スリッポン人気の今、男が選ぶならバンズのボルト

スリッポン人気の今、男が選ぶならバンズのボルト

女子にも大人気で、多くのブランドからフォロワーが続出するスリッポン。ただそんな時こそスリッポンのオリジン、『バンズ』のハイラインであるボルトが通な選択です。

桐田 政隆

2015.03.03

バンズ(VANS)
スニーカー
スリッポン

通常モデルとは一味違う、ファッショナブルでクラス感漂うモデルがボルトの真骨頂

『バンズ』ボルトは一般的なレギュラーモデルよりも、ハイクラスな作りを意識したアメリカ企画のライン。デザインも個性的なモデルが多く、さらにボルトラインのために用意した上質な素材を使うことも多い。ちなみにスリッポンでは昔ながらのシャープなラストを使用している点も魅力で、履いた時の印象もスタイリッシュだ。

合わせて読みたい:
お手本コーデとそのメソッド。バンズのスリッポン、攻略集

Item1TH OG CLASSIC SLIP ON 59 LX-TAKA HAYASHI-

気鋭デザイナーとのコラボも盛んなボルトライン。なかでもアーティスト タカ・ハヤシとのコラボシリーズは、氏ならではのネイティブモチーフによるデザインで根強い人気を誇る。本作もチマヨ柄のラグのようなアッパーデザインがインパクト大。

アメリカ・ニューメキシコ州の伝統のチマヨ柄をモチーフにしたアッパー

オルテガ、センチネラといったベストやブランケットでもお馴染みの、チマヨ柄によるデザイン。男らしい雰囲気がありつつ、鮮やかなカラーリングで野暮ったく見えない点もポイントだ。

アウトソールのバイカラーもボルトラインならでは

バイカラーのアウトソールは、ボルトライン仕様でクッション性に秀でている。ヒールにはタカ・ハヤシデザインのロゴ入り。

Item2CLASSIC SLIP ON 59 LX LEATHER PALM LEAF

こちらは’70年代に絶大な支持があったパームリーフ柄で、レザーにエンボス加工を施した1足。バンズ発祥の西海岸的なモチーフでいながら、ボルトラインらしくレザーで大人っぽく仕上げている点がうまい!

Item3VANS VAULT ERA LX NUBUCK/LEATHER COLLECTION silver birch

同色のヌバック×レザーのコンビネーションデザインは、シンプルながらメリハリのある1足。やや重たいイメージのあるレザーだが、ホワイトカラーならではの軽快さがあるので、これからの時期にピッタリ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

    平 格彦

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    財布のスマート化が進む昨今、あらためて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。

    ai sato

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    白スニーカー×定番モデルで作るコーディネート15選

    白スニーカー×定番モデルで作るコーディネート15選

    白スニーカーの定番5モデルを使ったメンズコーデのサンプルをご紹介。『アディダスオリジナルス』や『コンバース』など、名作の“白スニ”活用方法をお届けする。

    大中 志摩

    BACK