履き心地抜群!2万円以上で買える快適スニーカー10選

履き心地抜群!2万円以上で買える快適スニーカー10選

普段ならスニーカーに2万円以上もかけられないという人も多いはずだ。しかし、2万円を超えるスニーカーの履き心地は驚くほど快適。そんな上質スニーカー10足を集めてみた。

大中 志摩

2015.12.10

スニーカー

オーバー2万円の定番からハイテクまで、上質な履き心地が魅力の10足を厳選

消耗品であるスニーカーは1万円前後のモノに人気が偏りがち。しかし、スニーカーは安価になるほど履き心地の悪さが目立ってしまう。そこで今回は、2万円以上を出す価値のあるデザイン性と機能性を兼ね備えた履き心地抜群のスニーカー10足を紹介。飽きのこない定番モデルからハイテクまでイチオシのモデルを厳選した。

大人にもハマるデザイン性と履き心地を左右する高い機能性を備えた10足はこれ

Item1『ウォルッシュ』のイングリッシュレザー/32,400円(税込)

ビブラム社製のアウトソールやフィット感の調整が容易な独自のスピードレーシングシステムなど、ランニングシューズに適した機能性を備えた一足。アッパーには上質なレザーを使用しており、クラシックかつスタイリッシュなデザインでどんなスタイルに合わせても使いやすい。モードな雰囲気漂うモノトーンカラーにも注目。

Item2『ニューバランス』のM576/28,080円(税込)

シリーズの中でも高い人気を誇るMADE IN UKモデル。1988年の発売以来、抜群の安定性と履き心地で幅広い世代から支持を集めている。スムースレザーのアッパーはネイビーを採用し、シックかつ上品な雰囲気に仕上げた。グリップ力に優れたアウトソールを搭載しているので、ちょっとしたオフロードにも対応する。

Item3『アディダス オリジナルス』のスタンスミス ホーウィンレザーパック/31,901 円(税込)

ローテクスニーカーの大定番スタンスミスのアッパーにホーウィン社の高品質レザーを贅沢に使用したプレミアムモデル。ナチュラルな色合いのレザーとクリーンなソールの組み合わせが新鮮な雰囲気を醸し出す。エレガントな雰囲気漂うアッパーは、革本来の風合いが楽しめる。履き込んだ際のエイジングにも期待したい一足だ。

Item4『ディアドラ ヘリテージ』のストーンウォッシュ スエード スニーカー/25,920円(税込)

アッパーには、深みのある色合いで品の良さを演出してくれるスエードを使用。ストーンウォッシュ加工を施すことでクタっとしたヴィンテージ感を表現している。こちらのモデルではソールもネイビーに統一されているので全体が引き締まった印象に。クラシカルでレトロなデザインに加え、すっきりとしたシルエットが魅力的。

Item5『コンバース』のワンスター/20,520円(税込)

『コンバース』を代表するスタンダードモデルのひとつ。日本製モデルとして『ムーンスター』の久留米工場で制作されている。アッパーには姫路産のガラスコーティング加工が施されたレザーを使用し、上品な光沢感を放つ仕上がりに。シンプルで洗練されたデザインはカジュアルからきれいめまで幅広い着こなしで活躍してくれる。

Item6『リーボック』のインスタ ポンプフューリー オリジナル/20,800円(税込)

『リーボック』と言えば外せない存在がこのモデル。通常は大胆な配色で展開されているインスタ ポンプフューリーをベーシックなモノトーンカラーでまとめることで、大人らしい落ち着いた雰囲気を醸し出している。抑えめなデザインに仕上がっているのでセットアップスタイルのハズしとしても取り入れやすい。

Item7『プーマ×マックキュー』のディスク/30,240円(税込)

『プーマ』定番のディスクに異素材を組み合わせてアレンジした。特徴であるTPUパーツはあえてレザーで覆うことで独特で斬新な雰囲気に仕上げた。また、ホログラムを散りばめたような光沢感のあるサイドパーツにも注目したい。トライノミックシステムを搭載しているので快適なクッション性も見逃せないポイントのひとつ。

Item8『ナイキ』のエアマックス95/23,800円(税込)

1995年の発売から今なお絶大な人気を誇る名作AIR MAX 95。ホワイトで統一したアッパーにアクセントとしてブラックを取り入れて清潔感と上品さが感じられるデザインに仕上げた。もちろん履き心地の良さも健在で、90年代のスニーカーブームを経験してきたタスクラ世代には、たまらない一足となっている。

Item9『パントフォラドーロ』のスエード ローカットスニーカー/28,080円(税込)

洗い加工を施した柔らかく独特な風合いのスエードを贅沢に使用した高級感ある渋いデザインが特徴。シュータンはスポンジ部分を無造作に見せることで、どこか懐かしい雰囲気を演出している。日本仕様として土踏まずから踵にかけて衝撃吸収材が入っているので、歩きやすく疲れにくいという実用的な作りもうれしい限り。

Item10『スパルワート』のマラソントレイル/41,040円(税込)

1950年代に軍用の高品質なシューズを生産して工場を再稼働させ、当時と同じ製造工程でもの作りを続ける『スパルワート』。このモデルは70年代のモデルをベースに、ナイロンとスエードのコンビアッパーを採用してモダンな雰囲気に仕上げた。軽く、クッション性とグリップ力に優れているので履き心地が非常に良い。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    人気のスウェットハーフパンツ。狙うべき10ブランドと大人っぽく着こなすコツ

    人気のスウェットハーフパンツ。狙うべき10ブランドと大人っぽく着こなすコツ

    スポーツテイストが引き続き注目されていることもあり、スウェットハーフパンツの人気も継続。今狙うべきブランドから大人っぽく着こなすコツまでをご紹介します。

    近間 恭子

    スーツ姿も軽快に。ビジネススタイルと好相性なスニーカー

    スーツ姿も軽快に。ビジネススタイルと好相性なスニーカー

    スーツやジャケパンにスニーカーを合わせるのもアリな時代。まだ実践できていない人のために、参考になるコーデサンプルとおすすめアイテムをまとめて紹介していきます。

    近間 恭子

    サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板10選

    サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板10選

    軽快で涼しいというだけでなく、トレンドとしても盛り上がっているサンダルは今シーズンもマスト。多岐にわたるカテゴリー別に、それぞれの鉄板ブランドをご紹介します。

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK