ひと目でわかる! 日本のアメカジ文化の系譜

ひと目でわかる! 日本のアメカジ文化の系譜

ファッションの歴史を知ることがセンスアップの近道。では、みんなの定番であるアメカジはどんな変遷を辿ってきたのでしょうか。当時に近い着こなしでなぞってみました。

平 格彦

2016.01.31

アメカジファッション

60年代のアイビースタイル

アメリカ東部の名門8大学 (=アイビーリーグ) の学生に見られる伝統的で正統派の学生スタイルが原型。日本では1950~60年代にかけて流行し、2000年代にも進化形がトレンドとなりました。ネイビーのブレザー、スタジャン、ニット、レタードカーディガン、ボタンダウンシャツ、コインローファーなどが代表的なアイテム。

60年代のアイビースタイル

WEARWEAR

お気に入り追加

『ジェイプレス』のブレザーや『リーガル』のコインローファーなど、王道ブランドの象徴的アイテムばかりをセレクトして築いたオーセンティックなアイビースタイル。

60年代のアイビースタイル 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ブレザーとシャツはヴィンテージ品。その他のアイテムも『オールデン』のローファーや『ブルックスブラザーズ』のタイといった正統派です。肩に巻いたニットがアクセント。

60年代のアイビースタイル 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

レタードカーディガンにギンガムチェックのシャツを合わせつつ、タイドアップして品のよい学生風スタイルに。ストレートジーンズ×ローファーの組み合わせも上品です。

70年代のヒッピースタイル

ヒッピーは、1960年後半ごろから台頭した反体制・自然賛美派の若者たちのこと。ラブ&ピースを掲げ、東洋哲学に耽り、物欲主義に背を向けるライフスタイルを実践していました。インド的な民族衣装やサイケデリックな要素がアイコン。長髪やヒゲも特徴的です。そんな外観を取り入れたのがヒッピースタイルです。

70年代のヒッピースタイル

WEARWEAR

お気に入り追加

ベルボトムのジーンズもヒッピースタイルの代表アイテム。ネイティブ柄のアウターを合わせることで、ムードを高めています。ツバが広めのハットで今っぽさもブレンド。

70年代のヒッピースタイル 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

民族調の柄入りパンツが目を引くスタイリング。ヒッピースタイルではベストも多用されていましたが、それを現代に置き換えて着こなしています。白いシャツで品格も上乗せ。

70年代のヒッピースタイル 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ビーズのネックレスもヒッピースタイルを連想させるアイテム。ワイドなパンツやロングブリムのハットを選ぶことで、ヒッピーに通じるリラックス感を演出しています。

80年代の渋カジ

“渋カジ” は “渋谷カジュアル” の略。渋谷に集まる大学生や高校生たちの間で誕生した日本独特のスタイルで、1980年代の後半に広まっていきました。流行に合わせて細かい変化が見られたものの、ポロシャツ、ジーンズ、ローファーなどが軸。プレッピースタイル (アイビースタイルの高校生版) がベースと言われています。

80年代の渋カジ

WEARWEAR

お気に入り追加

アイビーでも用いられたネイビーのブレザーですが、渋カジでは “紺ブレ” という愛称で重用されてしました。スウェットパーカーなどで着崩すのがひとつのスタンダード。

80年代の渋カジ 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

カレッジロゴも象徴的なエッセンス。ジーンズやチノパンを合わせるのが定番です。カジュアルなのにどこか品のよさも感じさせるコーディネートが渋カジ初期の特徴です。

80年代の渋カジ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

映画『トップガン』の影響でMA-1も大流行。N-3BやM-65といったミリタリー系アウターも渋カジで多用されていました。『リーバイス』などのジーンズを組み合わせるのが王道。

90年代のウエスタン系

モノや情報が溢れ始め、流行のスタイルも細分化。“渋カジ” は原点のきれいめを強調した “キレカジ” と、不良性を高めた“チーマー系” などに分かれました。アメカジ感が強いのは後者。ランチコートやジーンズ、ウエスタンブーツやインディアンジュエリーなどが象徴的であることから “ウエスタン系” と呼ぶこともできます。

90年代のウエスタン系

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ランチコートが主役。“ランチ” は “牧場” の意味です。『リーバイス』のジーンズに加え、『コンバース』のスニーカーや『レッド・ウィング』のブーツを合わせるのが基本形。

90年代のウエスタン系 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ウエスタンブーツとユーズドジーンズの組み合わせは王道。シャツやハットもウエスタンなムードの演出に貢献しています。ボリュームあるアクセサリー類も当時を連想させます。

90年代のウエスタン系 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

日本製インディアンジュエリーの先駆者『ゴローズ』。今でも行列ができる人気ブランドですが、1990年代前半もオーダーが殺到していました。デニム素材との相性は抜群です。

2000年代のミックススタイル

スタイルはますます多様化。グランジや裏原系など、アメカジ系のストリートファッションは枝分かれして淘汰を繰り返しました。2000年代に入ると個人的センスも尊重されるようになり、ヴィンテージ品とブランド品を融合するスタイルが台頭。カジュアルとドレス、ロックとフォークロアなど、テイストもミックスされるように。

2000年代のミックススタイル

WEARWEAR

お気に入り追加

ドレッシーでフォーマルなブラックジャケットに、カジュアルでヴィンテージ調のブルージーンズを合わせたミックススタイル。セレブやショップスタッフが着こなしのお手本に。

2000年代のミックススタイル 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

アウトドアミックスのスタイル。リアルなヴィンテージ加工のブルージーンズに、『パタゴニア』のフリースベストを合わせながら、全体的には大人っぽくまとめています。

2000年代のミックススタイル 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

架空のサッカーチームを想定した『ソフネット』の別ライン『エフシーレアルブリストル』が1999年に登場。その後、『ナイキ』とのWネームに進化し、スポーツミックスも人気が上昇。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK