チェスターコートはデニムと合わせてカジュアルに装う

チェスターコートはデニムと合わせてカジュアルに装う

ドレッシーな印象のチェスターコートはデニムアイテムと合わせてカジュアルに装うのが旬。ここでは、アイテム別にデニムを取り入れた着こなしを紹介していく。

大中 志摩

2015.12.11

アウター
コート
チェスターコート
ジーンズ
冬の着こなし・コーデ

今年のチェスターコートのトレンド傾向

今や秋冬スタイルの定番アウターとして抜群の人気を誇るチェスターコート。元々はドレッシーなアイテムとして誕生した。カジュアルからスーツまで幅広い着こなしに相性がよく、羽織るだけでも上質な大人の雰囲気を漂わせてくれる。今季は、ゆったりとしたシルエットでオーバーサイズ気味のアイテムがトレンド。これに、細身のパンツを合わせればシルエットにメリハリが生まれ、より都会的な印象に。

『スティーブンアラン』のウールメルトンチェスターコート

ウォーム感のあるメルトン素材のチェスターコート。程良くゆとりを持たせつつ、カジュアルから通勤にも使えるきれいなシルエットに仕上がっている。絶妙な着丈感とベーシックなカラーが上質感を醸す大人顔な一着。

『ビームス』の縮絨チェスターコート

独特な表情が目を引く縮絨(しゅくじゅう)ニットを使用し、ゆったりとしたシルエットを採用することでよりカジュアルな印象に仕上げた。袖口やポケット口を断ち切りにするなど、こだわりが詰め込まれたディテールにも注目したい。

チェスターコートを今っぽく着るなら、デニムと合わせるべし

人気のチェスターコートはどうしても着こなし方がほかの人とかぶりがち。そんな量産型スタイルを抜け出すためにも、デニムアイテムと合わせてワンランク上のカジュアルスタイルに格上げしたい。ここでは、パンツやシャツ、ジャケットなどアイテム別に着こなし例を紹介していく。それぞれ、雰囲気の違った着こなしが楽しめるはず。

with ウォッシュドデニムパンツ

カジュアル感が最も強いウォッシュドデニムとの組み合わせは、かっちりとした雰囲気のチェスターコートと合わせることで心地よい抜け感のある着こなしに。さらに、ダメージの入ったアイテムなどで着崩すことで、より洒落感のあるスタイルに仕上がる。野暮ったくならないためにも細身のものを選ぶのがベスト。

全体をシックな色合いでまとめたベーシックな着こなし。コートとパンツのコントラストやインナーに組み合わせたチェックシャツがアクセントとなっている。

鮮やかなグリーンが印象的なコートを主役に上品にまとめたスタイリング。インナーにはボートネックのニットでリラックス感をプラス。パンツとのグラデーションを効かせて、まとまりを持たせた。

ボーダーとデニムのラフな着こなしをボルドーのコートで引き締めた。小物をボーダーのブラックに合わせることで全体的に統一感のある装いに。

with リジッドデニムパンツ

リジッドデニムはウォッシュドデニムよりもカジュアルな印象が薄くなり、シックな雰囲気を作りやすい。インナーにニットを合わせるだけでも雰囲気のある大人コーデが簡単に楽しめる。こちらも、できれば細身のパンツを合わせてコートのシルエットを強調しつつ、旬な着こなしを演出するのがオススメだ。

ケーブル編みのニットとデニムのシンプルな組み合わせに、キャメルのコートをプラスすることで大人らしい上品な印象に。クラッチバッグのイエローが差し色として効いている。

インナーとパンツをブラックでまとめて縦のラインを強調し、グレーのコートで柔らかい印象にまとめた。シンプルなコーディネートに柄物スヌードで動きを出した。

細身のパンツにシャツ、コートを組み合わせたきれい目カジュアルスタイル。全体を落ち着いた色でまとめることでニットの赤を引き立てて大人の色気を演出した。

with ジージャン

秋はアウターとして活躍したジージャンも冬はインナーとして重ね着するのが旬。コートの下に着ることで保温性が向上し、襟元を出したり袖口を出したりしてチラリと見えるブルーがコーディネートにメリハリを与えてくれる。ニットやカットソーなど合わせるアイテムを選ばないので、手軽に取り入れられるのもうれしいポイントだ。

ジージャンとチノパンのシンプルな着こなしにコートを羽織ることで大人っぽくまとめた。インナーにタートルネックを合わせることで上品な印象に。

ジージャン、タートルネック、コートのきれいめカジュアルをスウェットパンツでラフに着崩した。足下にローファーを取り入れてトラッドな雰囲気をさりげなく加えている。

程良くあたりの入ったジージャンに、チェスターコートとカジュアルなスラックスを合わせたイタリアンなスタイリング。スニーカーで、よりカジュアルな印象にまとめた。

with デニムシャツ

男らしさを強調してくれるデニムシャツは、チェスターコートと合わせることで嫌みなくカジュアルダウンできる優れもの。よりこなれた印象を出したいときは、洗いのかかったアイテムをセレクトするのがオススメだ。合わせるカラーやアイテムを選ばないので気負わず挑戦してみて。

ドレスイメージのチェスターコートをデニムシャツでカジュアルダウン。絶妙な色落ち具合でラフな印象だが、ほかをきれいめのアイテムでまとめることで、大人らしい着こなしとなっている。

キャメルのコートとワインレッドのパンツで上質感を主張している。デニムシャツにコントラストの効いたタイを合わせることでカジュアルながらもシックな印象に。

デニムシャツの上からボーダーのトップスをレイヤードすることでさわやかな雰囲気に。落ち着いたアイテムでまとめることでインナーのデニムシャツとボーダーを引き立てた。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

    タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

    旬な着こなしテクといえばタックイン。ですが、一歩間違えると野暮ったく見える危険性も……。どこからおしゃれでどこからダサいのか、そのボーダーラインを知りましょう!

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

    無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

    シンプルで高品質、そしてコスパの高さで支持されている『無印良品』のTシャツは、リピ買いする人も多数。素材やデザインなどのこだわりを掘り下げて紹介します。

    近間 恭子

    BACK