの下にシャツを着るだけできちんと感が高まります。色のバランスもお見事です。

ポイント3:色数を減らしてみる

色使いが多いモノを合わせるほど派手な印象になって、何が主役で何を引き立てたいのかが分からなくなってしまいます。大人カジュアルをつくるためには、色数の調整も忘れてはいけないポイント。2~3色に抑えるだけでシンプルで軸のある装いにまとまりますよ。

ポイント3:色数を減らしてみる

WEARWEAR

黒、ベージュを基調とした着こなしに、白い靴下でハズしてほどよいゆるさを加えています。首もとからチラ見せしたギンガムチェックのシャツも、アクセントとして効いてますね。

ポイント3:色数を減らしてみる 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

黒とベージュでメリハリを効かせたスタイル。カジュアル感が強いチノパンは、黒色を相棒に選ぶのが大人カジュアルのカギ。差し色にした赤いリュックでこなれ感もUP。

ポイント3:色数を減らしてみる 3枚目の画像

WEARWEAR

無骨な印象が強い黒×カーキ。白いスニーカーを合わせれば清涼感が一気に増してクリーンな印象に大逆転。オーセンティックなアイテムはシンプルコーデを格上げしてくれます。

ポイント3:色数を減らしてみる 4枚目の画像

WEARWEAR

スウェットパーカーとデニムパンツという、いかにもアメカジな着こなしながら、クリーンな印象が漂っています。その理由は、ジャストサイズのトップスとデニムパンツの着丈にあるのです。体のシルエットに沿うサイズ感で着こなせば、カジュアル色を抑えられる好例! トップスとスニーカーの色合わせも◎。

ポイント3:色数を減らしてみる 5枚目の画像

WEARWEAR

ネルシャツとデニムは、アメカジの代表コーディネート。サイジングやワントーンの着こなしで大人らしいムードを演出することに成功しています。オールブラックでありながら、シャツの控えめな柄やパンツの色合いでこなれ感も両立している点も巧いですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK