人気モデル&カラー別!カナダグースの最新着こなし集

人気モデル&カラー別!カナダグースの最新着こなし集

ここ数年高い人気を誇るカナダグース。街でも愛用者が溢れていますが、着こなし次第では没個性的になる恐れも。それを避けるべく、モデル別に今季流のコーデを紹介します。

Freeamericanidol編集部

2018.12.03

カナダグース(CANADA GOOSE)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
冬の着こなし・コーデ

洒落者を中心に今冬の顔アウターとして台頭した『カナダグース』。人気の傾向を探る

ここ数年トレンドから定番のアウターとして、洒落者を中心に人気を集める『カナダグース』のダウンジャケット。今シーズンも街で多くの方が着用していました。彼らをチェックすることで、今シーズン人気のモデルやカラー、そしてそれぞれの取り入れ方がわかりました。

その前に、そもそも『カナダグース』のダウンジャケットとは?という方はこちらの記事をどうぞ!
今買える15型を一挙見せ! カナダグースのダウン指名買いリスト

今季『カナダグース』のなかでも人気が高かったモデルは、ジャスパーとカムループス

定番から別注物まで、数あるモデルのなかでもとりわけ高い人気を誇るのが、ジャスパーとカムループスというモデル。どちらもブランドの顔としてファンが多く、合わせるアイテムを選ばない定番のモデルです。

人気定番モデル1:ジャスパーのモデル解説と最新着こなし集

もともと『カナダグース』の人気モデルとして君臨していたシャトーをアップデートしたのが、ジャスパーというモデル。細身のシルエットとクセのないシンプルなデザイン、そして着やすさを追求したのが人気の秘密です。また、主に肩線やボディーラインなどは丸みを帯びるように新設計されており、ジャケットの上に着用しても違和感がないよう調整されているため、オン・オフ兼用ジャケットとしてビジネスマンからも高く評価されています。さらにフロントのハンドウォーマーポケットの位置もアクセスのしやすさを考慮した高さに設置するなど、着用者のことをよく考えて作られた名作といえます。

大人のサーフスタイルを体現した着こなしは、『カナダグース』のベージュカラージャスパーと色落ちしたジーンズのカラーコンビが見事にマッチ。インナーはTシャツ一枚でも、機能性に優れた『カナダグース』なら防寒面も問題ありません。

オリーブとグレーで構築した統一感ある大人コーデ。トップスに『カナダグース』のジャスパーとニットを合わせて重量感がある分、足元はローファーで抜け感を出したのがポイントです。

ネルシャツ×ミリタリーパンツの着こなしに『カナダグース』のジャスパーを合わせたアメカジスタイル。カジュアルになり過ぎないよう、ハットやウイングチップシューズで大人っぽくまとめています。

上下スウェットのハイレベルな着こなしは、ニットキャップ、シューズも同トーンにまとめて統一感を出しつつ、ブラックカラーの『カナダグース』で程よく引き締めたのがポイント。

きれいめ要素のある着こなしにハマるのも『カナダグース』ジャスパーの魅力。ダウンジャケットとネクタイ、シューズの色味をリンクさせることで、統一感ある大人の着こなしに昇華しました。

ジャケパンコーデの上にダウンジャケットをオン。これだけで簡単に洒落者になれるのは、『カナダグース』のジャスパーならでは。

よりビジネスよりなスタイルでももちろん違和感なくハマる『カナダグース』のジャスパー。休日に限らず、ビジネスシーンにも取り入れられるのが魅力です。

人気定番モデル2:カムループスのモデル解説と最新着こなし集

特殊警察用モデル(スペシャルフォースジャケット)をベースに、骨太な定番モデルとして世界的に人気のあるコンスタブル・パーカー。これを日本仕様のスペックに落とし込んだのがカムループスです。日本人の体型を考慮した専用パターンはナローなショルダーライン、フィット感の増したボディーやスリーブラインで、ダウン製品ならではのかさばりがちなデメリットを完全に排除し、よりタイトなフォルムに仕上がっています。 また、ミリタリーライクな表情とミドル丈が相まって、日本のファッションシーンにもハマりやすいのが特徴。コヨーテファーがないシンプルなフード周りのデザインも、このモデルならでは。

フード周りのファーがないシンプルな『カナダグース』カムループスの特徴を生かして、全体的にシンプルかつクリーンにまとめた潔い着こなし。パンツとスリッポンの間に白ソックスを加えて、抜け感も意識。

カジュアルよりにまとめるなら、ニット×チェックシャツの鉄板コンビコーデに『カナダグース』の一着を取り入れて。定番のアイテムを組み合わせながらも、アラン編みとシャツの柄で表情豊かな着こなしに昇華しています。

リラックス感のあるパーカーとスウェットの組み合わせに『カナダグース』のダウンジャケットを追加。先に紹介したジャスパーと同様に、カムループスもラフな着こなしの上に羽織るだけで洒落者に格上げしてくれる優れモノです。

白系のニットにシャツ、ブルージーンズ、スニーカーと、シンプルで清潔感のある大人のカジュアルスタイル。雰囲気を崩さずに取り入れるなら、『カナダグース』のなかでもシンプルな意匠が特徴のカムループスが最適。感度の高い大人の着こなしにまとまります。

トップス、パンツともにブラックで統一することで、小物の色味を引き立てた好例。ケーブル編みが施されたニット帽で表情豊かに、彩り豊かなスニーカーで着こなしに華を与えました。

細身サイズの『カナダグース』のダウンジャケットは、太めパンツで安定感のある着こなしに。キャップやスニーカーでラフに着こなしつつも、サイズ感にメリハリをつけることでカジュアルになり過ぎないようまとめています。

モノトーンで落ち着きのある着こなしにまとめながらも、フリンジ付きマフラーを加えることで躍動感あるスタイリングに。コーデの配色は重ためですが、足元の『コンバース』オールスターで軽快な印象もアシスト。

カラー人気は1位ブラック、2位カーキ、3位カモフラ柄。大人カラーからこなれ柄まで

定番のほか別注作も含めると非常にカラーバリエーションが豊富な『カナダグース』。なかでも、今シーズン特に人気が高かったのがブラック、カーキ、カモフラ柄の3色。着回しやすい大人カラーから着こなしにこなれ感を与える個性派までランクインしました。ここからは、それぞれ今季的な着こなしをご紹介します。

1位ブラックはモノトーンベースに着こなすのが今季流

汎用性の高い『カナダグース』のダウンジャケットのなかでも着回しやすいブラックカラーは、街での着用率もナンバー1。ダウンジャケットならではのカジュアル感も、ほかのカラーと比べると落ち着いているため、ブラック・ホワイト・グレーをベースとしたモノトーンな着こなしに落とし込むスタイルが目立っていました。

『カナダグース』のダウンジャケットをメインに、パンツはグレー、足元は白スニーカーをチョイスすることで、モノトーンカラーのグラデーションになるよう着こなしを構築。計算された色づかいのグッドサンプルです。

カジュアルなイメージが強い『カナダグース』を品良く着こなした好例。革靴やスラックス、そして白のタートルネックニットでスマートな着こなしに仕上げています。活用しているアイテムは定番モノばかりですので、ぜひ参考に。

ボリューム感のあるダウンジャケットはパンツを細身にまとめて、Vラインに着こなすのがセオリー。ブラックコーデならよりサイズ感に差が出しやすく、メリハリあるスタイルにまとまりやすいです。

ウェアはもちろん、小物からシューズまでオールブラックに統一したスタイリッシュなスタイリング。パンツをロールアップして抜け感を出し、重たくなり過ぎないよう調整して。

ブラックカラーだと顔周りが暗く沈んで見える。もしくはブラックがそもそも似合わないという場合は、顔周りにホワイトやグレーを取り入れて、ブラックならではのシャープなイメージを中和して。

2位カーキは色落ちジーンズと白スニーカーで軽快に着こなして

メンズファッションに欠かせないミリタリーテイスト。今季はMA-1をはじめとしたこれに属するアイテムが流行しましたが、『カナダグース』でもミリタリーライクなカーキカラーが人気でした。着こなしで目立っていたのが、程よく色落ちしたジーンズ×白スニーカーでダウンの重量感を和らげるスタイル。アメカジルックなスタイリングにまとまるので、Freeamericanidol世代にもすんなりハマる組み合わせです。

ネイビーニットにブルージーンズ、白スニーカーと大人の爽やかコーデに『カナダグース』のダウンをオン。ミリタリーライクな表情が爽やかなムードを壊さず、着こなしに馴染みます。

デニムONデニムスタイルにダウンジャケットを加えた冬のサーフスタイル。スニーカーとニット帽の色味を統一しつつ、Tシャツは地味にならないよう色味を取り入れたコーデ全体のバランス感が絶妙。

蛍光カラーのニットが目を引く着こなしは、他アイテムをシンプルかつ主張を抑えたカラーにすることで成り立つグッドサンプル。

3位カモフラ柄は細身のリブパンツと合わせて、程よく力の抜けたスタイリングに

前述のブラック、カーキと比べるとクセのあるカモフラ柄は、他アイテムをシンプルな無地のアイテムにまとめるのがセオリー。また、ジーンズと合わせてしまうとFreeamericanidol世代にはカジュアル過ぎるので、避けたほうがベターかもしれません。そこで浮上するのが、細身のリブパンツ。リブパンツならではのリラックスしたムードが主張の激しいカモフラ柄と相まって絶妙なバランスにまとまりつつ、細身シルエットなので大人っぽさもしっかりキープしてくれます。

主張が強いカモフラ柄のダウンジャケットをリブパンツで和らげつつ、インナーにタートルネックを合わせることで大人っぽさもしっかりキープ。

ストリート色の濃いダウンジャケットに合わせてニット帽でアクティブ感を高めつつ、リブパンツで力を抜くことで大人の着こなしに昇華。

よりカジュアルにまとめるなら、ダウンジャケットをややルーズに、そしてリブパンツはしっかり細めを選ぶことがポイント。スリムなサイズ感を選ぶことでラフ過ぎず、大人っぽさを残せます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK