時計ライターが厳選!1万円以下で求めたい腕時計15選

時計ライターが厳選!1万円以下で求めたい腕時計15選

「価格が安い腕時計だから、時間さえ分かればいい」というのは、もったいありません! 選び抜けば、1万円以下でも楽しい時計はたくさん見つかるのです。

黒野 一刻

2015.12.13

腕時計

1万円以下ではカラフルを追求しましょう

1万円以下の価格では、機能や機械に多くを求めることはできません。しかし、ポジティブに考えれば、挑戦的なデザインに挑戦できることでもあり、いっそのことコレクションを楽しむこともできるわけです。そこまで割りきれるのなら、他人とのかぶりも気にしないで済むものも選びたいですね。

選びたい腕時計1:上手な色使いこそがポイントです

カラフルというと、やっぱりビビッドな色使いの時計を狙っていきたいもので、カジュアルシーンで注目を集めるものが中心になります。ただ、ちょっとハズしを狙うのも、他人とのかぶりを避けるためにはよいでしょう。その場合、抑制的なカラーの中に、鮮やかなワンポイントを入れるデザインが効果的です。

Item1『ニクソン』タイムテラーP/9,180円(税込)

ポリカーボネート製のケースとポリウレタンベルトの組み合わせで、外装はチープに仕上げ、カラーバリエーションを豊富に揃えたモデルです。ケースも文字盤もシンプルの極みで、シリーズ中のほかのモデルに比べると、オールブラックはむしろ控えめなカラーリング。それだけに針やインデックスのレッドが、ひときわ目立ちます。

Item2『アレッシィ』カリム・ラシッドデザイン"kaj"/39,400円(税込)

『アレッシィ』はイタリアンデザインファクトリーで、時計をセイコーインスツルUSAと共同で製作。著名デザイナーとのコラボが多く、この時計は、世界の14の美術館にデザインが収蔵されているカリム・ラシッドによるもの。角型でもエッジのない丸みを帯びたケースは前衛的で、鮮やかな色合いとマッチしています。

Item3『テンデンス』ファンタジー/6,980円(税込)

立体的な構成の文字盤で、3Dの大型パーツを組み合わせて一際目立つデザインを生み出した『テンデンス』では、35mmのケースはユニセックスサイズで控えめです。でも、2、6、10時の枠のようなインデックスと12、4、8時のユニークな書体が組み合わさり、ユーモラスで目が釘付けになるデザインです。

Item4『Q&Q』スマイルソーラー/3,996円(税込)

まず定期的な電池交換が不要で、フル充電すれば3.5か月も動きつづけるソーラー発電ウォッチが、アンダー5000円ですから驚くほかありません。カラーリングも巧みであり、ここに取り上げた時計の場合は、文字盤のレッドとケースやベルトのブラックとのコントラストに、色気をたっぷりと感じます。

Item5『カシオ』MQ-38-2A/4,104円(税込)

堂に入ったクラシックデザインのアナログ角型時計で、インデックスや針をゴールドカラーに仕上げることで高級感が漂います。オールブラックの外装と深いブルーの文字盤の組み合わせで、カジュアルでありながら落ち着きも感じさせ、バランスのいい色使いです。

選びたい腕時計2:スポーティなシーンで活躍する1本

スポーツの場はハードですから、高級な時計をして壊すことが心配だという人は、この価格帯の時計を惜しむことなく使ってください。決してどうでもいい時計ばかりではありません。カジュアルなだけでなく、スポーティな外観と、使える機能の付いた、れっきとした時計揃いなのです。

Item1『カシオ』MRW-200HC-7B2/5,184円(税込)

逆回転防止ベゼルを備えたダイバーズ風の外観で、ホワイト&ブルーの爽やかな色合いは、スポーツシーンに無難に合うスタイリングとカラーリング。100m防水なら、汗はもちろん通常の雨の降り方であれば問題のない防水性で、まさにスポーツユースに向いたスペック。ロープライスを極める『カシオ』らしいモデルです。

Item2『アディダス パフォーマンス』デュラモ ADP3157/8,100円(税込)

ケースとベルトが一体となった実用本位の構造ながら、トノー型でスタイリッシュです。スポーツウェアでなくとも、カジュアルな服装に合わせやすいデザインです。5気圧防水ですから水に浸すようなハードユースには向きませんが、ランニングウォッチには最適で、ラップメモリー機能も付いたクロノグラフは便利です。

Item3『アピタイム』マリン マングローブ/8,100円(税込)

『アピタイム』は2000年に登場したセイコーインスツルが製造するカジュアルウォッチブランドです。マリンは水辺・岸辺のスポーツシーンを想定した10気圧防水モデルです。南国や熱帯雨林をイメージしたカラーバリエーションを揃えており、このモデルは水辺のマングローブの森をイメージしたグリーンが印象的です。

Item4『ソーマ』ラン ワン 100SL/8,640円(税込)

スポーツを楽しむための時計を標榜するスポーツウォッチブランドで、こなれた価格のランニングウォッチを数多くラインアップしています。この時計はユニークな形状で、100ラップメモリー機能付き。ラップタイムとスプリットタイムの表示位置をワンタッチで入れ替えられるなどレベルの高いデジタルクロノグラフです。

Item5『アシックス』ファンランナー/8,640円(税込)

『アシックス』のシューズにインスピレーションを得てデザインされているスポーツウォッチです。50ラップ×2ランのラップメモリーが可能なクロノグラフで、右手の親指で操作しやすいボタン配置となっています。アシンメトリーなP型と称するケース形状とメタリックなカラーリングで未来的な雰囲気があります。

選びたい腕時計3:ミリタリーテイストもありでしょ

1950年代以降、一般将兵が使用する廉価なミリタリーウォッチが普及した歴史を考えれば、この価格帯にミリタリースタイルの時計が多いのも頷けます。ビンテージ風のスタイルを追求するもよし、ベルトや文字盤などに現代風のテイストを入れてみるのもよしと、選択の幅も意外に広く、好カラーリングの時計も目立ちます。

Item1『タイメックス』ウィークエンダー/9,180円(税込)

シンプルなメタルケースに、24時間インデックスも併記する文字盤、NATOタイプのナイロンストラップという要素は、正調のミリタリースタイル。ただし、ベルトをカジュアルなカラーのストライプで彩り、普段着に合わせやすくなっています。この時計はショップオリジナルでホワイトのレザーベルトが付属するのもうれしいです。

Item2『ナノユニバース』ジャパンムーブミリタリーウォッチ/8,200円(税込)

有名セレクトショップがオリジナルで仕立てたミリタリーモデルで、デザインのツボをよく心得ています。通常のインデックスの内側に小ぶりな24時間インデックスを並べるのは1950年代のミリタリーモデルから見られる伝統的なスタイル。夜光を広めに塗布した時分針、ビンテージ調のレザーベルトなど雰囲気がよく出ています。

Item3『カシオ』MQ-71/4,320円(税込)

ほどよいサイズのケースは無駄を削ぎ落とし、伝統的なミリタリースタイルの文字盤と相まって、ビンテージミリタリースタイルに仕上がっています。ケースやベルトが合成樹脂のブラックというのも、1960年代以降の軍用時計で普及したスタイル。『カシオ』の高コスパのムーブメント搭載で、普段使いに持ってこいです。

Item4『タイメックス』キャンパー リミテッド/7,344円(税込)

1980年代にアメリカ軍に納入されていた歴史あるミリ時計を復活させたモデルです。ケースサイズが34mmと非常にコンパクトに仕上げてありますが、元々の製造年代では普通のメンズサイズで、歴史に忠実な復刻です。日本限定モデルで、正調ミリタリーからはチョイはずしのホワイト文字盤を採用し、手首で存在感を発揮します。

Item5『MWC』W113QTZ/20,520円(税込)

地元スイスを初め、多数の納入実績を持つミリタリーウォッチメーカーが1960年代にアメリカ軍に納入していたモデルを現代版にリバイスしたモデルです。ケースサイズ33mmはボーイズサイズというべき大きさですが、本格ミリタリー調のNATOベルトとのコンビネーションで、強い印象に仕上がっています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

    平 格彦

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい12のブランド

    大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい12のブランド

    心も装いもアクティブに、軽快に。そんな季節に重宝するのが、腕元を機能的&フレッシュにアップデートするデジタルウォッチです。要注目の12ブランドをピックアップ!

    増山 直樹

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK