モッズコートはきれいめアイテムと合わせて今日的に!

モッズコートはきれいめアイテムと合わせて今日的に!

ミリタリーアウターの筆頭格であるモッズコートは、いかつい表情が特徴。ただ、野暮ったい印象も否めない。街着として着るなら、特有のアクを中和することを意識したい。

菊地 亮

2015.12.24

アウター
コート
モッズコート
冬の着こなし・コーデ

今年のモッズコートはコンサバ中心に選ぶのが正解

素材こそ、ミリタリーアウター特有の力強さをキープしながら、粗野っぽさをさり気なくいなす近道。スタンダードなのは、過酷なフィールドでの使用を想定して作られ、引き裂き強度の高いリップストップナイロンなど、丈夫さをウリとした素材。ただ、街で着るなら少々オーバースペック。そこで、ウールなど、シーズン感や今っぽさを漂わせる素材で仕上げられたアイテムを選べば、普段着としても取り入れやすくなる。

都会的な洗練さにこだわり、シャープに仕上げたオリジナルのモッズコート。タイトなフィッティングや適度な着丈の長さと、計算し尽くされたシルエットに、素材はメルトンを採用。これにより、モダンさに磨きをかけている。

身ごろの素材は、エジプトコットンなどと並び、高級超長綿として世界的に知られているトルファンコットン。その上品な光沢に加え、今回はホワイトファーやゴールドパーツをプラスし、よりラグジュアリー感を高めている。

モッズコートを今っぽく着るなら、きれいめアイテムと合わせるべし

アイテム選びに悩まずとも、キレイめアイテムをスタイリングへと取り込むことでモッズコートの強い印象を緩和することができる。たとえば、白シャツ、スラックスといったドレスアイテムやニット。持ち前の上品さでしっかりとフォローでき、さらに大人の面目も保てるとあってはそれを生かさない手はない。

with スラックス

防寒的にも、モッズコートのフロントラインをすべて閉じるという選択は往々にしてある。そこで重要な役割を担うのがボトムス。オンスタイルのレギュラーであるスラックスならば、アウターの印象も難なく変えられる。

アウターのモッズコートに黒を採用し、全体をモノトーンでまとめたことにより、スタイリッシュな趣に。丈感をタイトにしたゆったりめのスラックスで、今っぽさもプラスして。

ショート丈のモッズコートで軽さを出しつつ、ニットやスラックスで大人びたルックスをしっかりキープ。ただ、全体的にシルエットはゆったりめ。そのリラックス感がキモ。

グレーベースのスタイリングを、モダンさが漂うショート丈のモッズコートで調理。シックなカラーパレットで全体を作り上げたことで、ミリタリースタイルも凛々しく見える。

with 白シャツ

ドレスコードの大定番である白シャツをインナーに一枚挟むだけで、ラフさが売りのモッズコートであっても、襟元を正した着こなしへと導ける。相反するアイテムのコンビは、バランスとユニークさの一挙両得を叶えるのだ。

白シャツの存在感を際立たせるべく、ネックの深いニットをレイヤード。相思相愛のアイテムに加え、ジーンズもスキニーシルエットを選ぶなど、アウターが持つラフな印象を見事にかわした。

黒のモッズコートにワイドなカーキボトムスという男くさい合わせでも、白シャツを投入すればクリーンかつライトな仕上がりに。トップスのメリハリにより胸元へ奥行きを作った点も好印象。

タイドアップにモッズコートという、意表を突くコンビ。キレイめのボトムスを選んではいるものの、足元はカラーソックス&スニーカーと、締めと抜けの見せ方が効果的。

with ニット

ふんわりとしたタッチにほっこりとした素朴な表情……。冬に欠かせないトップスのニットは、心にも体にも、そして見た目にもやさしい一着。それを着こむだけで大人としての品格が一気に備わり、マイルドな印象に。

タフさを抑えるべく採用したのは、クリーミーなカラーリングのふんわりニット。黒ボトムスを合わせたことで、その魅力がより引き立ち、足元の革靴で抜け目なく引き締めている。

褪せたアウターに、やや色落ち気味のジーンズ。土っぽさが目につきそうな合わせだが、グレーのハイゲージニットで一気に払拭。ヌケ感を狙ったカジュアルな小物使いもうまい。

ニットに施されたフォークロア調の織り柄が、全体的なアクセントとして十分に機能。清楚な白パンをプラスしながらも足元は武骨なブーツと、そのアンバランス感も楽しい。

with ハット

小物の後押しは、コーディネートの格上げを図るためにとりわけ重要。モッズコートを今どきに仕上げたいとなれば、さらに小物の重要性は高まる。そこでおすすめしたいのは、さり気ない上品さがあるハット。そうしたハットのアシストが、ミリタリーコートのアクを払拭し、まわりとの違いも生み出す。

モッズコートのインナーには、ゆったりとしたグレーニット。そしてボトムスはスーパー細身を合わせ、あえてのシルエットギャップを演出。落ち着きのある黒ハットで品も添えて。

トップスはスウェット、ボトムスはイージーパンツ、足元はスニーカーとカジュアルアイテムのオンパレードながら黒で統一し、モード風に。こなれ感を生むハットの投入も技アリ。

ゆとりのあるざっくりニットに存在感絶大の『ティンバーランド』のブーツ。そして男らしいモッズコートと、甘辛のミックス感が実に絶妙。ハットによりクラス感も加えた。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK