まわりと差がつく!カモ柄ダウンジャケットが狙い目

まわりと差がつく!カモ柄ダウンジャケットが狙い目

冬の強い味方であるダウン。シンプルなアイテムが多いので周りと着こなしがかぶる確率も高い。そんな時は、旬なミリタリーも楽しめるカモ柄のダウンジャケットを選ぶべし。

TERAONO

2016.01.13

アウター
ダウン
ダウンジャケット

保温力抜群のダウン。けど、右も左もダウンだらけでどれも同じに見える……

保温力抜群のダウン。けど、右も左もダウンだらけでどれも同じに見える……

ZOZOTOWNZOZOTOWN

圧倒的な保温性と普段着にもマッチするデザイン性で、アウターの中でもこの時期一番活躍するのがダウンジャケット。しかし、シンプルなアイテムが多い分、周りとコーディネートがかぶりがち。量産型のコーディネートから脱却するためにも、今年は柄モノのダウンジャケットを取り入れて、周りとの差別化を図りたい。

悪目立ちせず没個性的でないデザインを狙うなら、カモ柄がおすすめ

いくら柄モノのダウンを手に入れたからといって派手すぎるデザインでは、大人の着こなしにはミスマッチ。そこでおすすめしたいのが、カモ柄のダウンジャケット。地味になりがちな冬スタイルの格上げがしやすく、嫌味なく柄を取り入れることができる。また今シーズンは、数多くのブランドが展開しているのでセレクトの幅も広い。

『アディダス』プレステージジャケット

『アディダス』プレステージジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

山のスタイルをベースにストリートテイストを加えたダックダウン入りのジャケット。フードは着脱式でポケット内部には保温性の高いフリース素材があしらわれている。リップストップ生地を使用。

『アメリカンラグシー』リバーシブルダウンジャケット

『アメリカンラグシー』リバーシブルダウンジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

横キルトステッチの表面と、プレーンな裏面を組み合わせたリバーシブル仕様の一着。すっきりとした細身のボディながらも、ダウンはしっかり詰め込まれているので保温性も抜群。

『ヒステリックグラマー』プリマダウンナイロンタフタ キルトMA-1 JK

『ヒステリックグラマー』プリマダウンナイロンタフタ キルトMA-1 JK

ZOZOTOWNZOZOTOWN

最新鋭のハイテク中綿プリマロフト ダウンブレンドを封入した、保温性抜群のキルトブルゾン。表面には、羽毛の吹き抜け防止処理が施された中肉厚な高密度ナイロンタフタを使用している。無駄を省いたシンプルなデザイン性もポイント。

『ジョンブルプライベートラボ』カモ柄ダウンジャケット

『ジョンブルプライベートラボ』カモ柄ダウンジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

厚手のニットの上から羽織れるように、余裕を持たせながらも、すっきりとしたサイズに調整。着丈がやや短い、スポーティな雰囲気に。衿のリブとフードは着脱式で、汚れがつきやすい衿のリブのみ洗濯が可能。

『ザ・ノース・フェイス』バルトロライトジャケット カモ

『ザ・ノース・フェイス』バルトロライトジャケット カモ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

北欧やアラスカなど、過酷な地域にも対応できる保温性の高いブランドを代表する一着。機能性抜群ながらも、950gの軽量な仕上がりなので長時間着ていてもストレスを感じさせない。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎

存在感の強いカモ柄のダウンジャケットは、デニムと合わせて攻略するのが正攻法。さらに、ダウンジャケットはトップスのボリューム感が強くなる分、細身のパンツと合わせて全体のバランスをとることが重要だ。いくら相性がよいからといっても、野暮ったくなりすぎないように小物使いで足し引きを加えていきたい。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎

WEARWEAR

カモ柄の存在感を生かすため、他アイテムをシンプルにまとめた。全体的にダークトーンなので、重くなりすぎないように足下には白スニーカーを合わせている。きれいめアイテムがベースなので全体のバランスもよい。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎ 2枚目の画像

WEARWEAR

ダメージデニムと合わせることでカモ柄がもつ男らしさが強調され、ワイルドな雰囲気を演出。パンツを細身にすることで野暮ったくなりすぎず、全体的にすっきりとした印象を与えることができる。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎ 3枚目の画像

WEARWEAR

カモ柄のダウンダッフルコートは柄の面積が多く、一枚でも抜群の存在感を放っている。他アイテムをネイビーでまとめることでカモ柄とのバランスを調整しつつ、シックで上品な雰囲気にまとめている。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎ 4枚目の画像

WEARWEAR

カモ柄ダウンジャケットの存在感に負けないように、ストレートシルエットのパンツと『ティンバーランド』のブーツでバランスを調整。キャップで白を取り入れて、清涼感をプラスした。

カモ柄のダウンジャケットなら、Freeamericanidol世代鉄板のデニムとも相性◎ 5枚目の画像

WEARWEAR

ストリートな着こなしになりすぎないように、シャツとニットできれいめ感を演出。ビルケンのサンダルでリラックスした雰囲気を出しつつ、オレンジのニットソックスでアクセントを加えた。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK