ガシガシ愛用したい!鞄・財布専業ブランドの財布10選

ガシガシ愛用したい!鞄・財布専業ブランドの財布10選

「餅は餅屋」という言葉があるように、革財布を使うなら専業ブランドのものをチョイスするのも◎。そこで今回は国内外の鞄・財布専業ブランドの財布を10種ピックアップ!

まつお ありさ

2016.01.21

財布・ケース
財布

品質や縫製に優れたブランド。つまり財布やバッグを専業とするブランドが狙い目

品質や縫製に優れたブランド。つまり財布やバッグを専業とするブランドが狙い目

よくお目にかかる革ブランドやハイブランドのものもいいけれど「正直なところ、人とかぶりたくないんだよなぁ」とお考えの方も多いですよね? でも、財布やバッグを専業とするブランドなら狙い目かも。さらには品質や縫製の技術力にも優れていたり、アフターケアまで万全だったりと安心できる要素も盛りだくさんです。

専業ブランドを狙いたい理由1:人とかぶらない個性がある

専業ブランドを狙いたい理由1:人とかぶらない個性がある

「悩みに悩んでようやく手に入れたのに、周囲を見渡せば身近なあの人とお揃いだった」なんてことは何としてでも避けたいところ。ハイブランドの財布や、セレクトショップに並ぶ財布は認知度が高いがゆえにその懸念も大きいですが「知る人ぞ知る」名ブランドのものをチョイスすれば、その心配も不要です。

専業ブランドを狙いたい理由2:専門ならではの品質への安心感

専業ブランドを狙いたい理由2:専門ならではの品質への安心感

どのブランドも品質や技術には強いこだわりを持っているもの。コストに対する意識や、ユーザーへの使い心地などを第一に考えて生み出されるプロダクトの数々は、心から信頼できるものばかり。守り続けなければいけない伝統と、新しく取り入れるべきトレンド要素を兼ね備えたアイテムを発信できるのは専業ブランドの強み。

専業ブランドを狙いたい理由3:豊富な革のバリエーション

専業ブランドを狙いたい理由3:豊富な革のバリエーション

ひと言で“革”といっても、その種類や色、質感、表情はまるで無限。豊富なバリエーションの中から好みにぴったりのデザインや色に出会いやすいのも魅力です。また、稀少価値の高い革や、卓越した加工法で生み出される革を使用しているとなると、その存在価値もさらに高まります。

長く愛用したい。専業ブランドの財布10選

専業ブランドの魅力、お分かりいただけましたか? ここからは出し惜しみなしで珠玉の名ブランドを一挙ご紹介!「この財布どこの?」と聞かれる財布、心から納得できる自分好みの財布が見つかるかもしれませんよ。

Item1メイドインジャパン。『土屋鞄製作所』のブライドルレザー長財布

英国で馬具用に作られている伝統的な高級皮革素材である、ブリティッシュブライドルレザー。その魅力が堪能できるのが、『土屋鞄製造所』のロングフォルムの二つ折り財布です。手にした瞬間はマット調だった表面が、使い込むほどに美しい光沢へと変わる様子は革好きにはたまらないはず。気品に満ちた佇まいもまた、大人が愛用する理由として十分ではないでしょうか。

Item2日本から世界へ発信。『ファーロ』のロングウォレット

リザードレザーの中でも最高級とされるリングマークトカゲの革を使用した長財布。高級感漂う光沢と、エキゾチックな雰囲気が大人の色気をも感じさせます。熟練した職人の手によってタンニングを施された“水染め”という技法によって、丸斑がさらに際立ち気品を醸し出しています。

合わせて読みたい: 日本の職人芸が宿るファーロの財布&革小物

Item3シンプルイズベスト。『ダン ゲンテン』の二つ折り財布

目立った仕掛けや、デコラティブなディテールではなく、革本来の自然な風合いを生かしたデザインはシンプルの極み。職人の手によって、ひとつひとつていねいに仕上げられた財布は唯一無二のものばかり。牛革のしっかりとしたハリ感も、月日を重ねるごとに柔らかくなり、手になじんでいきます。

Item4定番ブランドも侮れない!『吉田かばん』の長財布

使い込むほどに艶と光沢が増す馬革を使用した長財布。開閉がスムーズなファスナーや、ボックス型の小銭入れ、パスポートまで収納できるゆとりを持たせたデザインは、鞄ブランドならでは。微妙な色ムラが表情を豊かにし、オンリーワンの財布を自分の手で育てることができます。

Item5大人のためのレザーブランド『ドロウワー』の三つ折り財布

イタリアの伝統的な製法でためされた肉厚なショルダー革を使い、派手すぎないほどよいドレス感を印象づける『ドロウワー』のグレインシリーズ。鮮やかな発色とハンドステッチで、控えめなカジュアル感も演出。ジャケットやパンツのポケットにも収まるサイズ感もうれしいところ。

Item6イギリス産レザーを使用した『ガンゾ』の二つ折り財布

ろう引きされた独特の質感がイギリス産の称号を物語っている。耐久性を重視されたブライドルレザーを外側に配置し、オイルを含ませたショルダー革を内面使用したことで、絶妙な使い心地を演出。カード入れと小銭入れがついたスタンダードなデザインが、使い勝手のよさも現しています。

合わせて読みたい:
妥協しない本格派。目利きの大人たちが手に取るガンゾの財布

日本の鞄ブランド『フジタカ』の長財布

ビジネスシーンはもちろんのこと、幅広いライフスタイルをスタイリッシュに提案する鞄ブランド『フジタカ』の長財布。ほどよい厚みとシンプルなデザインで収納力も兼ね備えた形状が魅力。内面にさりげなくあしらわれたマルチカラーの刺繍がアクセントになって、紳士的な雰囲気の中に遊び心も感じられる一品。

Item8手作り鞄工房『ヘルツ』の小銭入れが外側についた財布

デニムやチノパンなど、カジュアルな装いにぴったりの二つ折り財布。オイルレザーを使用した存在感のあるビジュアルと、太めのハンドステッチが印象的。丈夫な革、丈夫な糸を使用しているため、使いはじめはダイレクトに革のハリや存在感を感じることができる。大量生産ではないからこその温かみや、クラフト感もまたよい。

Item9言わずもがなの知名度。『トゥミ』の長財布

防弾チョッキと同じ素材を使っていることで有名な『トゥミ』。そのバリスティックナイロンと呼ばれる素材とレザー用いたこの財布は、鞄同様に丈夫で使い勝手も抜群。開閉しやすいジッパーと細かく仕切られた内装は、マチもしっかり取られていて収納力も文句なし。鞄とお揃いで使用しているという『トゥミ』好きさんも多いのでは?

Item10日本の職人がつくる革専門店。『ココマイスター』の長財布

古くからイタリアにて守られ続けられている伝統製法により、ていねいに仕上げられた皮革であるマットーネを使用。さらに、その素材が織り込まれて作られた財布は、経年変化による美しいグラデーションが楽しみな一品です。光の角度によって幾多のツヤを映すその表情に、“飽きる”という感情を覚えることはないでしょう。もちろん、財布本来の収納力も完備。今日からともに時間を過ごしたくなる、そんな長財布なのです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK