"MA-1×タートルネック"で上品に着こなすのが今の気分

"MA-1×タートルネック"で上品に着こなすのが今の気分

対照的なアイテムを掛け合わせると、意外な化学反応が起こる。これこそファッションの醍醐味なワケで、その一例として男気アウターのMA-1と上品なタートルネックがある。

NAKAYAMA

2016.12.16

アウター
ブルゾン・ジャンパー
MA-1
ニット・セーター
冬の着こなし・コーデ

昨年から引き続き人気のMA-1。今選ぶなら装飾のないシンプルデザイン一択!

フライトジャケットの一種としてアメリカ軍で採用されたMA-1。そのシンプルな見た目と優れた機能性は、ファッションシーンにおいて定番品として世界中で着られるように。ワッペン付きのものや総柄、刺繍、ペインティングなど種類はさまざまだけど、Freeamericanidol世代にぜひおすすめしたいのは、無駄な装飾のないシンプルなデザイン。 男の色気と渋さを同時に演出できる恰好のアイテムなのだ。

カジュアルなアウターのMA-1は、タートルネックと合わせて上品に装うのが大人ルール

冒頭でも説明した通り、相反する要素を持つアイテムを合わせることで、そこには新たなファッションが誕生する。よって武骨さと上品さ、この二者が交わることでメリハリがつき、今風なスタイルへと昇華されるのだ。タートルネックの都会的な空気感に馴染むMA-1は、今まで見たことのない表情へと変化する。

カーキのMA-1×ホワイトのタートルネックニットは、押さえておきたい組み合わせ。インナーにホワイトを差すことでクリーンな雰囲気に。細身のブラックパンツできれいめにまとめた。

こちらもカーキ×ホワイトの組み合わせ。インナーのタートルニットをオーバーサイズにすることで、リラックスムード漂う今季らしいシルエットを構築した。パンツと靴は黒でまとめてすっきりと。

ダークトーンで大人っぽいスタイルを披露。クールなブラックのMA-1に、霜降りグレーのタートルネックニットを合わせて、温かみとニュアンスを加えたところがポイント。

ネイビー×ブラックの配色も今季気になる組み合わせ。ワイドパンツで旬なシルエットを構築し、こなれ感たっぷりの着こなしに。ハイテクスニーカーでハズした小技もお見事!

カーキのMA-1とグレーのタートルニットも好相性。ジョガーパンツ×スニーカーでスポーツ要素を投入しつつも、黒でまとめているためカジュアルになりすぎずモダンな装いに。

モードな印象のブラックのMA-1を、ベージュのタートルネックニットで中和してカジュアルダウンさせた好例。ジョーガーパンツとスニーカーのスポーツミックスで旬なスタイリングに。

こちらはブラックのMA-1に赤のタートルネックニットを合わせたメリハリのある着こなし。ニット以外をブラックで統一して、赤を引き立たせたのがポイントだ。ビビッドカラーを1点投入するだけで、コーデが一気に華やぐ。

袖とボディーの切り替えデザインが目を引くこちらのMA-1。グレーやブラックを合わせたモノトーンの配色でとことんクールにスタイリング。

スタイリッシュなネイビーのMA-1に、ケーブル編みのタートルネックニットで季節感と暖かみをプラス。首周りの程良いボリュームもちょうどいいアクセントになっている。

ブラックのMA-1を主役に、モード×ストートのミックスコーデを構築。モノトーンカラーでまとめて、落ち着きのある大人のただずまいを表現した。

今選ぶならこのコンビ! MA-1×タートルネックのおすすめカラー

自由自在にアレンジ可能なMA-1とタートルネックの色合わせだが、とくに今季おすすめの配色をピックアップ。挑戦しやすい組み合わせなのでぜひ試してもらいたい。

組み合わせ1カーキのMA-1×ホワイトのタートルネック

コーデサンプルにも見られたカーキ×ホワイトの組み合わせ。今季はきれいめなミリタリースタイルが主流なので、武骨なカーキにクリーンなホワイトを差すのが◎。

MA-1『アルファ』×『シップス ジェネラル サプライ』

MA-1といえば、やはりミリタリー色の強いカーキ。武骨で男らしい雰囲気が魅力的だ。こちらのMA-1は、本格的なディテールを取り入れながらも、身幅をシェイプしたシルエットでスタイリッシュに着られる。

合わせて読みたい:
MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

タートルネックニット『ビームスライツ』

ホワイトは清潔感を演出するのにうってつけ。こちらのタートルネックニットは、細身のシルエットですっきりと着られる一枚。シンプルなデザインだが、リブ編みがさりげなく表情を加えている。

組み合わせ2ネイビーのMA-1×ブラックのタートルネック

スタイリッシュなネイビーのMA-1には、ブラックのタートルネックニットを合わせて、アーバンに着こなしたい。ほかのアイテムもダークトーンでまとめてとことんクールに仕上げるのがポイント。

MA-1『アルファ』×『アーバンリサーチ アイディー』

カジュアルな印象が強いカーキとくらべて、ネイビーはスタイリッシュでモダンな雰囲気が魅力的。こちらのMA-1も、胴回りや腕回りは細身にデザインされているため、都会的に着られる一着。

タートルネックニット『ユナイテッドアローズ』

暖かみのあるケーブル編みのタートルニット。上品な素材感が大人の着こなしにうってつけだ。首回りの程良いボリューム感がコーディネートにメリハリをプラス。

組み合わせ3ブラックのMA-1×ボルドーのタートルネック

モードな印象のブラックのMA-1。ベーシックなカラーを合わせがちだが、あえて今季は色ものを選びたいところ。深みのあるボルドーのタートルネックニットなら季節感と上品さを演出してくれる。

MA-1『シップス ジェット ブルー』

こちらは、モードな雰囲気漂うブラックのMA-1。光沢感のあるナイロン地が上品さも醸している。とことんクールに着こなしたいならモノトーンでまとめて着こなして。

タートルネックニット『バトナー』

落ち着きのあるワインレッドの色みがたまらない、こちらの一着。『バトナー』ならではの美しいあぜ編みのディテールが、クールなブラックのMA-1の着こなしを表情豊かに仕上げてくれる。

組み合わせ4グレーのMA-1×グレーのタートルネック

人と差をつけたいな明るめのグレーのMA-1がおすすめ。タートルニットもグレーを選んで、トーン・オン・トーンでの着こなしで鮮度を上げてみてはいかが。

MA-1『ハレ』

洗練された雰囲気でこなれ感のあるグレーのMA-1。ダークトーンになりがちな冬のコーデを一気に華やかに仕上げてくれる。インナーも明るいトーンでまとめるのが今季的。

タートルネックニット『レイジブルー』

馴染みのいいグレーはどんな色ともマッチする万能カラー。特に冬は、暗くなりがちなコーデを明るい印象に仕上げてくれるので重宝する。肌触りのいい柔らかな素材感で着心地も抜群!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    男の定番服。MA-1をおしゃれに着こなすための基本ルール

    男の定番服。MA-1をおしゃれに着こなすための基本ルール

    数あるミリタリージャケットの中でも人気のMA-1。とはいえ、誰もが持つ定番服のため、着こなしの差別化にはコツが必要です。センス良く装うためのルール、お届けします。

    山崎 サトシ

    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

    メンズの足元にスニーカーは欠かせない。中でも人気なのが『アディダス』往年の名作に数えられるスタンスミス。定番からアレンジモデル、コーデまでその魅力を語り尽くす。

    菊地 亮

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

    ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

    平 格彦

    着こなし自在でコスパ抜群! ユニクロのテーラードジャケットがとにかく優秀

    着こなし自在でコスパ抜群! ユニクロのテーラードジャケットがとにかく優秀

    シンプルで着こなしやすくコストパフォーマンスに優れたユニクロのジャケットは、1着持っておきたい万能アイテム。コーデ実例を交えながら着こなしの方程式を紹介します!

    平 格彦

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    BACK