楽して外出!ルームウェアをおしゃれに見せるコツ

楽して外出!ルームウェアをおしゃれに見せるコツ

ルームウェアに着替えたけど、「ちょっとコンビニへ行きたい」なんてよくありますよね。しかし、「ルームウェアでは恥ずかしい」という時に加えたいアイテムを紹介します。

大中 志摩

2016.01.19

冬の着こなし・コーデ

寒い冬は近場へ行くのに準備するのも億劫。ならちょい足しアイテムで楽しましょ!

「近場のコンビニまで、ちょっと出かけたい」。とはいえ、ルームウェアからわざわざ着替えるなんて、面倒ですよね。ただし、そのまま行くにしてもヒゲや寝癖、防寒などさまざまな問題が。そんな時に役立つのが、ルームウェアのちょい足しコーデ。今回は問題点をさっと隠せる“ちょい足し”アイテムを紹介します。

アイテム1:寝癖を速攻隠せるニット帽

ちょっとコンビニに行きたいと思っても、起きたばかりで寝癖がひどすぎて外出できない。わざわざシャワーを浴びて、髪を整えるのもめんどくさい。そんな時にニット帽があれば、寝癖も隠せて防寒もできてと一石二鳥。さらにコートをプラスすることでルームウェア感が薄れ、ニューヨーカーのようなどこかオシャレな雰囲気に。

『ハイランド2000』カラーボブキャップ

100年以上の歴史を誇るイギリスのニットメーカー『ハイランド2000』。同モデルは、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで毎シーズン高い人気を誇る定番。素材はウール100%を使用している。

『ダブルジェイケイ』2way リブニットキャップ

リブ編みで仕上げることで、かぶりやすさとボリューム感をプラス。折り返してもそのままでも、着こなしに合わせて2通りの使い方が可能。ふわっとした軽さと発色のよさが特徴だ。

『ヌーディージーンズ』ニットビーニー

カーディガンステッチを用いた、ソフトなかぶり心地のウール混ビーニー。折り返し部分にはアクセントとしてコットンパッチを配した。独特のネップが、表情のある雰囲気を演出している。

アイテム2:剃っていないヒゲから目線をハズすメガネ

寝起きの無精髭から目線を外すなら、メガネがオススメ。さらにフレームが太いほうがメガネの印象が強くなるのでより効果的だ。また、メガネはヒゲとの相性もいいので男らしいワイルド感のある雰囲気を演出することもできる。黒やネイビーといった暗めのカラーのものを選んだほうがひげともなじみやすい。

『オリバーピープルズ』アシュトンJ

小ぶりなサイズ感ですっきりとした印象のウェリントン。フロントとテンプルに施された2つのピンが、クラシックな雰囲気を演出してくれる。遊び心のあるカラーリングもポイント。

『白山眼鏡店×ビームス』ブリッジ

1976年に『白山眼鏡店』のセカンドモデルとしてリリースされたモデルを、『ビームス』の別注企画として復刻。鼻元の形状をキーホール・ブリッジ仕様にすることで、ボストンらしいクラシックなデザインに仕上げている。

『エフェクター』ファズ

『エフェクター』を代表するモデルで、厚さ8mmの極太フレームがインパクト抜群。肉厚ながらも、バランスよく仕上がっている。テンプルとのつなぎ部分は、一般的にはあまり使われないクラシックで堅牢なカシメ7枚丁番を採用。

アイテム3:ルームウェアをすべて覆い尽くして保温性もバッチリのモッズコート

ルームウェアで外を歩くのは恥ずかしいし、何よりこの時期は寒さが……。そんな時は、パッと羽織れてルームウェアを隠しつつ、寒さからも守ってくれるモッズコートが重宝する。ほぼ全身を隠してくれるのでだらしなさが目立ちにくく、着こなしを気にする必要もない。さらに、脱いだり着たりの作業も楽に行える。

『エーグル』MTDモッズダウンコート ハドソン

ベルベットタッチの素材に、ライトウェイトのコーディングを施した完全防水・透湿素材を使用している。ふくらみのある素材感を損なうことなく、対水圧2,000mm以上という機能性の高さが魅力的。

合わせて読みたい: 才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

『サニースポーツ』M-51 フィールドジャケット

ライナーやフードが取り外し可能な、3シーズン対応の一着。フードは、アメリカ軍で実際に使用されていたデッドストックのものを組み合わせてアレンジ。ライナーは、カーディガンとして単体でも活用できる。

『アーバンリサーチ』3WAYモッズコート

スタンダードなシルエットでありながら、機能性やデザイン性は旬顔の一着。取り外しが可能なインナーベストはフリースを採用し、防寒性を完備。また、フリースベストのみでの着用が可能な点もポイント。カモ柄のデザインが、シンプルなルーウェアをおしゃれに見せてくれるはず。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK