機能性とデザインで選ぶ、こだわりのペンケース10選

機能性とデザインで選ぶ、こだわりのペンケース10選

心機一転、年が変わったら普段使っている身のまわりの物も一新させたくなる人も多いのでは? そこで、新たに買いたいおすすめペンケースをご紹介します。

CANADA

2016.01.16

雑貨
ステーショナリー

大人が選びたい、こだわりのペンケースとは

大人の男性がペンケースを使うシーンと言えば、もちろんビジネスシーンがメインとなってきますよね。そこは学生とは一味違うセンスを発揮して差をつけたいところ。大人がペンケースを選ぶ場合のこだわりポイントを挙げてみました。

こだわりのポイント1:スマートなシルエット

大人が選ぶペンケースの形は、スマートな細長タイプを選びましょう。間違っても、女性が使う化粧ポーチのような大型のペンケースはNGです。ビジネスバッグからさっと取り出せば、相手からの信頼度も増します。

こだわりのポイント2:シンプルな無地タイプ

学生時代に使っていたようなキャラクター物や派手な総柄プリントなどは避けたほうが無難。ジャケットスタイルに合わせることを考えると、自然とシンプルなタイプに行きつくはずです。

こだわりのポイント3:素材はレザーかナイロン

ペンケースの素材は、なるべく高級感のあるレザーかナイロンを選びましょう。よりリーズナブルなキャンバス地の物も巷にはあふれていますが、学生気分から抜け出せていない人、という印象を持たれてしまうかも。

ポイントを兼ね備えた、大人が使いたいペンケース10選

以上の3つのポイントを踏まえた上で、大人の男性におすすめしたペンケースを価格順にラインアップしました。どれもビジネスシーンで使用しても間違いのない物ばかりなので、好みや予算に合わせてチョイスして。

『グレンロイヤル』

使いこむほどにどんどん濃い色合いになっていくフルブライドルレザーを使用。上品な色合いなので、ビジネスコーディネートにもマッチします。お揃いのカラーでIDケースやA4ホルダーもあります。

『フェリージ』

レザー小物業界で独自の存在感を放ち、国内はもとより海外からも高い評価を得る『フェリージ』。上質なレザーを使用しているので、使い心地がよく、長く愛用可能。カラバリの多さも魅力です。

『アンコール』

折りたたみ式の口が印象的なペンケース。素材は栃木レザーを使用し、愛用のステーショナリーを優しく守ってくれます。持つ人の主張をしっかりサポートしてくれる、こだわりある逸品です。

『イルビゾンテ』

イタリアの良質なナチュラルレザーを使用する『イルビゾンテ』。定番人気のレザーペンケースは、ファスナーを開けると大きく開いて出し入れがしやすい仕様になっていて機能性も申し分なし。

『コレクティブサークル バイ ジョンブル』

熟練の職人が上質なレザーを使って生み出ペンケースは、真鍮のハトメとリングが付属。用途に合わせて自由に組み合わせることで、その人だけのカスタマイズが可能になっています。

『クラウスハー パニエミ』

フィンランド出身のデザイナー、クラウスハー・パニエミがデザインを手がけたペンケース。オオカミのエンボスとバイカラーのジッパーがポイント。上質なレザーを使用していて遊び心がありつつも長く愛用できます。

『ビームス』

マチがない仕様のため、バッグに入れてもかさばらないのがポイント。牛革がもたらすなめらかな質感は、男性が職場で使うのもアリだけど、女性への贈り物としても◎。

『ホーウィン』

名門『ホーウィン』社製のレザーを使用した贅沢なペンケース。経年変化による味が期待できそうなレザーに、ホワイトのステッチがポイント。誰からも愛されるデザインなので、新生活や節目の贈り物にも最適です。

『ポーター』

『ポーター』の定番シリーズ、スモーキーのペンケース。天然素材ならではのナチュラルな表情と、コーデュラナイロンの持つ強さや光沢感が加わり、既存の素材にはない風合いに仕上がっています。

『ビーミング by ビームス』

『ビーミング by ビームス』のペンケース。アウトドアグッズの定番である、機能性に優れた60/40クロスの素材を使用。マウンテンパーカーがベースになっている、ユニークなデザインです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK