冬の重さを払拭するオールホワイトのスニーカー10選

冬の重さを払拭するオールホワイトのスニーカー10選

寒さが厳しいこの時季は、ダークトーンのアウターが活躍する。その半面、冬の着こなしは見た目が重い印象に……。そんな時はホワイトのスニーカーで軽快さを醸し出そう!

NAKAYAMA

2016.01.06

スニーカー

冬スタイルにアクティブ感もプラスできる、オールホワイトのスニーカーを選べ!

冒頭でも説明した通り、ダークトーンの配色が着こなしを占める冬スタイル。そのヘビーな印象を打破するのに欠かせないのが、スニーカーという存在。持ち前のカジュアルさで、コーデに動きを与えてくれるってワケだ。その要素にオールホワイトを落とし込めば、おのずと冬の重さを払拭してくれる。

重厚感のあるダウンジャケットにニットの組み合わせも、白スニーカーで足下に軽量感を与えれば重たい印象も払拭可能。色落ちデニムと合わせて爽やかに着こなして。

2016年も引き続き人気のMA-1には、同じく90年代のストリートを盛り上げたスニーカーで。ダメージジーンズのグランジ感を爽やかに見せる意味で白が最適のチョイス。

ロングコートにブラックアイテムでキメたシャープなスタイリングが今年らしい。足元は白をベースとしたスニーカーで軽快に仕上げつつ、ボルドーのラインが着こなしの挿し色として活躍する。

冬の定番コートといえるダッフルコートは、学生っぽくならないよう着こなすのがポイント。ネイビー×ホワイトに色数を絞り、落ち着きあるスタイリングに仕上げて。

武骨で男らしいイメージが強いレザーライダースが主役の着こなし。白スニーカーや同色のカットソーでライダースのイメージを和らげて、タウンユースなスタイリングにまとめた。

各シューズブランドが展開する定番品なら間違いない!

『ナイキ』のエアフォースワン

おしゃれ好きなら一足は持っておきたい、アメリカ大統領専用機にちなんで名付けられたスニーカー、エアフォースワン。ソールはフルレングスのナイキエアユニットを搭載しており、クッション性は優れている。洗練されたホワイトカラーのみのカラーリングがシリーズ最大の魅力。

『アディダス オリジナルス』フォーラム ロー

『アディダス オリジナルス』が放つ2015年秋冬シーズンモデル、フォーラム・ロー。1989年に発売されたオリジナルの復刻版である。パッド入りの履き口とクラシカルなアンクルストラップが特徴で、清々しい白をあしらいコンテンポラリーな一足に仕上がった。アッパー、ライニング、スリーストライプスにはレザーを使用。

『アディダス オリジナルス』のスタンスミス

テニスシューズとして誕生した『アディダス オリジナルス』を代表するモデル、スタンスミスのベルクロモデル。アメリカ人テニスプレイヤー、スタンスミス氏の業績をたたえた逸品。発売から40年が経った今でもその人気は衰えず、シュータンの上のスタンスミス氏のプリントが象徴的。プレミアムレザー素材の白を基調とし、3連の通気穴で機能面も申し分ない。

『フレッドペリー』のケンドリック チップド カフレザー

履き口にポロシャツ袖リブ素材を使用した、ケンドリックのレザー仕様スニーカー。側面にはブランドロゴをさり気なく刺繍し、『フレッドペリー』らしい上品な一足に仕上がった。美しいシルエットはドレスシーンでもハズし役として活躍してくれるだろう。クッション性も優れているので、ストレスフリーで着用できる。

『バンズ』のオーセンティック

1966年の設立時最初に登場したクラシックラインの代表モデル、オーセンティック。『バンズ』の歴史を語るうえで欠かせない一足。普遍的でシンプルなデザイン性なので、さまざまなシーンに合わせられる。白一色という超ベーシックな定番カラーは、男女ともスタイルを問わず取り入れられる汎用性の高い名作。

『ラコステ』のカーナビーエヴォ

靴底に天然ゴムを使用した、『ラコステ』のカーナビー エヴォ。アウトソールはガムカラーを採用しており、スポーティな空気感をまとう。また、カラーリングを合わせたアイレットと白いワニのブランドロゴは、スタイリッシュでモダンなスタイルに活用できる。

『アディダス by ラフシモンズ』のスタンスミス

2015年秋冬の新作で、『ラフ・シモンズ』×『スタンスミス』の第3弾。今シーズンは、ヴィンテージの宇宙服と宇宙空間をインスピレーションに制作。色や素材などを再解釈し、このオールホワイト以外にも、オフホワイト、シルバー、パープル、グリーン、イエローで展開されている。

『スペルガ』の2750 コートクラシック

『スペルガ』が発信するのは、シンプルなスタイルが世界中で愛され続ける定番、2750キャンバススニーカー。カジュアルスタイルはもちろんのこと、渋いクラシック、きれいめコーディネートにもマッチ。冬のどんなスタイルにも相性を合わせることができる万能選手だ。

『スリーワン フィリップ リム』のロートップスニーカー

『スリーワン フィリップ リム』がローンチした、2015年春夏に展開されたローカットスニーカー。クセのないボリューム感がストリートテイストを演出。紐のように見える部分はフェイクとなっているなど、随所にブランドらしさを散りばめた。内側のゴムでスリッポンのように快適な着脱ができる。

『オニツカタイガー』のローンシップ

1974年に発売されたテニスシューズ、ローンシップ30をデザインベースにしたモデル。ヒールパッチのデザインにより、白ベースのボディに遊び心をプラスさせた。また、足ムレ防止のために通気穴が施されているのもうれしいポイント。着こなしにカジュアルさと上品さを与えてくれる名品だ。

合わせて読みたい:
日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー9選

ジャパンメイドの真髄。オニツカタイガーのコーデ術

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    メンズの足元にスニーカーは欠かせない。中でも人気なのが『アディダス』往年の名作に数えられるスタンスミス。定番からアレンジモデル、コーデまでその魅力を語り尽くす。

    菊地 亮

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    BACK