汎用性抜群!ニット選びに迷ったらクルーネックが正解

汎用性抜群!ニット選びに迷ったらクルーネックが正解

スウェットが爆発的な人気を博し、ここ数年ニットでも一番人気となっているクルーネックタイプ。汎用性も高く、ニット選びに迷ったらクルーネックを買っとくのが正解!

桐田 政隆

2015.12.14

トップス
ニット・セーター

クルーネックニットとは

クルーネックニットとは

ZOZOTOWNZOZOTOWN

その名通り、丸襟のベーシックなニットのこと。Tシャツにそのまま着るのはもちろん、シャツとのレイヤードもおしゃれで、着回しやすいメリットがあります。また非常にシンプルですから、上質なニットなら編みの表情や素材感も際立ち、大人っぽい余裕を感じさせるおしゃれを演出できます。

選ぶポイント1:天然素材

選ぶポイント1:天然素材

やはりシンプルなデザインなので、着心地のいい天然素材のニットを選ぶべきです。安価なものだと化繊のアクリルなどのニットがありますが、ウールやカシミヤといった天然素材と比べると、保温性や肌触りで雲泥の差があります。そしてニットに仕立てたときのふっくらしたタッチも天然素材ならではの魅力。また春夏ならコットンが主流になりますが、秋冬はやはり保温性に優れる羊毛や獣毛を選ぶと、季節感のある着こなしを楽しめます。

選ぶポイント2:素材感

選ぶポイント2:素材感

ZOZOTOWNZOZOTOWN

今季は滑らかなハイゲージよりも素材感のあるロー~ミドルゲージのニットがオススメ。定番のアラン編みやケーブル編み、今季はシンプルな畦編みなどもよく目にします。写真のように、ここ数年人気を博しているシャギードッグも、クルーネックニット選びでは欠かせないキーワード。こちらはアザミの実で、ニットの表面を犬の毛のように起毛させたものです。

選ぶポイント3:ナチュラル、アースカラー

選ぶポイント3:ナチュラル、アースカラー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

昨今大流行している白やオフ白などのナチュラルカラーのクルーネックニット。これも引き続き人気ですが、今季は加えてブラウンやベージュ、カーキといったアースカラーも台頭してきています。いずれも落ち着いた色味なので、コーディネートに馴染みやすいメリットがあり、まずはこれらから押さえておくと便利でしょう。またデザインされた柄物よりも無地が着回しやすく、最近の気分にも合います。

3つのポイントを備える、今冬選びたいクルーネックニット5

トレンドなだけあり上記の条件を満たすものは自ずと見つかります。また一歩踏み込めば、身頃と袖を丁寧にリンキングで縫い合わせたモノを選ぶと、よりよい着心地が味わえます。

Item1『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』L&F カシミヤ アゼ クルーネック ニット

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』L&F カシミヤ アゼ クルーネック ニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

1885年にイタリアで創業した、上質なカシミヤ糸で知られるローラフェスタ社の糸を使用。しかもカシミヤ100%でアンダー4万円というのはなかなかお買い得な一枚です。ふっくらとした畦編みに、ナチュラルで発色のいいライトグレーも魅力的。

Item2『アルテア』ブークレクルーネックニット

『アルテア』ブークレクルーネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

こちらはアルテアのケーブルニット。しかもニットをよく見ると、今季のトレンドである表面が起毛されたブークレになっています。これもさすがイタリアの老舗らしい洒脱なテクニックですね。オリーブも今どきのカラーで、今の気分にバッチリな一枚です。

Item3『ジャミーソンズ』×『フェニカ』ケーブルクルーネックニット

『ジャミーソンズ』×『フェニカ』ケーブルクルーネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

上質な羊毛産地であるシェトランド島最古のニットメーカー、『ジャミーソンズ』が作製した『フェニカ』の別注ニット。バイヤーみずから現地で糸から選定を行い、日本人向けのサイズスペックで仕上げられています。シェットランドニットらしい、軽く温かい着心地も健在です。

Item4『ロットワイラー』ベーシッククルーネックニット

『ロットワイラー』ベーシッククルーネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

上質なメリノウールを使い、天竺編みで仕上げた『ロットワイラー』定番のクルーネックニット。天竺編みに加えて、袖&裾のリブ、ラグランスリーブに襟のV字ガゼットなど、着心地もデザインも人気のスウェット風に仕上げられています。

Item5『グリーンレーベルリラクシング』 ケーブルクルーネックニット

『グリーンレーベルリラクシング』 ケーブルクルーネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

今季注目のキャメルカラーによるケーブルニット。ウール50%にイタリア製のキャメル糸50%を混紡したニットで、より保温性も高くしなやかなタッチに仕上がっています。一万円ちょっとのリーズナブルなプライスも見逃せません。

クルーネックニット着こなすポイントは

クルーネックニットはベーシックなアイテムなので、とにかく汎用性が高くどんなコーディネートにも万能。ただ今季的な着こなしを意識するなら、ややゆとりがあってリラックスした雰囲気で着こなすのがポイントになりそうです。

着こなしサンプル1

クルーネックニット着こなすポイントは

WEARWEAR

ミリタリーアウターにフリースパンツを合わせた、旬のアイテムを使ったコーディネート。また黒のニット、黒のスニーカーで色を合わせてシャープな印象もプラスしています。

着こなしサンプル2

クルーネックニット着こなすポイントは 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ピーコートにケーブルニットを差したスタイル。共に海に由来するアイテムで、ものとしての相性のよさも感じさせます。クリーンな白パンで軽快に仕上げるのもポイント。

着こなしサンプル3

クルーネックニット着こなすポイントは 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ジャケットと合わせるならタイドアップもオススメ。タイドアップとなるとVネックやカーディガンを選びがちですが、クルーネックで着こなすことで今どきな印象も生まれます。

着こなしサンプル4

クルーネックニット着こなすポイントは 4枚目の画像

WEARWEAR

旬が続くナチュラルカラーのクルーネックは、やっぱりデニムとの相性が鉄板。足元もナチュラルなスニーカーで合わせると、今どきのクリーンな着こなしが簡単に完成します。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

    カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

    季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

    平 格彦

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK