1万円台で手に入る。上質なジャベツクリフのベルト

1万円台で手に入る。上質なジャベツクリフのベルト

英国王室にも認められたジャベツクリフのベルトなら、上質な仕上がりにも関わらず1万円台で入手可能。その魅力とともに、ぜひとも手に入れたいアイテムを紹介します。

大中 志摩

2016.01.28

ジャベツクリフ(Jabez Cliff)
小物
ベルト

『ジャベツクリフ』とは

1793年の創業以来、約200年にわたって高品質な馬具や革製品などを作り続けているブランド。伝統ある同ブランドのバッグやベルトは最高品質の革や材料を使い、熟練の職人が1つひとつ丁寧に作り上げている。これまでの功績を認められ、ロイヤルワラントも授与しており、オリンピック馬術競技のイギリス代表にも馬具を提供した。

『ジャベツクリフ』の魅力1:丈夫で長持ちする

『ジャベツクリフ』のベルトには、馬具にも使用される耐久性に優れた肉厚なレザーを使用しているため、非常に丈夫で長く愛用することができる。また、レザーそのものの品質も高く、熟練の職人によって丁寧に仕上げられているのでより強固な作りとなっているのだ。長く付き合えるので個性ある経年変化にも期待できる。

『ジャベツクリフ』の魅力2:馬具メーカーならではのデザイン性

馬具として使用する時の目印として刻印されている、特徴的なベルト穴の番号も馬具メーカーである『ジャベツクリフ』ならでは。さらにベルトホールがしずく型になっているのもポイントだ。全体的にすっきりとしたシンプルなデザインなので、ビジネスからカジュアルまで幅広い着こなしで活躍してくれる。

『ジャベツクリフ』の魅力3:コストパフォーマンス

品質も高く、ロイヤルワラントとして認められているにもかかわらず、手ごろな価格で購入できるというのも見逃せないポイント。ショップによって上下するものの、1万円台で購入することができる。1万円台でこのクオリティを実現しているブランドはなかなか見かけない。

『ジャベツクリフ』の魅力4:愛用するほどに自分だけの色に染まる

『ジャベツクリフ』のベルトは品質が高く耐久性に非常に優れているので、ガシガシとラフに愛用することができる。では、使い込むことでどのように表情が変化していくのかを見ていこう。

ベルトの端をあえてベルトループに通さずにベルトとパンツの間から出すことでクセをつけて動きを出した。肉厚なのでゆっくりとクセがついていくのでほかのベルトでは表れにくい独特のクセを作り上げることができる。

長年愛用するとこんなにも革が柔らかくなるので、垂らしてアクセントとしても活用することが可能。さらに、水分を吸収することで表れるムラも個性のひとつとして独特の表情を作り上げている。

このように、着用することでついた小さな傷なども味のひとつとして楽しむことができる。耐久性に優れた、このブランドならではの魅力だ。レザー部分だけでなくバックル部分も、摩擦などにより自分だけの表情へと成長してくれる。

毎日使うのが楽しくなる、『ジャベツクリフ』のベルト5選

すばらしい魅力を備えた『ジャベツクリフ』のベルトを紹介。洗練されたデザインでどんなスタイルにも合わせることができる。ここでは、革の異なるモデルをピックアップ。それぞれ違った雰囲気が楽しめるはず。

Item1シンプルなデザインと堅牢なレザーが魅力のスティラップレザーモデル

馬具の鎧に用いられるスティラップレザーを使用したベルト。厚さ4.5mmと重厚感のあるレザーで、耐久性も抜群だ。ホール部分には馬鞍を装着するための数字が刻印されているのも特徴。バックルも馬具に使用される真鍮を使用している。

Item2上品な雰囲気を演出するブライドルレザーモデル

素材にはブライドルレザーを使用しているので、使い込むほどに味わい深い風合いが楽しめる。シンプルなデザインなのでスタイルを気にせず愛用可能。またアンティーク加工を施したバックルを使用しているのでこちらの経年変化にも注目だ。

Item3上質な風合いが楽しめるスエードモデル

ナチュラルな色合いのスエード素材を使用。シンプルなデザインなのでスエードならではの風合いが存分に堪能できる。耐久性の高い肉厚なレザーを使用しているので、馴染むまでに時間はかかるが、なじんだ時のフィット感は抜群。

Item4味わい深い経年変化を見せるヌメ革仕上げのモデル

こちらはヌメ革仕上げのレザーを使用したモデル。他モデルに比べ、経年変化がはっきりと現れるのが特徴。もちろん耐久性も抜群なので、長く愛用することができる。ベルト裏側にはブランドロゴと、「SADDLERY MADE IN WALSOL ENGLAND」の文字が刻印されている。

Item52.8cm幅のモデルならば適度な細さで使いやすさ◎

上記で紹介した4アイテムよりも幅が1cm小さくなっているのでベルトループを選ばずに愛用することが可能。幅が細くなることで見た目にもすっきりとした印象に仕上がっている。素材ごとに2.8cmモデルも展開されているので自分に合ったサイズをセレクトしたい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    テイスト別に紹介。トートバッグのおすすめブランド30選

    テイスト別に紹介。トートバッグのおすすめブランド30選

    タフさと大容量が嬉しいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

    近間 恭子

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    BACK