冬太りの隠し方!細く見えるストライプ柄を活用せよ

冬太りの隠し方!細く見えるストライプ柄を活用せよ

皆さんのなかには、年末年始の暴飲暴食でお正月太りを気にしてる方もいるのでは? そんな場合は細見え効果が期待できるストライプ柄を活用するのがオススメです!

桐田 政隆

2016.01.19

トップス
シャツ
スラックス
冬の着こなし・コーデ

ストライプ柄で体型カバー! 細見え効果の理由とは

横縞のボーダー柄は膨張柄といいますが、縦縞のストライプ柄はその逆。縦に伸びるラインにより、体をスラリと見せてくれる効果が期待できます。また清潔感もあるのでドレスはもちろん、カジュアルスタイルの品格アップにも効果テキメン。つまり、体型が気になりはじめた大人にもってこいのデザインなのです。

細ピッチ or 太ピッチ。ずばり効果が高いのは?

一言にストライプといってもいろいろあります。そこで細身効果を狙うなら、なるべく縦縞の幅が細い、細ピッチのアイテムをターゲットにしましょう。なぜならピッチが狭い分、ストライプのシャープな視覚効果があるからです。

『ポールスミス』ロンドンストライプ ツイルシャツ

まずはロンドンストライプのシャツ。このストライプは同じ太さの縦縞が等間隔に配列されているシャープな印象が特徴で、ドレスシャツからカジュアルなシャツにもよく用いられます。まずは手にすべき定番ですね。

『ルイジ・ボレッリ』スラブストライプシャツ

こちらはイタリアの名門『ルイジ・ボレッリ』の一枚。これもロンドンストライプとほぼ同じ等間隔で細い縦縞が特徴ですが、スラブ糸を使用した独特の風合いがあり、より雰囲気のある着こなしも期待できます。

『ミスターオリーブ』ノッチドラペル&ローリングダウン ストライプジャケット

こちらはドットで表現されたピンストライプのセットアップ。ストライプらしいシャープな印象もありつつ、一般的な線状のストライプよりも主張が控えめなので、着こなしやすいメリットもあります。

狙うべきは、大人の着こなしにハマるブルー×ホワイト

ピッチの太い、細いも重要ですが、色の選びも大事。原色は着こなしを選びますし、ブラックはモードな印象が強調されます。そこで大人がまず手にするなら、清潔感があってスタイルにも取り入れやすいブルー系がベストです。

こちらはロンドンストライプよりも、やや太めなレガッタストライプのシャツ。清涼感のあるネイビーなので、それほど太い印象もなく、カジュアルでラフに着こなすにはもってこいの一枚でしょう。

2種類の異なる色幅の縞が交互に並ぶオルタネイト・ストライプのシャツ。ストライプ柄本来の上品さはもちろん、異なる種類の縦縞柄によって程よく肩の力が抜けた印象に。シンプルなロンドンストライプとともに、ワードローブに加えてはいかがでしょうか?

こちらはペンシルストライプのシャツ。その名の通り鉛筆で線を描いたような細さのストライプです。また線の輪郭がはっきりしているため、シャープで上品な印象があり、細身効果が際立ちます。

上半身をカバーするなら、ストライプシャツのインナー使いでさり気なく効果を狙う

アイテムの使い方については、上半身ならまずはストライプシャツをインナーに取り入れてみてはいかがでしょうか? 普段の装いにさり気なく取り入れられて、しかも簡単にシャープな印象と品のよさが加わりますよ。

まずは定番のカーディガン×ストライプシャツの着こなし。無地のシャツよりも断然シャープな雰囲気があります。またカーディガンのボタンを留めずとも品のよさが表現できるのです。

旬のMA-1のインナーにブルーのストライプシャツを。丸みを帯びたMA-1のフォルムにも縦縞のシャープな印象が加わり、より都会的な雰囲気で着られます。

こちらも人気再燃中のM-65。チェックや無地のシャツを合わせるよりも、一段と洗練された雰囲気に仕上がると思いませんか? 意外かもしれませんが、ストライプはミリタリー系にも使えるのです。

ジージャンにネイビーチノのコーデ。インナー次第ではブルーワーカー的な雰囲気が出てきそうですが、同トーンのストライプを差すことで品のよさと今時感も感じられます。

最後はドレッシーなスタイル。ブルーストライプのシャツは定番ですが、シャープな見映えが仕事デキる感、また清潔感も演出してくれるので、ビジネス用にも一枚はマストです。

下半身をカバーするなら、ストライプ柄スラックスで品のよさも格上げ

ストライプの定番アイテムといえばスラックス。こちらもシャープな印象があるので、下半身をスマートに見せるなら適任です。また、スラックスにはもともとの品のよさがあるので、カジュアルの品格アップにも便利なアイテムですね。

トップスはカモフラのダウンに黒のスウェット。このままではワルい感じになってしまいそうですが、ストライプのスラックスで巧みにバランスをとったコーデですね。

こっちもトップスはボア付きの黒ライダースで男くさい印象がありますが、パンツはイタリアのカノニコ社のスーパー110スラックスで、大人っぽい品格をボトムアップ!

こちらもカノニコ地のスラックス。スタジャンに加えて、ハットから靴までダークトーンでまとめていますが、パンツのストライプでマイルドな雰囲気もプラス。

トップスはカーディガンをラフに羽織りつつ、ボトムはグレースラックスで上品に。ただこのスラックスはベルトいらずのイージー仕様で、軽快なアンクル丈も休日にピッタリ。

ダークトーンのストライプ柄スラックスでドレスアップに成功。このパンツもイージー&ストレッチ仕様です。旬な楽チンスラックスは狙い目ですよ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK