春から弁当男子の貴方に。こんなお弁当箱ありまっせ!

春から弁当男子の貴方に。こんなお弁当箱ありまっせ!

この春から弁当男子になる予定の貴方に、おもしろ系からハイスペックまで、さまざまな弁当箱を探してきました! あわせてチェックしたい付属アイテムもお見逃しなく。

Asami Kitsukawa

2015.03.17

キッチン用品
弁当箱

食べる量とサイズの見極めが意外と難しいんだな…

Recommend1A4サイズと同じ幅! 薄型弁当箱フードマン

厚さわずか35mmのながら、800mlのたっぷり容量がうれしい薄型の弁当箱は、ビジネスバッグで通勤するメンズにぴったり。仕切りが固定されていて洗うのも楽なので、2段重ねの弁当箱は洗うのが面倒…という人にもオススメです。

色はネイビーほか、爽やかなイエロー、ミントグリーンの3色展開。

まるで書類のようにバッグにIN! ビジネスバッグやトートなど薄型バッグの人に最適。

Recommend2専用袋がシートになるドッキング弁当箱formation

本体上下がドッキングする2段重ねのお弁当箱は、車の中でお弁当を食べる営業職に最適。専用ケースはファスナーを開けるとそのままランチシートになるので、周りを汚す心配もなし! 容量は800mlとたっぷりながら持ち運びはコンパクト。

上下のお弁当箱がカチッとくっつくので、膝の上で食べる時などに安定感があるんです。

一見、弁当箱には見えない専用袋は、デスクの上に置いておいてもOK。ランチ時にはパッと広げればマットに変身!

Recommend3社内でモテたいなら! メイソンジャーでサラダ男子

専門店がオープンするなど何かと話題のジャーサラダ。Ball社のメイソンジャーを使えば“あの人おしゃれ”という評価は間違いなし。野菜以外にも蒸鶏やゆで卵など、バランスよく重ねたサラダにすれば、意外と腹持ちします。

これが女子が飛びつくジャーサラダ。野菜や卵、ハムなどの具材とドレッシングを彩りよく重ねるのがコツ。

小粋なニットのカバー付きのタイプもあり。ドリンクや温かいスープを入れても◎

Recommend4よいモノを長く使いたいなら『工房アイザワ』の角型ランチボックス

大正11年創業の『工房アイザワ』は、ステンレスカトラリーがニューヨークの近代美術館に永久保存されるなど、海外でも評価が高いメーカー。シンプルなステンレスの弁当箱は大サイズで1000mlと大容量。ただし食洗機は使えないのでご注意を。

サイドにはしっかりとした留め金付き。内側はシリコンパッキンもあるので漏れにくさという面でも安心。

レトロな弁当箱を包むなら、フィンランドのテキスタイルブランド『フィンレイソン』のてぬぐいで。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    ヘアスタイリング剤30選。メーカー別のおすすめと選び方

    ヘアスタイリング剤30選。メーカー別のおすすめと選び方

    ヘアスタイリング剤選びに失敗しがち。そんな男性のために、ヘアスタイリング剤の選び方や、人気メーカーから厳選したおすすめの製品等を3つのパートに分けて紹介します。

    編集フカザワ

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    ポップアップテント&ワンタッチテント15選。購入する前に知りたい選び方

    ポップアップテント&ワンタッチテント15選。購入する前に知りたい選び方

    アウトドアレジャーで手軽に設営できるポップアップテントやワンタッチテントが人気急上昇。これから購入するなら知っておきたい選び方やおすすめモデルをご紹介します!

    ai sato

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    BACK