品よくキマる!ニット×シャツの重ね着コーデルール5

品よくキマる!ニット×シャツの重ね着コーデルール5

レイヤードスタイルの定番的な組み合わせであるニット×シャツ。どう組み合わせればいいかわからない人のために、組み合わせ別に着こなしをご紹介します。

大中 志摩

2016.01.11

トップス
ニット・セーター
シャツ
冬の着こなし・コーデ

ニット×シャツの組み合わせ、その魅力は

メンズファッションにおける定番的な着こなしのひとつである、ニット×シャツのレイヤードスタイル。合わせる色や柄によってカジュアルからきれいめまで幅広い表情を見せてくれる。どんな着こなしにも活用でき、着こなしのバリエーションが広がるので、ぜひとも覚えておきたいコーデ術だ。また、コーディネートに取り入れるだけでこなれ感のあるスタイルを演出することができる。今回は、合わせる種類別に着こなし例を紹介していこう。

ニット×シャツを大人に着るなら、色や柄に注意すべし

年代問わず楽しめる、メンズの定番着こなし術であるニット×シャツの組み合わせは、色や柄に注意しないと子供っぽい印象になりやすい。大人っぽく着こなすのであれば、深みのあるカラーやベーシックな柄を組み合わせるのがポイント。4パターンの着こなし例を紹介するので、ポイントを押さえて大人コーデの格上げにつなげたい。

無地ニット×無地シャツなら、サイズ感に注意してシックに着こなす

シックな雰囲気を作りやすい無地ニット×無地シャツ。合わせるアイテムのサイズ感を間違えてしまうと、だらしない印象に見えてしまう。自分の体形に合ったサイズのアイテムを合わせて、スタイリッシュに着こなしたい。ハイゲージニットとシャツを組み合わせれば、品のよい雰囲気を演出できるので、ビジネスシーンでも活用可能。

ピーコートにネイビーのニットを合わせて落ち着いた雰囲気に。また全体をネイビーでまとめることで大人らしさを強調した。足元はスエードブーツを取り入れてアクセントに。

暗めのカラーをベースにモノトーンでまとめて大人っぽい印象に。さらに明るいグレーのニットを取り入れて着こなしのアクセントにしている。ブラックのデニムなのでカジュアル過ぎない印象に仕上がっている。

キャメルとネイビーを上手に組み合わせた、品のよい着こなし。デニムのワイドパンツを取り入れて、旬な雰囲気を演出した。落ち着いたカラーで大人カジュアルに仕上げている。

無地ニット×柄シャツなら、柄シャツのバランスに注意してさりげなく主張させる

シンプルな無地ニットも柄シャツと組み合わせることで新鮮な雰囲気に。より大人っぽく魅せるならば襟元や裾から見える柄の面積を抑えてさりげなく主張させることが大切。暗めの組み合わせならばクールな印象に、明るいカラーを取り入れた着こなしならばカジュアルな印象が楽しめる。

クラシカルなツイードジャケットやシェットランドニットなど定番のカントリーアイテムをブラウンでまとめて、統一感を出した。サイズや色合いなどのバランスがよく、品のよい雰囲気を醸している。

ラギットな雰囲気漂うアメカジコーデ。武骨な雰囲気にありがちな着こなしだが、ニットをはさむことできれいめ感をプラスでき、大人っぽい印象にまとめることができる。

柄シャツ×柄パンツの着こなしも、無地ニットを加えることで簡単に攻略できる。全体の色合いをそろえることで統一感が生まれ、キャメルのコートの存在感が際立ってくる。

柄ニット×無地シャツなら、柄のサイズ感に注意してスマートに着こなしたい

小さな柄のニットならばどんな着こなしにも取り入れやすく、大きな柄はアクセントとして活躍してくれる。ニットがしっかりと主張してくれるのでほかのアイテムをシンプルにまとめると全体のバランスを取りやすい。同系色の組み合わせでも単調になりにくいのでしゃれ感ある着こなしが楽しめる。

モノトーンのボーダーニットと黒シャツでシックな雰囲気を強調。全体をモノトーンベースでそろえ、コートのキャメルで差し色を加えた。リブパンツでリラックスした雰囲気を構築。

ざっくりとし生地感が特徴のニットをデニムと合わせてアメカジテイストの着こなしを演出。ニットのリブが広くさりげないアクセントに。シャツの見え具合もバランスがよい。

サイケデリックなデザインのニットを主役にまとめた80年代テイストのカジュアルなコーディネート。サングラスやハット、パンツを黒でまとめてクールな雰囲気に仕上げた。

柄ニット×柄シャツのコンビは避けたほうがベター

スノーフリーク柄のニットと、チェックシャツを重ね着した上級者コーデ。柄×柄の組み合わせだが、うるさく見えないのはニットの柄面積が少ないから。さりげなくのぞかせたチェックの赤が、シンプルな着こなしのアクセントに。また、柄ニット×柄シャツは柄同士の主張が強く着こなし難易度が高いので、柄面積のバランスに注意したい。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK