国内の地場産業をベースとしたアイテムがすごい!

国内の地場産業をベースとしたアイテムがすごい!

これまで以上に、日本の真摯なモノ作りや素材が世界の注目を集めている。その高いクオリティやこだわりにあふれた日本の宝を、様々なアイテムを通して見つめ直したい。

菊地 亮

2015.03.16

MADE IN JAPAN・国産

国内でも有数の生地産地からもたらされた確かな恩恵とその実力を感じさせる名品群

Item1岡山県児島のデニムアイテム

岡山県児島のデニムアイテム

Hook.letHook.let

お気に入り追加

国産ジーンズ発祥の地として知られる児島。そこで生み出されるデニム生地は、国内のみならず世界のコレクションブランドも起用するほどに質が高い。そのこだわりは糸の撚りから染色、さらにはパターンや加工にまで及ぶ。それゆえこの児島ジーンズ同様、数々の実力派デニムブランドが同地から発信されているのだ。

Item2栃木レザーを使用した革小物

栃木レザーを使用した革小物

ミカサレザーのシンプルなこちらのウォレットは、国内トップクラスのタンナーである栃木レザー製。そのレザーは、伝統的製法にのっとり20もの工程を経て作り上げられている。フルベジタブルタンニンによって、丁寧に鞣された革は非常に美しく滑らかさもひとしおなだけに、自然な経年変化や手への馴染みやすさは別格。

Item3兵庫県西脇の播州織シャツ

兵庫県西脇の播州織シャツ

クローカ エルアールクローカ エルアール

お気に入り追加

先染綿織物では国内で70%ものシェアを誇る兵庫県西脇市。その豊かな風土のもと脈々と受け継がれてきたのが播州織だ。その特殊な手法は、アイテムのもつ風合いの豊かさを生み、タッチも良くそのうえ彩りも豊か。うっすらのぞく光沢が上品な印象を与えるシャツはその代表格として知られ、多くの洒落者を虜にしている。

Item4新潟県見附市のニット

新潟県見附市のニット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

日本でも有数のニット産地として知られるのが新潟県でも一番小さな町、見附市。そこには80年近くが過ぎた今でも多くのデザイナーが足繁く通う。検品や縫製、そして糸の始末にいたるまで人の手と指によって仕上げられる1枚は、ふっくらとした心地いい肌触りと温もりであふれ、我々をいつまでも優しく包み込んでくれるのだ。

Item5愛媛県今治のタオル地アイテム

愛媛県今治のタオル地アイテム

ROOSTROOST

お気に入り追加

今治といえば言わずと知れたタオルの産地。その質に魅了され多くのブランドがタオル地で独自のアイテムを製作している。吸水性が非常に高く、未洗濯と3回洗濯の2回にわけタオル片を水に浮かべ5秒以内で水に沈むかどうかを見極めるなど、厳しい検査基準をかいくぐった質実なモノばかりが店頭に並び、その伝統は今も普遍。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK