必見! 妻・彼女へ贈りたいプレゼントまとめ

必見! 妻・彼女へ贈りたいプレゼントまとめ

女性へのプレゼントって、難しいですよね。贈る相手やシーンが異なれば、アイテムだって当然変わりますから……。そんな悩みを解消し、迷えるメンズを救うヒント集です。

Freeamericanidol編集部

2015.12.19

アウター
コート

誰に何を、どのタイミングで贈る??

あなたがプレゼントを贈りたいのは、彼女ですか? それとも生涯のパートナー? もちろん、タイミングも重要ですよね。誕生日なのかクリスマスなのか、ひょっとすると「お詫び」なんてこともあるかも。もちろん、アイテム選びだって頭を悩ませる問題です。ただし、共通するのは「相手に喜んでもらえるかどうか」。あなたの真心を、相手に対して効果的に伝える方法が、必ずあるはずです。

予算もシーンもアイテムも、すべて網羅しちゃいます!

記事1女性が喜ぶ!特別感のある低予算プレゼント10選

女性が喜ぶ!特別感のある低予算プレゼント10選

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

女性へのプレゼントの定番はアクセサリーですが、正直高いし、ネタ切れだという人も多いのでは? そこで、お手ごろ価格なのに特別感のあるギフトを10品をご紹介します!

記事2Xmasプレゼントにニットを贈るならこの2ブランドで!

Xmasプレゼントにニットを贈るならこの2ブランドで!

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

奥さんや彼女へのクリスマスプレゼントはもう決まりましたか? 今季らしいニットなんていかがでしょう? 今回は女性のタイプ別に、旬のブランドニットを選んでみました。

記事3クリスマスに彼女へ贈りたい手袋は、レザーとファー!

クリスマスに彼女へ贈りたい手袋は、レザーとファー!

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

間近に迫ったクリスマス。妻や彼女へ贈るプレゼントに手袋はいかがでしょうか。ベーシック派とトレンド派、それぞれに合わせた逸品をご紹介します。

記事4腕時計で伝える。時間を共にしたいというメッセージ

腕時計で伝える。時間を共にしたいというメッセージ

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

腕時計がプレゼントによいのは、時を知るという実用の道具と、腕元を飾るアクセサリーというふたつの側面があるから。その二面性を考えて、プレゼントに選びたいものです。

記事5妻・彼女に贈りたい!女性が喜ぶおすすめアクセを厳選

妻・彼女に贈りたい!女性が喜ぶおすすめアクセを厳選

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

妻や彼女に贈るクリスマスプレゼントで毎年高い人気を誇るアクセサリー類。そこで、普段から身につけられるアクセをピックアップ。特別な時間を盛り上げてくれるかも。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

    特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

    アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

    夏目 文寛

    BACK