機能的でおしゃれなスポーツウェアが春トレンドの鍵

機能的でおしゃれなスポーツウェアが春トレンドの鍵

今や、スポーツウェアは街にも浸透。そのMIXスタイルは春トレンドのひとつにもあげられている。そんな単なる“運動着”では終わらない、便利でラクな旬アイテムをご紹介。

菊地 亮

2015.03.14

スポーツファッション

スウェットパンツを筆頭に、スポーティなアイテムがあらゆるシーンで活躍の予感

Item1『ナイキ』テックパックのボトム

ファッションシーンにおいても絶大な支持を得る『ナイキ』の中で、トップアスリートたちも納得するテクノロジーをライフスタイルに落とし込んだライン。体熱を逃さず、かつ最適な温かさをキープし続けるサーマル構造で、その表と裏は、良質な肌触りを促すジャージー素材。自然な稼働を生むアーキュレットニーも頼もしい。

Item2『チャンピオンヘリテージ』のコーチジャケット

ストリートのアイコンとしてもよく知られるコーチジャケット。『チャンピオンヘリテージ』のこちらは、古きよきアメリカを表現するオーセンティックなルックスが目を見張る。シャリ感のある弱撥水のナイロンボディに、その裏側は肌触りを考慮した綿仕様。往年のロゴやバックへ取り入れたプリントがコーデのアクセントに◎。

Item3『ジービースポーツ』のスタジャン

1922年創業のアメリカを代表するスポーツウェアブランド。その代名詞とも言えるのがスタジャンで、上質なメルトンボディとカウハイドレザーのアームが質の高さを物語る。これは、S.F.のスポーツリーグで活躍した選手に贈られたアワードジャケットをイメージ。胸元などに取り入れたシニールやチェーンステッチも印象的だ。

Item4『アディダス』のスーパースタートラックトップ

80年代初期のヒップホップカルチャーを支えた名作をベースに、よりスポーツ色を濃くしたアイテム。コンパクトな襟やシャープなボディ、左胸にあしらわれたトレフォイルなど、同作を決定づけるディテールや作りはそのままに、マテリアルを変更。軽やかさと耐久性も視野に入れたコットンポリエステルによりガシガシ着られる。

Item5『グッドウェア』のスウェット

『グッドウェア』は、アメリカ素材、アメリカメイドにこだわり、品質をとことん追求したタフな作りが国内外を問わず好評を得ている。それを端的に表すアイテムとして知られるのがスウェット。タイトな丸首や肉厚なリブ、そしてクラシカルなボディデザインは時代を問わず、多くの大人にとって頼もしい存在であり続けている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK