スポーツブランドのデニムなら、シーンを問わずはける

スポーツブランドのデニムなら、シーンを問わずはける

アウトドア系を含むスポーツブランドは、優れた機能性が特徴。デニムパンツは、タフな耐久性や独自の風合いが特徴。その魅力を併せ持つアイテムなら、幅広く着回せます!

平 格彦

2016.01.02

ボトムス
ジーンズ

今、スポーツブランドのデニムパンツに注目する理由

デニムパンツの大きな魅力は、経年変化やダメージを味として楽しめる素材感と、幅広いコーディネートに馴染む汎用性。だからこそ、多くの人に愛用されてきました。しかし最近は、あらゆる服に機能性や快適性が求められます。これはスポーツブランドが得意とするところ。つまりスポーツ系のデニムパンツなら、両者のよいとこ取りが可能なのです。

スポーツブランドが手掛けるデニムパンツの特徴

改めて特徴をまとめると、デニムならではの素材感を持ちつつ、機能性や快適性も兼備しているということ。モダンなシルエットを採用しつつ、ストレッチ生地で動きやすく仕上げたものが大半です。ただし、それ以外の仕様は多種多様。人気のクライミング系なら、開脚しやすい仕様や調整が容易なベルトなどを備えています。

Item1:『ハーレー』84 モトデニムフリースパンツ

1999年に、アメリカの南カルフォルニアでサーフボードブランドとして誕生した『ハーレー』。その後、ライフスタイルブランドへと発展し、現在では『ナイキ』と資本提携しています。なかでも人気を高めているのが、デニムフリースパンツ。ストレッチが効いた素材を使用しているため、スリムなシルエットでも動きやすく仕上がっています。また、裾にはジッパーも付属。裾をかなり絞った独特のシルエットが、どんな着こなしもクールに演出してくれます。

タイドアップしたジャケットスタイルを、スキニーなジーンズでほどよくカジュアルダウン。実はジャケットもスウェット地で、きれいめでありながらリラックスできる着こなしです。

Item2:『エーグル』×『ブルーブルー』セルビッジデニムジーンズ

『エーグル』は、ラバーブーツで名高いフランスのアウトドアブランド。150年以上の歴史を持つ老舗です。一方、『ブルーブルー』は日本のデニムブランド。そんな両者のジョイントによって生まれたジーンズは、細部のパーツに至るまでジャパンメイドでクオリティは抜群です。ただしセルビッジはトリコロールで、フランスを感じさせる仕様になっています。シルエットはスタンダードなストレートで、長く育てたくなる逸品です。

才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

機能とデザインを兼備する、洗練されたプロダクトを発信する『エーグル』。フレンチブランドらしい豊かな色彩のアイテム群は、大人の日常使いにも理想的です。

山崎 サトシ

インディゴブルーのデニムパンツを起点に、すべてのアイテムをダークネイビーで統一したワントーンスタイル。実はすべて同コラボによるアイテムで、シックな印象です。

Item3:『アディダス オリジナルス』スウェットデニムパンツ

素材はデニム風スウェット。ダメージ加工で色落ちを表現した、インディゴ染めのスウェット地を使用しています。見た目はデニムなのに、リラックスできる着用感が楽しめるハイブリッドなパンツで、スポーツブランドらしい出来栄え。エラスティックな ゴム入りの裾など、ほかの仕様も機能的。アイコンのロゴ刺繍も同ブランドの魅力を主張します。ちなみに『アディダス オリジナルス』は、『アディダス』のストリートスポーツウェアラインです。

旬なミリタリーテイストをアウターで取り入れつつ、色落ちしたデニムパンツを合わせて軽快なムードに。『アディダス』のアイコンが、スポーツテイストも加味しています。

Item4:『グラミチ』NN Denim Pants/ワンウォッシュ

『グラミチ』は1982年に設立されたブランドで、独自の手法で機能性に富んだクライミングウェアを生み出していました。代表作はクライミングパンツで、180度自然な開脚ができるガゼットクロッチや、片手で調節できるウェイビングベルトといった仕様が特徴的です。そんなパンツをストレッチデニムでアレンジしたのがこの一本。“nn” は “New Narrow” という意味で、股上やヒップ周りもすっきりさせたナローなシルエットが美麗です。

伝統柄のステンカラーコートに、最旬の白いタートルネックを合わせた今季的な装い。デニムパンツの落ち着いたトーンで、大人っぽいきれいめカジュアルに仕上がっています。

Item5:『グラミチ』ニューナローデニムパンツ/ライトインディゴブルー

今回のターゲットとなるデニムパンツの中でも、ニューナローパンツは別格の人気。『グラミチ』のパンツはコラボアイテムも多いのですが、そのほとんどがこのパンツのシルエットをベースにしているほどです。ということで、上に続いて色落ちバージョンをピックアップ。トーンが明るく、ラフに着崩す際に重宝します。またテーパードしたシルエットが足元まですっきりと見せるため、靴を選ばずどんなスタイルにもマッチします。

ベージュのトレンドコート+ブラックのタートルネックニットという品のあるトップスを、色落ちしたジーンズとスニーカーで軽快にカジュアルダウンした典型的な着こなしです。

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    BACK